« Motorその2 | トップページ | Motorその4 »

2014年1月 3日 (金)

Motorその3

さらに別角度からの写真です。
Dsc_0019_107
当然木型もオリジナルで製作されているため独特の形をしているのがわかります。
トゥスチールはもちろん入っていませんが、トゥもかなり独特の形状になっています。
Dsc_0018_106
シャフトはかなり細いように見えますが、履いてみた感覚では
それほど脱ぐのに苦労するような細さではないと思います。
個人的な感想ではレッドウィングのエンジニアよりははるかに楽に
脱ぐことができます(といってもブーツジャックは必須ですが)
ちなみにこのバックステイは革が三重に縫い付けてあり、
剛性もかなりのものです。
きちんと実用に耐えうる作りになっており、見た目だけのブーツではないぞ、
という作り手の拘りがうかがい知れます。
ただしこのセカンドモデルはタンニンなめしの革で作られており、
いわゆるワークブーツに多いオイルドレザーではないので水にはあまり
強くないと思われます。
触った感じでしなやかさや光沢も充分にあるのですが、恐らくクロームなめし
の革のように傷や擦れにもあまり強くはない感じがします。
ただ使用されている革はかなり厚みがあり手入れを怠らなければ
簡単にヒビが入ったりするようなことも無いと思います。

« Motorその2 | トップページ | Motorその4 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Motorその3:

« Motorその2 | トップページ | Motorその4 »

ツイッター

ブログランキング

ブログ村

ブログランキングドットネット

フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログ村ランキング