« アレスレザー、Natural Tanned Leather Keyholder | トップページ | パワーエイジ、MA-XグローブPORON® »

2014年1月10日 (金)

アレスレザー、Natural Tanned Leather Keyholder その2

では前回の続きです。
Img_20140109_191955
横から見た図ですが、革の断面部で厚みがわかるでしょうか。
ベルトに使うサドルレザーに近いくらいの厚さがあり、
キーホルダーとしてはかなり豪華な感じです。
ブラスのホルダー部は横から見ると円形で、ばねの力で開け閉めが
できるタイプになっています。
このタイプのホルダーはあまり他のレザーで出来たキーホルダーでは
見たことがありません。
革と同じくこれもアレスというレザークラフトのブランドオリジナルの
ものなのでしょうか。
その辺りは定かではありませんが、すぐに壊れそうなちゃちな作りの
キーホルダーが多い中で、これはかなりしっかりした作りに感じました。

Dsc_00522

Dsc_00532
ホックを外して開いてみたところです。
かなり太目のベルトなどにも対応可能な長さがあります。
ホックも丈夫なものが取り付けられており、長く使えるものに
なっていると思います。

あと、このホック部の表面がコンチョにはなっていないのですが、
そこが実は私がこれを購入した一番の理由だったのです。
レザーのサイフやキーホルダーの多くは貨幣などのコンチョが
付いている場合が多いのですが、私はそれが自分のお気に入りの
デザインであれば構わないのですが、たいていはあまり趣味の
よくない柄のコンチョだったりすることが多く、いまいち購入意欲が
沸かなかったのですが、これはコンチョではなくプレーンの
ブラスのボタンだけだったのでシンプルかつブラスのエイジング
も楽しめそうだな、と購入の決め手になりました。

自分で好みのコンチョを買って来て交換でもすれば別にいいので
しょうが、正直面倒くさいしお金もよけいにかかるしで、それは
あまり正解ではない気がしていました。
あと、コンチョが付いているとなんとなくインディアンジュエリーっぽい
雰囲気が出てしまう気がして、そういったものにあまり興味を
そそられない私としては、こういったプレーンなデザインのものは
本当に欲しくて必要なものだけがそろっていて本当に満足できる
キーホルダーという感じでお気に入りなのです。

アレスレザーというブランドはあまり有名ではない気がしますが、
今後はもっと色んなアイテムを出していってもらいたいなと思いました。

« アレスレザー、Natural Tanned Leather Keyholder | トップページ | パワーエイジ、MA-XグローブPORON® »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アレスレザー、Natural Tanned Leather Keyholder その2:

« アレスレザー、Natural Tanned Leather Keyholder | トップページ | パワーエイジ、MA-XグローブPORON® »

ツイッター

ブログランキング

ブログ村

ブログランキングドットネット

フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログ村ランキング