« ワークOX8106&カスケードレンジ2お手入れ編 その4 | トップページ | ワークOX8106&カスケードレンジ2お手入れ編 その6 »

2014年3月27日 (木)

ワークOX8106&カスケードレンジ2お手入れ編 その5

いい加減しつこいと思われている方もおられるでしょうが、
今日もお手入れ編の続きをやりたいと思います。
といっても大まかな内容は昨日までのブログでほぼやり尽くした
ので、今日は昨日載せられなかったカスケードレンジの
ビフォーアフターからご覧頂きたいと思います。

Img_0375
うーん、まさに「薄汚い」という形容詞がぴったりくる画像です。

Img_0403
そしてこれがアフター画像です。
色味が濃くなってエロい艶が復活した様が見てとれます。
これはオイルを吸いやすい革質なので、もう少し時間がたって
馴染んできてブラッシングをしていけば、もっと落ち着いた色味と
ツヤ感になっていくでしょう。
この色のダナーライトがあったら欲しいですが、多分無いでしょう。
ほぼ同じ革質で同じ色味のホークネストがあるのでいいんですけどね。
あれも買ってから一度オイルを入れただけなので、そろそろちゃんとした
手入れをしなければなりませんが、休みがあったらお手入れで半日潰す
よりバイクに乗りたいので、まだ先のことになってしまいそうです。

というわけでようやく二足同時進行のお手入れ編がまとまりました。
私のやり方は使用する道具等ありふれたものばかりでネット等で簡単に
手に入る品ばかりなので、ご興味がある方は参考になさって頂ければ
幸いです。
はっきり言って私自身も雑誌やネット等で知った情報で実際に
何度もやってみて得た経験での自己流なので、プロの目から見て
正しいかどうかはわかりません。
まあそれでも良ければご参考にどうぞ。
昔ミンクオイルを入れすぎて革をフニャフニャにしてしまった痛い経験も、
今では知識として身に付いています。
今は笑い話ですが当時はマジ絶望しました(笑)

それでは最後に色々な角度から撮影したお手入れ後の画像で
締めくくりたいと思います。

Img_0398

Img_0399

Img_0400

締めくくりと言いつつ、またしても撮影した画像が全部載せられないので
続きはまた明日…。

« ワークOX8106&カスケードレンジ2お手入れ編 その4 | トップページ | ワークOX8106&カスケードレンジ2お手入れ編 その6 »

ブーツメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワークOX8106&カスケードレンジ2お手入れ編 その5:

« ワークOX8106&カスケードレンジ2お手入れ編 その4 | トップページ | ワークOX8106&カスケードレンジ2お手入れ編 その6 »

ツイッター

ブログランキング

ブログ村

ブログランキングドットネット

フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログ村ランキング