« ワークOX8106&カスケードレンジ2お手入れ編 その5 | トップページ | ワークOX8106&カスケードレンジ2お手入れ編 その7 »

2014年3月28日 (金)

ワークOX8106&カスケードレンジ2お手入れ編 その6

結局一週間連続でお手入れネタを引っ張り続ける結果と
なってしまいましたが、これは意図してやったことではありません。
あくまでやってみた結果としてこうまで長くなってしまっただけなのです。
回りくどい文章力な私の不徳の致す所です。

というわけで今日こそ最終回としたいと思いますが、
載せておきたい画像がまだけっこうあって、サイズを小さくしすぎると
せっかくコンデジを導入して高精細な画質にした意味が無くなって
しまうため、画像枚数は5枚前後が限界なので結局残ったら
また明日に持ち越しという不始末となってしまったら申し訳ありません。

Img_0404
というわけでこれは画像サイズを小さくしていないそのままの画像を
トリミングしたものです。
革の毛穴までくっきり見えます。
表面の質感がはっきりわかって面白いのですが、ブーツ全体像が
さっぱりわからないのでマニア向けの画像です。
言ってみれば旧ダナージャパン製品のマニア向けです。

Img_0405
こちらが全体像です。
今回はトラヒモに交換してみました。
トラヒモにすると、一気にワークっぽさが増すのでいいです。
黒ワークOXのビブラム132ソールのほうも先日トラヒモに変えましたが、
オリジナルの黒ヒモよりワーク的雰囲気が目立ってかっこよく
なった気がして悦に浸っています。

Img_0406
こちらもマニア向けのトゥ接写画像です。
不敵なスカーフェイスですな。
ダナーのセダーレインボーは履き込むと本当にいい風合いになります。

Img_0407
細かい傷やスレがいわゆる「アジ」となって雰囲気が増しています、
的な雑誌の紹介記事みたいなライター的文章はあまり好きではない
つもりなのですが、私の拙い文章力ではそういうのしか浮かんできません。

Img_0408
やはりトゥからヒールまでつながったレザーのカットパターンの
かっこよさがカスケードレンジやダナーライトの命だなと思わせる
角度から撮影してみました。
(そうです、現在販売されているダナーライト3やらダナーライトロー
とかいった買収後の改悪品を暗にけなしているんです、笑)

というわけでやはり想定していた通り、載せたかった画像はまだ
あとブログ一回分は残ってしまいました。
というわけで明日も残りの画像を掲載して今度こそ最終回と
したいと思っておりますので、ご興味のある方は是非。

« ワークOX8106&カスケードレンジ2お手入れ編 その5 | トップページ | ワークOX8106&カスケードレンジ2お手入れ編 その7 »

ブーツメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワークOX8106&カスケードレンジ2お手入れ編 その6:

« ワークOX8106&カスケードレンジ2お手入れ編 その5 | トップページ | ワークOX8106&カスケードレンジ2お手入れ編 その7 »

ツイッター

ブログランキング

ブログ村

ブログランキングドットネット

フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログ村ランキング