« ダナーライトブラックとダナー5000SDF画像比較 その2 | トップページ | ワークOX8106&カスケードレンジ2お手入れ編 その2 »

2014年3月23日 (日)

ワークOX8106&カスケードレンジ2お手入れ編

今日も良く晴れて暖かい小春日和になりました。
私はバイクを点検に出しているので悲しいことに乗れませんでしたが、
もうそこら中でバイク乗りを見かけてますます悲しい気持ちになって
しまいましたが、皆さん如何お過ごしですか。
しかたないので今日は久しぶりにブーツのお手入れをやろうと
実は昨日から決めていたのでした。
そこで今日は奮発してホムセンで作業台とイスを買ってきて、
本格的にお手入れをやってしまいました。
撮影台としても使えるので、これはかなり使い勝手のいい品でした。

というわけで作業台とイスのおかげで二足同時にお手入れを仕上げた
のでブログでご紹介したいと思います。

まずはビフォーアフター的に言うところのビフォー画像をご覧ください。
Img_0372_2
仕事で使っているブーツなので、もう恐ろしく汚れていてホコリまみれです。
細かい傷も無数にあります。

Photo
ワークオックスフォード8106、ビブラム#700茶コルク。
カスタムに出したあと9ヶ月ほどたちましたが、その間ブラッシングのみです。

Photo_2
ダナー、カスケードレンジ2。
購入後二年ほど経過。その間マスタングペーストを一回入れて、
後はブラッシングのみ。

ブーツのメンテナンス法なんて色んな雑誌やブログで取り上げられていて、
特に目新しくもなんとも無いネタではあるのですが、
私はなるべくオイルアップの回数を少なめにしてブラッシングのみで
済ませるようにしていました。
私はオイルこてこての油分入れすぎたブーツが大嫌いなので、
普段のメンテではオイルは入れないようにしていましたが、
さすがに仕事で使っているこの二足はそろそろオイルを入れないと
ヤバイ気がしてきたので今日はほどほどに入れてみたいと思います。
特に8106はレザーミッドなので、そこにもオイルを入れたかったのです。
あちこちぶつけるは地面にこするわでもうカサカサのゲシゲシ状態です。

というわけでまずはブラッシングです。
とても疲れますが念入りにやらねばなりません。
普段の手入れでは、テカテカ自然な光沢が出るまでやります。
今日もそれと同じくらい念入りにやりました。
おやじ年齢には若干きつい作業になってきましたが、手抜きは
許されません。
基本中の基本かつ重要な行程なのです。
Img_0380
ブラッシングだけでもこんなに奇麗になりました。
Img_0379
でも今日のお手入れはここからが本番なのです。

Img_0384
こちらが私のお手入れグッズと、今日買ったばかりの作業台です。
左からレッドウィング純正のレザープロテクター、マスタングペースト、
ステインリムーバー、ブラシです。
オイルドレザーの場合はこれだけです。他にはなにも使用しません。
面倒くさいのでデリケートクリーム等の下地クリームも入れません。
すべてマスタングペーストのみです。これはオイルドレザーなら
何でもいけます、万能です。
ただし植物なめしの革には絶対入れないほうがいいです。
風合いが変わってしまいます。

というわけでブラッシングが終わったら次はステインリムーバーで
汚れや染み落としなのですが、ブログの容量がそろそろ一杯なので、
無念ですが続きは次回のブログにてやりたいと思います。
ネタ不足だからって引き伸ばしているわけではありませんよ(笑)

« ダナーライトブラックとダナー5000SDF画像比較 その2 | トップページ | ワークOX8106&カスケードレンジ2お手入れ編 その2 »

ブーツメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワークOX8106&カスケードレンジ2お手入れ編:

« ダナーライトブラックとダナー5000SDF画像比較 その2 | トップページ | ワークOX8106&カスケードレンジ2お手入れ編 その2 »

ツイッター

ブログランキング

ブログ村

ブログランキングドットネット

フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログ村ランキング