« ワークOX8106&カスケードレンジ2お手入れ編 その6 | トップページ | 信州上田『奏龍(なきりゅう)』の会 »

2014年3月29日 (土)

ワークOX8106&カスケードレンジ2お手入れ編 その7

はい、ついに七日目となりました。
もう皆さん飽き飽きしているかと思いきや、けっこうなアクセス数を
頂戴していて嬉しい驚きです。
というわけで今日こそ本当の最終回となります。
お手入れ完了後のブーツ画像をご覧ください。

Img_0402
皆さん大好きドッグテイルです。
ヒールの積み革にも馬油を入れたので色味が濃くなっています。

Img_0396
激しいスレ跡が残るヒール内側ですが、馬油が入って生き返りました。
ビブラム700茶ヒールと茶コルクソールと積み革の三重奏がかっこいいです。
という彦麻呂みたいな形容しかできない自分が嫌になります。

Img_0409
黒のカスケードレンジもトラヒモにしてみたくなってきましたが、
ダナーのこれに合う長さのシューレースは青しか持っていません。
黒アッパーに青ヒモもけっこういいんですけど最近はトラヒモが
マイブームです。
マイブームっつー古い死語的言葉が出てきてしまう自分も嫌いです。

Img_0397
横から見ると一番カスタムした雰囲気がはっきりわかりますな。
白トラクションと違って履き込んでソールが減っていても汚らしい
感じにならない所がいいです。
でも実際は白トラクションの絶妙なクッション性は最高なんですが、
耐久性と床の上でのグリップ力に難があるので仕事には不向きです。

Img_0410
トゥのぽっこり感はレッドウィングが最強ですが、ダナーも意外と負けていません。
馬油がもっと馴染んで色が抜けてくれば、もっとかっこよくなるっぽい
気がしています。

Img_0401
ストームウェルトにも初めてタップリ目に馬油を入れたので、
色味が濃くなってもう違う靴みたいに風合いが変わりました。
ソール交換の際に丸洗いもしてもらったんですが、ウェルトから
汚れとともに油も抜けたらしく色味が薄くなってカサカサに乾いた
ような色になっていましたが、今回馬油で絶妙な飴色になりました。

というわけでついに長かったお手入れ編も終了です。
皆様お付き合い頂きまして本当にありがとうございました。
やってて自分でも飽きてきたので、皆さんのアクセス数の伸び
だけが心の支えとなっておりました。
入梅前にビブラム132のほうの黒OXもお手入れをやってしまいたいのですが、
最近仕事が忙しく休日はぐったりしているので中々機会が訪れませんが、
お手入れが完了しだいそちらもレポートしたいと思っています。

« ワークOX8106&カスケードレンジ2お手入れ編 その6 | トップページ | 信州上田『奏龍(なきりゅう)』の会 »

ブーツメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワークOX8106&カスケードレンジ2お手入れ編 その7:

« ワークOX8106&カスケードレンジ2お手入れ編 その6 | トップページ | 信州上田『奏龍(なきりゅう)』の会 »

ツイッター

ブログランキング

ブログ村

ブログランキングドットネット

フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログ村ランキング