« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

本日の更新もお休みします… その2…

うっかりこのドラマを見始めたらはまってしまい、こんな時間に
なってしまいました…

Img_0538

ねこさんのお尻と、

Img_0578

たんぽぽの綿毛を身代わりにして更新の代わりとさせて頂きたい

と思います…。

2014年4月29日 (火)

美穂ヶ池市民緑地 アオサギ編

本日は、高崎のライコランドまで春夏のウェアやグローブを
物色しに行っていたので、疲れきっております…。
おまけにお土産で買ってきた登利平の鳥めし弁当を食べたら
美味しすぎてショックを受け、仮眠を取ったら1時間も寝てしまいました。
ということで、今日はアオサギ30倍ズーム画像でまたしてもお茶を
濁しておきたいと思います。

Img_0664
アオサギはこんないい所で生きています。

Img_0603
二羽が近くにいました。
つがいでしょうか?
首が長く羽毛がほわほわしていてとてもいいです。
でも相当大きな鳥らしいので近くで見たら怖いかもしれません。

Img_0657
樹上の巣にもいました。
雨や風にはどう耐えているのでしょう。
揺れたら酔いそうです…。
鳥はそんなん気にならないのでしょうね。

というわけで、今日も意味不明なブログになってしまった事を
深くお詫びします。
今日から見に来て下さった方はいったい何のブログなんやら
恐らくわからないことでしょう。
このブログ何のブログ気になる木になる~
……

Img_0537
「疲れたばっか言ってすぐサボるアラフォーおやじはダメだにゃ…」

2014年4月28日 (月)

美穂ヶ池市民緑地 猫兄弟(姉妹?)編

ネタ切れのせいで徐々に当初のブログテーマから道を
踏み外してしまってきているように感じる今日この頃、
皆さん如何お過ごしですか。
今日はさらに道を踏み外し奈落の底へと転がり落ちていくべく、
ねこさん画像でお茶を濁したいと思います…。
というか、この二匹のねこさんがいたせいで撮影に夢中になり、
帰宅が遅れブーツ画像の撮影ができなくなったのであります。
ということで、ねこさん達には責任をとってもらい、ブログネタに
なって頂くこととします。

Img_0513
最初にこの若いねこさんが車の下にいたのです。
格好の撮影対象に遭遇した私はツバメを撮影したかったのも忘れ、
しばしこのねこさんに接近し撮影に没頭します。

Img_0516
お手をなめ始めました。
この時点ですでに10分は経過しています。

Img_0522
寝てしまいました。
この時点ですでに20枚以上撮影していました。

Img_0541
寝ている隙にアオサギを撮影し、戻ってきたら同じような色のねこさんが
もう一匹増えていました。
きっと兄弟か姉妹なのでしょう。
見た目がそっくりです。

Img_0674
そしてこうなります。
よく晴れてそよ風が気持ちいい日だったので、ねこさんたちもまだ眠そうです。

Img_0688_2
最後には起き上がってお見送りです。
接近しても逃げませんでした。
きっと近所の家でご飯をもらっているのでしょう。
自然豊かな公園暮らしのねこさんはおっとりしていました。

というわけで、本日もこんなブーツもバイクも出てこない体たらくですが、
なんとか連休中にネタを補充したいものです…。


(あ、アオサギの30倍ズーム画像を載せるのを忘れてしまった…)

2014年4月27日 (日)

本日の更新もお休みします…

いつも私の拙いブログを見に来てくれる皆さんには申し訳
ありませんが、本日も更新はお休みさせて頂きます。
先日行った公園でアオサギやら猫の兄弟やらを撮影しただけで
ブーツのネタは撮影できず仕舞いでしたので…。
というか天気が良くて猫やら花やら鳥をコンデジで撮影してたら
夢中になってしまい、疲れてブーツネタを補充する余裕がなくなって
しまったという始末なのでした。

とりあえずチューリップの画像でお茶を濁しておきたいと思います!
Img_0693
30倍ズームで遙か頭上のアオサギを撮影した衝撃画像があるので
次回掲載します。
それでは今日はこの辺で。

2014年4月26日 (土)

本日の更新はお休みします…

本日は体調不良と過労のため、断腸の思いではありますが、
ブログの更新をお休みさせて頂きます。
疲れてぐったりしている所を無理してバイクに乗ってラーメン
食べに行ったらお腹を壊しまくりました…。

明日の私の体調にご期待下さい!

Dsc_0482
猫はいいなぁ…

2014年4月25日 (金)

レッドウィング 8268 PT91 ソールカスタム Vibram#2021 その8

本日はガチで体調不良なため、ブログの更新を断念しそうに
なりましたが気力を振り絞って画像のみですが、やっておきたいと思います。

Img_0423

Img_0455

Img_0457

というわけで、明日はなんとか頑張ってもう少し中身のあるブログに
したいと思います。
あまりにも疲れると、人間って頭の中が真っ白になりますな…。
ではまた。

2014年4月24日 (木)

レッドウィング 9875 ソールカスタム Vibram#430 その7

本日は、9875フロントダブル仕様の土踏まず画像をお送り致します。
このカスタムの肝ともいえる部位なのでじっくりご覧下さい。
というわけで、今日も私の肉体的エイジングが末期的なので
画像メインでお楽しみ下さい。

Img_0473
まさに外人的グラマラスボディーといえましょう。
くびれたウェストラインからふっくら豊満なフロントラインへの
芸術的流線型が確実にマニア心をくすぐります。
このカスタム考えた人天才です。

Img_0496
ミッドソールをあえて薄めの着色にしてアウトソールとの色の
コントラストをくっきりさせるようにしたので、ミッドのボリューム感が
より鮮明です。
ダークブラウンにしてアウトソールとの一体感を出すのもいいですが、
私はヒールのゴムとレザーの層になっている所がとても好きなので
カスタムはいつもナチュラルかライトブラウンの着色にしてしまいます。

Img_0509
まるで大河の流れのようなヒール~土踏まず~トゥへのラインが
有休の、もとい悠久の時の流れを感じさせます。
私の使わないまま流れ去っていく有休は果たしてどこへ行ってしまったのか…
こんな金かけてブーツのカスタムしても休み少なかったら履く暇無いんです。
仕事にはもったいなくて履けないし、これは置物じゃねえええええ…。

仕事で疲れすぎて正気を失いかけたので本日はこの辺で。

2014年4月23日 (水)

レッドウィング 8268 PT91 ソールカスタム Vibram#2021 その7

本日は、肉体的にも精神的にも疲れ果てているため恒例の
画像ギャラリーをお送り致します。
いつものことですが、決して手抜きをしているワケではなく
単に楽をしたいだけなのでどうかご容赦願います。
最近肩こりからくる頭痛が再発し、ぐったりしきっているので
どうにも肉体のエイジングが進行しすぎてヤバイのです…。

Img_0435
本日は8268のオリジナルのニッケルバックルをご覧下さい。

Img_0436
経年変化したニッケルバックルは味がありますな。
経年劣化したアラフォーおやじには味などありません。

Img_0440
かすかに湾曲したバックルがかっこいいです。
湾曲したアラフォーおやじの腰はかっこ悪いです。

Img_0462
錆が浮いたいぶし銀のバックルは価値があります。
脳がさび付いたアラフォーおやじには価値などありません。

というわけで、今日はいまいち笑いも取れそうにない自虐ネタ
しか思い浮かばないのでこの辺で失礼します。
早くバブ風呂に浸かって腰と肩を養生したいのです…。

2014年4月22日 (火)

レッドウィング 9875 ソールカスタム Vibram#430 その6

今日は9875の接写画像も飽きてきたので、やはり接写画像を
掲載したいと思います…。
でも普通に撮っただけの画像では面白くないので、工夫して擬人化
して表現してみます。
Img_0500
まるで「アキラ」の島鉄雄のデコみたいなふくらみです。
今時の若い人は「アキラ」なんか読んだのでしょうかね。
あれは宇宙的必読の神の書なので必ず読みましょう。
あれを読まない奴は生きている意味がありません。
何十回読んでも確実に面白いので、あえて言いますが、読みなさい。
ちなみに江頭2:50先生が昨年事件を起こす直前に発売された神話的著書、
「エガヨガ」も必ず買いましょう。

Img_0501
ゴツいソールとむっちり起き上がったトゥがなんだか不良っぽい雰囲気です。
あくまでも私の主観なので意味不明に感じる方も多いと思いますが、
あくまでも私の主観的ブログなのでご容赦下さい。

Img_0503
これも、むっちりしたヒールカウンターが脂の乗った熟女の腰つき
のようでエロ&セクシーです。
はっきり言って自分でも意味不明な表現ですが、その場の思いつきと
閃きと口から出任せが私の真骨頂なので致し方ありませんのであしからず。

というわけで本日のブログで私が言いたいのは、若い人は「アキラ」を読め、
という事と、必ず一人一殺、じゃなくて一人一冊は「エガヨガ」を買え、
ということなのです。
それでは皆様また明日!

2014年4月21日 (月)

美穂ヶ池市民緑地 その2

はっきり言って地味すぎる、あまりに地味すぎるネタではありますが、
今日も美穂ヶ池市民緑地の続きです。
というのも今日私は人間ドックに行っていて、何もネタの補充が
出来なかったからであります。
受付時間が異常に早かったため、普段より1時間も早起きして
高速で病院に行きました。
もうとにかく眠いしだるいしブログの更新のことなど完全に諦めて、
ただただ時間が過ぎるのを待っている状態だったのです。
検査してる時間はほんの僅かでとにかく待ち時間が長くて疲れてしまいます。

というわけで、疲れた心を癒やす自然の息吹が満タンに詰まった
画像をお楽しみ下さい。
(地味すぎて楽しくないかもしれませんが、今日はあしからず)

Dsc_0481
あちこちに桜が咲いていました。
人が少ないので穴場的お花見スポットとしてもいいかもしれません。
まあ田舎なんでお花見スポットが無数にあるのでどこでもお花見
できてしまうんですが。

Dsc_0475
この先が堰になっていて、なぜかかなりたくさんのツバメが元気に
飛び回っていて見ていたら目が回るほどでした。
私はツバメが大好きな鳥なので、いつまでも見ていて飽きないのですが
アラフォー的に眼精疲労が悪化しそうなので途中で諦めました。

Dsc_0479
樹上にはゴイサギだかの巣がいくつもありました。
大きな鳥が巣の付近に何羽もいて返す返すも30倍ズームのコンデジ
を持ってこなかった事が悔やまれます。
ちなみにこの巣の真下はちょうど散策路になっていて、
気をつけないと糞が頭に降ってくるので注意しましょう。

Dsc_0470
スマホで撮影したので何だかわけわからない画像ですが、
矢印の先にゴイサギらしき大きな鳥がおります。
大きい鳥が空を飛んでいるのを見ると、やはり神秘的な感じがします。
昔の人も本能的にそう感じたのではないでしょうか。

Dsc_0472
散策路から対岸を見ると、かなり古そうな石垣が何層にも重なって
いました。
この辺りは大きな合戦もあったりした場所なので、もしかするとかなり
古い物なのかもしれません。
秀忠軍を真田軍が水攻めにした有名な合戦場跡もすぐ近くにあるのです。
大敗を喫した秀忠軍の落ち武者の怨霊が大勢いても不思議では
ないのですよ…。

おまけその2
Dsc_0483
おどろおどろしい話になりかけたので、和み画像で締めくくりたいと
思います。
ぐるんぐるん地面を転がってほこりまみれになったお尻と背中を
無防備にさらす黒猫さんです。
この直後、毛繕いをしてにゃあと鳴いたら寝てしまいました。

というわけで今日はブーツどころかバイクすら出てこないブログに
なってしまいましたが、もう眠くなってきたので今日はこの辺で。

2014年4月20日 (日)

美穂ヶ池市民緑地

今日は前から場所は知っていたけど一度も行ったことがなかった
スポットにバイクで行ってみました。
かなーり地味な立地ですが、美穂ヶ池市民緑地という公園です。
道路の標識であるのはかなり前から知っていましたが、
中々見物しに行く機会が無かったのですが、今日は花見がてら
思い切って行ってみました。
Dsc_0469
あいにくコンデジを家に忘れ、スマホで撮影したので画質はいまいちです。
Dsc_0477
おまけにあいにくの曇り空でしたが、湿地帯には無数のツバメがいて、
巣の材料を集めていたのか餌の虫をとっていたのかわかりませんが、
さかんに飛び回っていてとても和みました。
Dsc_0471
ちょっとした散策コースになっていて、花や鳥を眺めながら歩くと
とても気持ちよかったです。
ゴイサギの営巣地でもあるらしく、頭上には大きなサギらしき鳥が数羽飛んでいました。
せっかくの光学30倍のデジカメを持ってこなかった事が非常に
悔やまれましたが、今度は晴れた日にまた来たいと思います。
Dsc_0480
きちんとした駐車場も完備していて、車やバイクで来ても安心です。
というか日曜だったにも関わらず、他に人が数人しかおらず、
ただ自然の中でボーッとリフレッシュするには最高のスポットでした。
騒がしいと鳥も逃げてしまうし、家族連れで賑わっていてもおかしくない
はずなのですが、空いていたのは幸運でした。
しかし撮影しようとしたカモらしきつがいには逃げられてしまい残念でした。

おまけ
Dsc_0484
帰りがけにコーヒーを飲むため立ち寄った行きつけのコンビニで
前から気になっていたクロネコを撮影しておきました。
おそらくコンビニの人からご飯を貰っているのでしょう、
建物の裏にプラケースの猫家やら餌皿が置いてあって安心できる
環境でした。
そのため近寄っても微動だにせず、触っても写真を撮ってもお構いなしでした。
にゃあ、と一鳴きして寝てしまったので私も帰りました。

というわけで本日はブーツ画像はお休みです。
曇天でネタ画像撮影が出来なかったので今後の更新に一抹の不安
が残りますが、お天道様には敵わないので仕方ありません。
連休に入ったらお手入れ編を新たに撮影したりしたいのですが、
私は春夏のバイクウェアを持っていないのでどこかに買いに行きたいし
色々忙しそうでネタの補充ができるか不安です。
というわけでまた遅い時間になってしまったので本日はこの辺で。

2014年4月19日 (土)

レッドウィング 8268 PT91 ソールカスタム Vibram#2021 その6

今日も今日とて、ブログの更新がこんな時間になってしまいました。
土曜なのに出社させる私の会社が悪いんです…。
休みが少ないんじゃボケエエエエエエエエエエエ

という効果の無い激高を催したところで冷静に戻りましょう。
今日は8268にカスタムしたビブラム2021とレザーミッドの接写画像
を掲載したいと思います。
ボリューミーかつ軽やかな2021は実際に履いた時の軽快さがたまりません。

Img_0437
ベージュスエードと削ったままの未着色レザーミッド、そしてスポンジ的な
2021の組み合わせはまさにパーフェクトと言えましょう。
ウェルトのブラウンが最高のコントラストを醸し出しています。

Img_0438
軽いのにこの厚みでまったく安っぽさを感じさせません。
厚底効果で足も長く見えるようになるかもしれません。
もちろん保証はできません…。

Img_0439
レッドウィングのエンジニアはぽってりしていてあまりナローな感じ
じゃないので、よけいにこういうソールとの組み合わせはしっくりハマる
気がします。
MOTORのエンジニアには2021はきっと似合わないことでしょう。

8268
最後におまけ画像です。
リサイズしていない生の画像です。
これが一番質感がはっきりわかります。
こういうマニアにしか受けない画像を楽しめる感性の持ち主を
私は応援します。
せっかくコンデジ買ったんだからこういうスマホでは撮れない画像は
今後もたくさん載せていきます。
でないと元が取れないんです!
休みも少ないんです!(私の会社)
くどくなってきたので今日はこの辺で。

2014年4月18日 (金)

レッドウィング 9875 ソールカスタム Vibram#430 その5

今日は若干地味ですが、私が特に好きなビブラム430ソールに
フォーカスしてブログをやってみます。
ビブラム700を装着したブーツを私はいくつも履いていますが、
正直最初はいいけどすぐにラグが削れてしまってグリップ力は
それほど良くはありません。
特に屋内の床の上などは滑ります。
132などはソールが減ってきてもまったく滑らないのと比較すると、
両方履いた事がある人なら歴然とした差があることはおわかりだと
思います。
そこでやはり両方の良さを併せ持つ430が私は好きなのです。
すっきりした見た目のソールでありつつも、しっかりしたラグの刻み
によってグリップ力も良いという二枚舌、ではなく両刀使いなソールが
430なのです。

Img_0490
横から見るとすっきりしたソールなのにもかかわらず、中央部の
ビブラム的ラグによってしっかりしたグリップがあります。
こういうのはアスファルトの上よりもツルツルした床の上で効いてきます。

Img_0491
ヒールにも中央にラグがありますが、ぶちゃけこれは700ヒールと
大差ありませんね。

Img_0488
そしてやはりすっきりしたイケメン系(?)のソールである430には
シェイプに削ったヒールラインが一番似合います。
どっしり感のあるストレートよりも、やっぱりカーブしたラインのほうがいいですね。
まあこれは好みなのでどっちでもいいんですが、私は430ならシェイプにします。

というわけで、今日は9875に良く似合うと個人的に勝手に妄想している
ビブラム430の画像をご紹介致しました。
430はエンジニアにも良く似合いそうなので、いつかチョコクロの2269
にも装着してみたいなぁと思っておりますが、2269の純正ソールが
交換時期になるくらい減ってくるのは果たしていつになるのやら、
という残念感が漂いつつ本日のブログを終了したいと思います。

2014年4月17日 (木)

レッドウィング 8268 PT91 ソールカスタム Vibram#2021 その5

さて、本日も帰宅後ぐったりしていたため、ブログの更新が
こんな時間になってしまいましたことをお詫びします。
気の利いた小ネタも何も思い浮かばないのでさっさと画像の
掲載に参りたいと思います。

Img_0433
うーん、やはり画像をうまく表現するような言葉も浮かびません…。
脳も心もぐっったしてます。

Img_0427
これはさすがにお見事なくびれ加減といえるでしょう。
私もこういうお見事な体型になりたいものです…。

Img_0424
シャフトとアッパーの毛足の長さがお見事に違っています。
こういう所がとてもいいです。
そしてダイナミックな見え方のテングもたまりません。
くたくたに沈んだシャフトもいいですが、やはり長く履くにはブーツキーパー
でシャフトをある程度立たせておいたほうが革にいいですね。
沈んだまま中々立たない私自身もキーパーしたいものです…。

というわけで下らない下ネタしか浮かばなかったので、
というかそれ位疲れたので、本日はこの辺で。
こういう日の私のブログは画像のみご覧頂けたらお目汚しに
ならずに済むでしょう。

2014年4月16日 (水)

MOTOFIZZ ドリンクホルダー MF-4633 その2

Dsc_0451
さて、本日は画像から載せてみましたが、取り付けた際には大体こんな
感じになります。
運転中はもちろんダメですが、停車すれば即座に水分補給出来るので
とても便利でした。
底面のネジを緩めるだけで取り出せて、ホルダーに固定するのも
ネジを締めるだけなので、サイドバッグに飲み物を入れておくのより
10倍便利です。

Dsc_0462
ミラー付け根の締め付けナットを外してステーをかまして固定します。
ドラッグスター400の場合だと、スイッチボックスが邪魔することも
なくスムーズに取り付けできました。

Dsc_0464
満タンで重さもあるコーヒー缶もばっちりガッシリ固定します。

Dsc_0463
やはりロゴがかっこいい。

Dsc_0449
パッケージ裏には使用方法がわかりやすく載っています。

Dsc_0448
二種類の取り付け方法もわかりやすいです。
ミラー基部への取り付けだと5分で出来ます。

というわけで、なんだか今回のドリンクホルダーネタは深夜の
テレビショッピングみたいな感じになってしまいましたが、
私はモトフィズの回し者ではありません。
びた一文貰ってもいませんし、もちろんくれるなら貰いますが、
当然くれるわけもないですし、貧乏なのでお金は欲しいですが、
こういうグッズばかりつい買ってしまうのでちっともお金が貯まりません。
まあ確実に役に立つブツなので、買って損はしませんでしたが、
どなたかの参考になるブログになれば幸いです。
まあ実際に自分のバイクに付けてみて乗ってみたので、内容に嘘は
一切ありません。
耳が聞こえないフリもしていないし、あるのかないのかよくわからない細胞
でもなく私の話はすべて真実です!

2014年4月15日 (火)

MOTOFIZZ ドリンクホルダー MF-4633

今日は火曜日ですが、急遽振り替えで私は仕事が休みとなりました。
天気も良く、もうこれはバイクに乗るしかないと昨夜から心に
決め、休みなのに朝ちゃんと起きてたっぷり乗ってきました。
天気が良いせいで春の難点の花粉が飛びまくっていて鼻水が
厳しい日でしたが、それでもやはりこんな天気の日にバイクに
乗るのは最高の気分でした。

というわけで本日はこれからの季節バイクの運転にとても役立つ
グッズをたまたま手に入れたのでブログネタにしたいと思います。
先日YOUTUBEでお馴染みの某WBのNさんが、モトフィズのタンクバッグが
いいと動画で言っていたので、私もタンクバッグが欲しかったので
(停車時にすかさずティッシュを取り出して鼻をかむにはタンクバッグに
あらかじめ仕込んでおけばいいじゃん、とか思っていたのです)、
ネットで検索していたら良さげな品物がいくつかあったのですが、
その際に見つけたのがこれなのです。
Dsc_0456
まずは装着時の画像からご覧頂きましょう。
まあ特別珍しくもないドリンクホルダーなのですが、
今日使ってみてとてもしっかり飲み物をホールドしてくれて使い勝手が
素晴らしく良かったので、スマホで撮影しまくってしまいました。
お手頃価格なのに(私は¥1、600くらいで買えました)かなり作りが良く、
日本製で工作精度も良いっぽいので運転していて缶が暴れたりする
こともなく安心して飲み物を入れたままにしていられました。

Dsc_0445
取り付け前のブツも撮影しておきました。
ホルダー本体を正面から見ると、金属部にモトフィズのロゴが刻印
してあってとてもかっこいいです。
かなり厚みのあるアルミ(だと思う)でしっかりしているので500㍉のペットボトル
を入れたまま運転していてもまったく不安感はありませんでした。

Dsc_0446
横から見た図です。
下部のネジを緩めるとロゴの入った金属ステーが前後して大きさの
異なるペットボトルやコーヒー缶でもしっかり固定できます。

Dsc_0447
上から見た図です。
ちょっとわかりにくいですが、三辺にスポンジテープが貼ってあり、
ペットボトルが上下に動かないように固定してくれます。
このテープが無かったらきっと路面の段差でペットボトルが
上下に動いてしまうと思います。
さすが日本製だと思います。

Dsc_0450
バイクへの取り付けは二通りから選べます。
U字のクランプでパイプハンドルへ固定するか、ミラーの付け根に
ステーで固定するかですが、私はミラーの付け根に取り付けました。
17のレンチ一本で簡単に取り付けできたので楽でした。
このステーもしっかりした作りで、飲み物の重さでしなったりとかする
心配はほとんどありませんでした。
長さがあるので逆に振動を吸収してくれる効果もありそうです。

というわけでまだ画像が何枚もあるのですが、今日はかなり乗り疲れた
ので続きは明日またやりたいと思います。
たいしたネタじゃないけど引き延ばしたりしているわけではありません!

2014年4月14日 (月)

レッドウィング 9875 ソールカスタム Vibram#430 その4

本日も、多忙による過労のため、簡易的なブログとなることを
ご承知おき下さい。
どうにもこうにも仕事が忙しいので、脳みそが足りません…。
人手が足りないのにあまり儲からないので求人かけられないんです。

んなこたーどーでもいいので、肝心の画像を貼りましょう。
本日はビブラム430フロントダブルミッドの接写をじっくりお楽しみ下さい。

Img_0489
つちふまずからつま先にかけてのミッドソールの膨らみ方が
素晴らしい出来映えです。
履き心地より見た目が肝心なのは、人間と同じですね…。
……。

Img_0486
コバの仕上がりもたまりません。
厚みがあると迫力も凄いです。

Img_0487
私はこの流れるような流線型のラインがとても好きです。
ヒール付きにカスタムするとこれがあるからいいんです。
くどいようですが、ブーツも人間も見た目が肝心です。
私もこんなブーツみたいな人間に生まれたかった…。
いや、こんなブーツみたいになれなかったからこそ、こんな
かっこいい系のブーツが欲しくなるんです。
自分に無いものを求める、それが人間のカルマなのです!

話が愚痴と横道にそれてきたので、本日はこの辺で。
私は見た目がブーツみたいじゃない人を応援します!

2014年4月13日 (日)

レッドウィング 8268 PT91 ソールカスタム Vibram#2021 その4

いつも見に来てくれる読者の皆さん今晩は。
今日は最高のバイク日和だったにもかかわらず、私は仕事でした…。
会社の外からはひっきりなしに色んなバイクの排気音が聞こえてきて、
普通に休みだったライダーの人たちがバイクを楽しんでいるのだな、
と私は鬱に浸っておりました。

というわけで今日は仕事で脳も心も体も疲れ切っていますので、
恒例のギャラリー形式でお楽しみ下さい。

Img_0454
悲しいとき~、悲しいとき~
晴天の日曜なのに仕事でバイクに乗れなかったとき~

Img_0432
こういう最高の青空の下、仕事をするのは人をダメにします。
晴耕雨読ならぬ晴乗雨読です。

Img_0456
こういう青空の日にこのブーツを履いてどこか遊びに行きたいものです。
晴れた日曜日なのにバイク乗らんでなんの人生かあああああああああああ
ファアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア

正気を失ってきたので本日はこの辺で。

2014年4月12日 (土)

EBL-VH02J ドラッグスター400 初回点検&任意保険

今日はバイクには最高の天気でしたね。
私は先日点検からドラッグスター400が戻ってきたので今日は
遠出はしませんでしたが、美味しいつけ麺を食べにいったり道の駅に
行って桜を眺めたりしてリフレッシュしてきました。
走っていると他にもバイクに乗ってる人をもう数え切れないくらい
大勢見かけました。
やっぱりこの季節はバイクで走ると、ただ走っているだけで気分爽快
ですね。
そして休憩にコンビニに寄ってコーヒーなんか飲んでぼーっとして
いると、本当にリラックスして仕事のストレスも忘却できるのですな。

というわけでようやく本格的なバイクシーズン到来ということで、
今後はバイクネタも増やしていきたいので今回は点検内容と、
任意保険ネタをやってみたいと思います。

Dsc_0437
こちらがヤマハのメンテナンスノートです。
恐らく排気量ごとの各車種共通のものですね。
私はこういった書類関係は絶対なくさないように気をつけています。
車でもそうですが、後に売却する際に価値を持つからです。
新車時に付いてくる書類や、スペアキー等がすべて完璧に残っていると、
それだけで中古車としての価値が上がるからです。
ぞんざいに扱われてこなかった事の証明となるのですね。
まあ中古車を買う側になって考えてみれば当然のことです。
書類が紛失していたり、汚れていたり、整備記録簿が無記載のまま
だったりすれば、そのバイクがどういうオーナーに乗られていたかが
類推できてしまうからですね。

Dsc_0438
まあ今回はまだ700キロしか乗っていない状態での初回点検
だったので、各部の点検と油脂類交換だけなので記録簿を見ても
特記事項はありませんな。

Dsc_0439
こちらは取説とエリアサービスショップのリストです。
どちらもヤマハのホームページからダウンロード出来るので、
さほど内容に価値はありませんが、これは新車で買った時にしか
手に入らないので一応保存しておきます。

Dsc_0440
購入店の明細です。
今回は部品代だけの請求で、オイル交換等の工賃はサービスして
もらいました。
新車で買ったとはいえさすがにこのご時世、部品代までサービスして
もらうことはダメでした(笑)
オイル交換も自分でもやれそうな感じですが、廃油の処理とかが
面倒だしやはりショップでやってもらった方が楽です。
工賃込みリッター1500円ならまあ納得の価格でしょう。
ベテランライダーになって長距離を乗るようになったら自分で
オイル交換くらいはやったほうが安くすむしいいのでしょうけど。

Dsc_0441
初回ということで、ギアオイルも交換してもらいました。
これでギアオイルはもうしばらくは交換せずに済みます。
しかしシャフトドライブはチェーンと違って楽ちんです。
初心者に優しいDS400です。

Dsc_0442
ちなみにこれが任意保険の内容です。
かなり色んなとこで見積もりを取りましたが、やはりバイクの保険は
高いです。
かといって自賠責だけで乗る気もないので仕方ありませんね。

Dsc_0443
バイクで年間5000キロも乗る事はまず無いでしょう。
3000キロ以下でいいのでもっと安いプランが欲しいところです。
アラフォーで軟弱な私は絶対5000キロも乗りませんから(笑)

Dsc_0444
年間22000円ですよ、週末か休日しか乗らないのに…。
私は車の任意は軽で団体割引有りなので年間18000円くらいです。
まあそれでも軽に乗り換えるまでは車の任意に団体割引有りで
3万以上払ってたので、まあよしとしましょう。
しかしこういう保険は掛け捨てなので使わないとなんか損した
気分になりますね。
かといって事故って使うのも嫌ですが(笑)
無事故で通したら半分でもいいから還付とか出来ないんですかねぇ。

というわけで今日は画面的にはかなーり地味なブログに
なってしまいましたが、バイクに乗っている方なら関心度の高い
内容だと思うので、ご興味のある方は是非またお越し下さい。

2014年4月11日 (金)

レッドウィング 9875 ソールカスタム Vibram#430 その3

では本日も昨日の予告通り、マニア向け画像をお送り致しましょう。
マニア向けとはいいながら、革の表面の質感を画像ではっきりと
わかってもらうにはこうした接写が一番わかりやすいので、
「見たい!」、という人も少しはいるのではないかと期待しております。
かくいう私も欲しいブーツがあるときは、ネットでブログやら画像やらを
調べてから買うかどうか決めるので、そういった方のニーズに
少しでもお応え出来ればと思います。

Img_0510000
右足内側に付いている例の復刻の証、刻印付近の接写です。
人の肌のような肌理の細かいなめらかな質感です。
きれいなきつね色だったり深みのあるオレンジ色だったりと、
色んな見え方をする革です。
ちなみにですが、何度も書いていますがこの革にミンクオイルや
マスタングペースト等のオイルを入れるのは、私はおすすめ致しません。
色味が濃くなりすぎて風合いを損ないます。
アニリンカーフクリームやデリケートクリーム等のクリーム系を
おすすめします。

Img_0486000
こちらはかなーり地味ですが、ダブルミッドとビブラム430の接写拡大画像です。
削り跡がかっこいいです。
ミッドはブラウンに着色してあります。
ここには年に一度くらいはオイルを入れた方がいいかもしれません。

Img_0485000
これが今回一番お見せしたかった画像です。
トゥの接写なのですが、まるでオレンジやみかん等の柑橘類の皮みたいな
均等のポツポツがはっきりわかります。
クロームなめしの革ではこうした質感は出ないんじゃないかと思います。
確かセコイアの樹液だかでなめした革だったと思いますが、
やはり天然の革の面影をよりくっきり残すなめし方になっている
のではないかと思われます。
ゴールドラセットは水に弱いし、すぐ染みになるし、汗の染みも付きやすい
らしいし、きれいに履くのが大変でお手入れが面倒くさいっぽいですが、
こうした美しい革の表面を見てしまうとやはり買ってよかったかな、
と思ってしまいます。
そこでやはりオイルではなくアニリンカーフクリーム等でのお手入れが
効いてくるのではないかと思います。
色味を変えずに若干でも防水性が増しますので。

というわけで二夜に渡って接写画像をお送り致しましたが如何
だったでしょうか。
実はまだ接写画像に使えそうなネタがあるので、懲りずにまた
やるかもしれませんが、まだ画像編集を終えていないのでなんとも
言えません。
とりあえず明日は休みなのでストレス解消にたっぷりバイクに乗ろうと思います。
もちろんブログネタの撮影もやりたいと思っています。
それでは皆さんまた明日。

2014年4月10日 (木)

レッドウィング 8268 PT91 ソールカスタム Vibram#2021 その3

本日は衝撃(かどうかは微妙)のマニアック画像をお届けします。
はっきり言って何だかよくわからない画像になっていますが、
ここまで拡大接写した画像はネット上でもあまり見かけないと
思うので、ご興味のあるマニ穴、いやマニアな方は是非ご覧下さい。

Img_0442000
8268 PT91のトゥ部の接写です。
毛足の粒が粗く、不均一な様子がおわかりになると思います。
表面が均一で肌理の細かい最近のスエード革とはかなり趣が異なります。
なめしの製法が違うんですかねぇ。

Img_0462000
シャフト下部の接写です。
スエードというより海底の藻か何かみたいに見えます。
ここまで不均一だと天然の皮革で作ったブーツだということが殊更に
強調されていると思います。
味わい深くていいですね。
すべて均一な品質で作られた物のほうがいいんでしょうけど、
ブーツに関しては一概にそうも言えない所が面白いのですな。

Img_0460000
シャフト上部、ベルトの付け根付近の接写です。
毛足が長すぎてもう何がなんだかさっぱりわからない画像になりました。
繊維質が長いのって品質的にどうなのかは素人の私にはわかりませんが、
購入して20年弱経った今でもこうして形を保っているということは
悪いということはないんじゃないかと思います。
ドラえもんがいたらどこでもドア出してもらってこの時代のPT91を
買いあさりたい妄想を何度もしてしまいます。

というわけで、今回はコンデジによってなしえたマニアック画像集
をお送り致しました。
もっと本格的なデジイチとかあればもっと精細な画像をゲットできた
んでしょうけど、私にそこまでの予算も気力も無いのであしからず。
では明日もゴールドラセットのマニアック画像でもお送りできたらと
思いますので、ご興味のある方は是非!

2014年4月 9日 (水)

レッドウィング 9875 ソールカスタム Vibram#430 その2

本日は、ビブラム430フロントダブル仕様のソール曲線を
じっくりたっぷりお届けしたいと思います。
履き心地無視、見た目重視仕様ですので万人向きのカスタム
ではありませんが、ギリギリ土踏まず前の返りがあるので、
まったく履きこなせないわけではありません。
ただし、重い、硬い、曲がらない、の三重苦はある程度覚悟
しないと履いていられないので、マニアな方向けではあります。

Img_0466
この有機的に曲がる生物的なラインはやはりフロントダブルで
さらに強調される醍醐味であります。
ゴツさとエロさの完全なる融合です。
まさにハードゲイ的な合体型と言えましょう
(疲れているので意味不明な表現しか浮かんできません…)

Img_0477
ハの字型に開いたソール側面の削り具合がお見事キャプテンと言えましょう。
(今海外ドラマの「チャック」を見ているのでお見事な形容ばかり浮かびます)
ソールがかなり厚くなりますが、前傾になりすぎないので意外と
安定感はあるんです。
まさにお見事カスタム!

Img_0472
前側だけ厚みが増すので、前傾になりすぎないのはこの角度から
みるとよりはっきりわかります。
ヒールはテーパーやストレートにしてもいいですが、
やはりフロントダブルの曲線美に対抗するにはヒールも曲線美、
ということでシェイプヒールが最適と言えるでしょう。
目には目を、エロにはエロを、曲線には曲線です。

というわけで今日はソールにフォーカスしたブログにしてみました。
なんせ新品の9875に大枚はたいて仕上げたカスタムなので、
ソールにフォーカスし続けないと金かけた意味がないんです!
ぶちゃけこの9875、セミドレスが買える位金かかってますから…。
少しでも元を取るためにもこれは「その10」くらいまでしつこくネタに
し続けますので、飽きたとか言わない寛大でご興味のある方は是非!

2014年4月 8日 (火)

レッドウィング 8268 PT91 ソールカスタム Vibram#2021 その2

本日は仕事が激務で心身ともにグッタリしているため、
恒例のギャラリー形式で画像のみお届けさせて頂きます。

Img_0430
青空をバックにそびえ立つシャフトとどっしりとしたアッパー。

Img_0429
シャフトがくったりしがちなPT91ですが、これはきれいに立っています。
もちろんブーツキーパー使ってます。

Img_0431
履いてると普通に蒸れるし暑いけど、スエードはなぜか
これからの初夏によく似合います。
でもやっぱり真夏には履きたくありません。

というわけで今日は画像メインでお送り致しました。
明日も疲れ切って今日と同じ感じになるかもしれませんが、
ご興味のある方は是非!

2014年4月 7日 (月)

レッドウィング 9875 ソールカスタム Vibram#430

今日は私は振り替えで仕事が休みだったので、ようやく点検に
出していたドラッグスター400を引き取ってきました。
大雪のせいで一ヶ月以上も点検に出すのが遅れてしまいましたが、
やっと油脂類交換と基本点検をやってもらったので安心して
乗る事ができました。
新車で購入して今日で計800キロ強ほど乗ったので、
もう慣らしも終わりにして思い切りアクセルを開ける楽しみも
味わえました。

というわけで気分も晴れたのでブーツです。
天気も晴れましたしね。
昨日に引き続き、また今日もたっぷりブーツ画像を貯め込みました。
これで数週間はブログネタに困る事態に陥らずにすみそうです。
昨日の8268と毎日交互に更新していこうかと思ってます。
(飽きたら途中で違うネタもちょこちょこやると思います)

Img_0494
というわけで、レッドウィングの復刻シリーズ9875です。
ゴールドラセットセコイアだの説明する必要などないでしょう。
日本ではかなり売れてもはや誰でも知っているブーツとなりましたね。
ブーツ修理屋さんのブログ等でも様々なカスタム画像も出回って、
皆さん履きまくっておられることでしょう。

Img_0476
かくいう私も購入後すぐにカスタムに出すという無駄使い的暴挙
を犯してしまいました。
ご覧の通り、ビブラム430のフロントダブル仕様です。
もうカスタムに出してから2年ほど経つでしょうか。
ご覧の通り、ほとんど履いていません…。
もう最後に履いてから、2年ほど経つでしょうか…。
別に履き心地が悪くなったからでも、気に入らないからでもありません。
単純に、他に履かねばならんブーツがいくつもあって、
これを履く余裕が無かっただけです。
(ヒモ靴が面倒でペコスやエンジニアばかり履いていた、というのも
一因です…)

Img_0469
もうこれも大して珍しくないカスタムですが、やはり画像で見てみると
圧倒的にごつさが増して迫力は満タンですな。
ゴールドラセットは比較的硬い革質な上にこのダブルミッドで返りも悪く、
履き馴染ませるにはけっこう時間がかかるでしょう。
ということは、この先も履かずに観賞用の置物と化す可能性が
非常に高い、ということでもあるのです。
私は酒もタバコもやらないので(以前は嗜みましたが2年ほど前に病気で
両方きっぱり止めました)、ブーツを眺めながら酒を飲んで悦に浸る、
という楽しみ方も出来ないので、観賞用のブーツがこれ以上増えると
非常に困るのですが、困ったことにそういうブーツは中々数が減りません。
昨日の8268もそうですが、いくつかそういうブーツがあるのは私だけではない
のではないでしょうか。
ブーツ好きにはどうしても避けられない落とし穴と言えるでしょう。

というわけでブログをやり始めた当初から画像を載せたかったブツが
ようやく陽の目を見ることが出来ました。
当分はこの2足をネタにブログを更新していきますので、
ご興味のある方は是非!

2014年4月 6日 (日)

レッドウィング 8268 PT91 ソールカスタム Vibram#2021

本日は午前中に頑張ってブーツの撮影を敢行しておりました。
撮影が終わった後、髪の毛を切りに行っていたのですが、
なんと撮影中は快晴だった天候が、一気に曇天となりさらには
雪が舞ってきたと思ったら猛吹雪となってしまいました。
一時間前は快晴だったものが突然の猛吹雪にかわるとやはりびびります。
100年に一度の大雪があったばかりなのでマジびびりましたが、
午後にはまた快晴になるという恐ろしく変わり身の早い天候でした。
そんな今日の天気ですが、私は晴れている間に数十枚ブーツ画像を
撮っておいたので運がよかったんじゃないかと安堵しております。

というわけで、前回のブログにて告知いたしました予定の通り、
レッドウィング8268 PT91をアップ致します。
Img_0421
これは私が持っている唯一のPT91で、はっきりと覚えていませんが、
96~97年頃に買ったものだと思います。
初めて手に入れたレッドウィングで、当時は本当に嬉しかったのを覚えていますが、
スーツを着る仕事だったため週末しか履く機会が無く、
いつの間にかあまり履かなくなってガレージに10年近くしまいっぱなし
だったものを数年前に丸洗いとソール交換をしました。
10年も放置していたくせに、今では最も気に入っているブーツとなりました。
PT91のシルエットは最高なんですが、私は中古やデッドを買うつもりは
無いので、恐らく一生のうちで唯一のPT91となるでしょう。

Img_0425
ソールはベージュスエードのエンジニアのカスタムとしては定番中の定番、
ビブラム2021です。
ごつさや迫力は無いですが、程よいボリューム感と軽さがあって
履きやすさは格段に上がりました。
が、もう同じ状態のものは手に入らないだろうし、デッドなんて高くて
無理なので、保存用として観賞用の置物と化しています。
それにしてもこの当時のエンジニア、特にこの8268なんかは
なぜここまでベルト位置を低く作ったんでしょうか。
テングが丸見えでアッパーとシャフトの縫い目がほぼ完全に隠れてしまう
絶妙の位置感になっています。
最近のエンジニアではどこのメーカーのものもここまで低い位置に
なっているものは多分無いんじゃないでしょうか。
買った当時はそんなん気づかず気にせず履いていましたが、
今になって色んな情報を知ってから見てみると、当時のレッドウィングの
デザインセンスは神がかっているとさえ思ってしまいます。
逆に言えば、現行のレッドウィングのエンジニアは機能性は上がっている
んでしょうが、デザインセンスは明らかに退行してしまっていると思います。

Img_0420
一応タグ画像も載せておきます。
ぶっちゃけ放置期間が長かった上にあまり履いていないので、
タグの痛みもあまりないのです。
一時はがっつり履こうかと思いましたが、PT91の価値を知ってしまったし、
他に履かなければ無駄になるブーツがいくつもあるので、
これは観賞用のまま私と一緒に墓に入ることとなる運命でしょう(笑)

というわけで今日は撮影直後に天候悪化という幸運に恵まれ、
かなりの枚数の画像をゲットしましたのでしばらくは8268のネタで
ブログをやっていけると思いますので、ご興味のある方は是非!

今後のブーツ画像アップ予定

今週は撮影済み画像が尽きた、という理由もあるのですが、
まったくブーツ画像をアップ致しませんでした。
私のごく個人的な熱情が先走り、かなり唐突な内容になってしまって
もう誰もこのブログを見に来てくれなくなるんじゃないかと危惧していた
のですが、お陰様で今まで通りのアクセス数を頂戴しておりました。
そこでブログを見てくれている皆様にほんの些細な御礼ではありますが、
今後のブーツ画像アップ予定をご報告させて頂きたいと思います。

・レッドウィング 8268 PT91 ソールカスタム Vibram#2021
・レッドウィング 9875 ソールカスタム Vibram#430
・レッドウィング ワークOX8106 Vibram#132 お手入れ編
・レッドウィング 9870
・旧ダナー 黒マナワ
・旧ダナー 黒アンティゴ
・旧ダナー マウンテンライト ダークブラウン
・旧ダナー ホークネスト お手入れ編
・旧ダナー ダナーライトブラック お手入れ編
・MOTOR エンジニアブーツ 1stモデル ブラッククロームエクセル
・チペワ ロメオ ラセットブラウン

今のところこのあたりを予定しておりますが、撮影順はどうなるか
まだわかりませんし、途中でバイクグッズやブーツメンテナンスグッズ
等もアップするかもしれません。
のですが、取り急ぎここ数日間のフォローとして予定をご報告致しました。
それでは皆様またのお越しをお待ちしております。

2014年4月 5日 (土)

江頭2:50のピーピーピーするぞ!第181回

我らの現人神、江頭2:50先生が創り上げる大教典、
江頭2:50のピーピーピーするぞ!第181回が配信されました。
私は昨日、年度初めの仕事の忙しさに力尽き、配信開始日に
視聴を完遂出来ないという大失態を犯してしまいました。
本来であれば信者失格、切腹もあり得る失態ではありますが、
ここは更なる狂信性と先鋭性を深めることによって挽回を
図っていく所存であります。

というわけで、本日は「神」の教典を視聴するという信仰の
根幹を成す荒行が最優先されますので、全国の読者諸兄に
おかれましては、ブログ執筆は最小限となります事をご理解下さい。

378a2774
それでは最後に狂信的江頭主義基本綱領を唱和して終わりたいと思います。

「神」を崇めよ!

「神」を讃えよ!

「神」を狂信せよ!

江頭2:50先生万歳!万歳!万歳!

2014年4月 4日 (金)

TMU-08 江頭2:50つむつむ 「神」の塔編

全国の数少ない読者の皆さん今晩は。
ここ二日間のブログでさらに読者が減ったのではないかと
推察しておりますが、懲りずに本日も私の「神」、江頭2:50先生への
信仰を深めるべく「江頭2:50つむつむ」の画像をご紹介したいと思います。

Dsc_0422
これを見て下さい。
ついに私は三段積みをこの手で行うことに成功致しましたので、
証拠の画像とともにご報告させて頂きます。

「ドーン!!!」

という「神」の雄叫びが私にはリアルに聞こえてくるのです。
幻覚幻聴などでは断じてなく、私の霊的支柱である江頭先生の霊告が
はっきりとこの耳に感じ取れるのです。
先生の魂の波動が完全にシンクロし、私を共振させるのです。

Pants
これは昨年、江頭先生が死力を振り絞って行った義挙を
明確に捉えた歴史的写真です。
私はこの写真を見るたびに、感極まって落涙してしまうのです。
江頭先生の必死の形相、全身に漲る筋肉の強ばり、先生は
常に「全力」で事に臨まれます。

俺のライブに来てるやつらの顔を見てると
結婚はおろか、 恋愛もまともにできないんじゃないかって
いうような奴らばかり。
だけど、俺はそういう奴らのためにこそ「お笑い」をやりたい。

これは江頭先生の名言として名高い霊告の中の一つですが、
私はこの霊告を初めて見たときに本気で号泣しました。
今、このブログを書いているこの瞬間も私は目に涙が滲んでしまいます。
私はこの先生の霊告によって、さらに先生への帰依の度合いを深めたのです。
「神」江頭2:50先生だけが、私のような者のために「全力」を尽くして演舞を
行って下さるのです。
その疑いようも無い事実をこの歴史的写真が明確に物語っているのです。

私は何があっても江頭2:50先生への信仰心を減衰させることはありません。
私は江頭2:50先生の「信者」です。
私は江頭2:50先生以外に「神」を認めません。

それでは最後に唱和して締めくくりたいと思います。

「神」を崇めよ!

「神」を讃えよ!

「神」を狂信せよ!

江頭2:50先生万歳!万歳!万歳!

2014年4月 3日 (木)

TMU-08 江頭2:50つむつむ 「超」接写編

本日は昨日に引き続き、我が信仰の象徴であり、
神の依り代である「江頭2:50つむつむ」の「超」接写画像をご紹介
したいと思います。
果たしてどれだけの方が私の思想と信仰に共鳴して頂けるものか、
正直わかりかねますが、私自身には迷いも躊躇も譲歩も一切
ありませんので、たとえ誰一人私の話に耳を傾けて頂けなくとも、
全力疾走を続けておられる「神」江頭2:50先生への信仰の証
としてこのブログを綴っていきたいと思います。

Img_0412
これが「神」だ!

Img_0418
屹立する「神」の御柱なり!

Img_0413
「神」の霊力は絶対なり!

Img_0415
「神」の霊告を一言たりとも聞き漏らすな!

Img_0414
「神」より噴出する霊体は音速を超える!

Img_0419
「現人神」江頭2:50先生万歳!万歳!万歳!



狂信的江頭主義に賛同する同志諸兄に告ぐ!

「神」を崇めよ!

「神」を讃えよ!

「神」を狂信せよ!

江頭2:50先生万歳!万歳!万歳!

2014年4月 2日 (水)

TMU-08 江頭2:50つむつむ

本日はブーツやバイクに関するネタが一時的に不足してしまった
ため、新たにブログネタを追加したいと思います。
というのも私のブーツ撮影方法は天候に大きく左右されてしまうため、
休日に雨が降ったりすると一時的にネタ切れしてしまうことが
判明致しましたので、ここは私がブーツやバイク以上に心酔している
ことを皆さんにご紹介するしかない、と思い至ったのであります。
(ブーツにもバイクにも一切関係ない、私の個人的な思い入れのみを
綴ったブログになりますので、ご了承頂ける方のみご覧下さい)

私のツイッターのプロフィールにも記載してありますが、
私は「神」江頭2:50先生を崇拝しています。
一言で言えば、私は江頭2:50先生の「信者」です。
江頭先生の生き様に私は価値観が180度転換するほどの衝撃と、
霊的に同調するほどの共感と感情移入を覚え、
江頭先生の存在は私の中で圧倒的最上位となったのです。
まさしく江頭先生は私にとって「神」なのです。
そして何度でも言います。
私は江頭2:50先生の「信者」です。

いつもはブーツの話題ばかりなのに突然頭がおかしくなったんじゃないか?
と訝しんでおられる方もいるとは思いますが、
これは私が全存在をかけて全うしようとしている「信仰」ですので、
(江頭2:50先生を理解できないという方は私にとって異教徒です)
ご興味のない方はブーツネタのみご覧頂けるようお願い申し上げます。

というわけで、今日は私の信仰の象徴であり御神体の一つであり、
神の依り代である「江頭2:50つむつむ」をご紹介したいと思います。
(やはり信仰心の賜物か、文章がすらすらと浮かんできます。
私は江頭2:50先生への信仰心に、一切の迷いも無いのです)

Dsc_0417
本来は小さなフィギュアを積んで高さを競うおもちゃらしいのですが、
これは私にとって「神」を象った崇拝の対象物、イコンであるため、
そういったおもちゃとしての用途はなしていません。

Dsc_0418
江頭2:50先生が全身全霊をかけた「神」の演舞を6つのポーズフィギュア
としてモデル化されています。

Dsc_0419
御神体の裏面です。
江頭2:50先生の魂の雄叫びがリアルに感じられるポーズの数々です。

というわけで今日は私の真実の霊的内面を吐露するブログとなりました。
ご賛同頂ける方が果たしてどれだけおられるかわかりませんが、
私にとってこれは唯一で絶対の信念ですので、微塵も揺らぐ事の無い
永続的な観念として今後もご紹介していく機会が増えると思います。

私は江頭2:50先生への信仰と崇拝を、
狂信的江頭主義」と名付け、自己内部で日々研鑽を積んでおります。
それでは最後に唱和して締めくくりとさせて頂きます。

江頭2:50先生万歳!万歳!万歳!

2014年4月 1日 (火)

旧ダナージャパン、ワークフォース (コンデジ「超」接写編)

ついにレッドウィングのPT91エンジニアがクロンダイクレザーで復刻!!!


というエイプリルフール的な噂が気になっている私です。
99%無いとは思いますが、もし四月馬鹿な噂ではなく本当だったら
履き込み用と保存用で二足買います。
まあ技術的に不可能な話じゃないと思うので、こんなサプライズが
あってもいーんじゃーないか!?と思うんですけどね。
なんか骨董通りだかどこだかに直営ショップできたらしいし、
日本限定だとしてもそれなりの数が捌ける企画だと思うんですけどね。
それにしても東京近郊にお住まいの方は気軽に直営ショップに行けて
いいですねぇ。
私みたいな田舎住まいは行きたくても交通費が嵩むのでどうしても
躊躇してしまいます。

というどうでもいい話はそろそろ終わりましょう。
エイプリルフールにちなんだ前ふりをどうしても入れたかっただけなので
読み飛ばしてください(笑)

というわけで本日の画像です。
昨日に引き続き、「超」接写編です。
ぶっちゃけネタ切れです。
先週は土曜は仕事で日曜は雨で新しいネタの撮影がまったくできなかった
ので、過去画像の未公開分からネタを無理矢理探してきました。
まあクロームエクセル製のワークフォースなので、接写画像も
質感がよくわかって面白いのではないかと個人的には
期待しております。

Img_0354
いきなり接写画像からだと何が何だかわからないので、まずは全体像から
ご覧下さい。
クロームエクセルのしっとりしたツヤ感はいつ見てもいいですね。

Img_0347
ブーツ外側のジップ部の画像です。
さすがに日本製なので丁寧な作りです。
縫製もきれいですね。
革を何かの器具で押さえた跡がステッチの周囲に
残っていてかっこいいです。

Img_0358
革の合わせ目のステッチダウン部です。
重なり方がきれいですな。
やはり日本人の物作りは他を凌駕すると私は思います。

Img_0355
そしてこれがトゥの接写画像です。
丸く整形されて革が伸びていて、表面の細かいヒビ状の
模様がくっきりわかります。
昨日の8160のガラスレザーとはまったく違う質感なのがよく
わかって面白いですね。

というわけで今日も「超」接写編をやってみましたが、いかがだったでしょうか。
ネタ切れをなんとか回避するための苦肉の策ではありますが、
全体像ばっかでも飽きるのでこの見せ方は面白いので
色んなブーツでやってみたいと思います。

というわけで明日のブログネタは完全にネタ切れなのでいささか
不安の残る状態ですが、今日はこの辺で。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

ツイッター

ブログランキング

ブログ村

ブログランキングドットネット

フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログ村ランキング