« 本日のブログはお休みします | トップページ | 猛暑にやられたのでブログはお休みします »

2014年7月26日 (土)

レッドウィング9268エンジニア発売について思う

Rw92681
ブーツ好きな方々はもうみな知っていることと思いますが、
やはり旧シルエット復刻が正式にアナウンスされたようですね。
上記の画像は販売されるショップに掲載されていたものですが、
どうやらPT99のシルエットらしいです。
細めのシャフトに大きなテング、ぐっと下に下がったベルト位置、
かつてのエンジニアの美麗な形がほぼ再現されたようです。
49800円という価格に尻込みしてしまいますが、
かつて90年代に8268は買ったけど2268を買わなかった私としては、
(2268はみな履いているからやめておこう、という愚かな、あまりにも
愚かな愚考のもと結局買わず仕舞いという失策を犯した当時の
自分を私は未だに許せずにいます)やはり黒エンジニアでPT時代の
シルエットのエンジニアはどうしても手に入れておきたいという欲望を
押さえ込むことができそうにありません。

ネット上にあるデッドストックのPT91などと見比べても、
上記の画像はかなり近い再現率なのではないかと思います。
正直ここまで当時の形が再現できたというのは驚きですね。
というか、こんなんやれるんだったらなんで早くやらなかったんだよ、
という怒りにも似た感情を抑えることができません。

というかクローンダイクの革も確かに魅力的ですが、現行のブラッククローム
の頑強さや履きこんだ後の乾いた光沢を愛している私としては、
現行ブラッククロームでも同じ旧型紙でのエンジニアを出して欲しい
と思います。
ワークブーツの革としての耐久性は現行ブラッククロームのほうが
確実に上だと言えるので(私の経験上)。

発売は9月後半らしいですが、調度涼しくなる頃に販売開始という
のもなんだかイヤラシイ戦略的施策を感じます(笑)

というわけでどうしても物欲を抑えられそうに無いのできっと私は
これは買ってしまうでしょう。
最近ブーツを買っていないのでまあいいんじゃないでしょうか。
買わなかったらまた10年後に後悔してしまう危険性が大きいのです。

(でも、スチール入りのエンジニアってバイクのシフトチェンジがしずらい
ので、実はあまり履く機会はなさそうなんですな、笑)

« 本日のブログはお休みします | トップページ | 猛暑にやられたのでブログはお休みします »

レッドウィング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レッドウィング9268エンジニア発売について思う:

« 本日のブログはお休みします | トップページ | 猛暑にやられたのでブログはお休みします »

ツイッター

ブログランキング

ブログ村

ブログランキングドットネット

フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ブログ村ランキング