« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

軽井沢八景。

今日は月末で仕事が忙しく、帰宅時間が遅くなったため、
画像メインで更新します。
画像は4枚しかないですが、軽井沢の風景を掲載します。

Dsc_1475
雲場池付近の並木道です。
いかにも軽井沢、的な風景です。
ただの道なのにすべてがお洒落です。
冬場以外はこういうとこに住んでみたい…

Dsc_1482
駐車場のすみっこに唐突に生えていたキノコです。
特に意味はありませんが、なぜか写真を撮ってしまいました。

Dsc_1478
苔むした木の切り株に生えていたちんまいキノコです。
なんとなく趣があったので撮影しておきました。

Dsc_1480
なんとなく北欧っぽいような気がするお洒落な邸宅がありました。
きっとお金持ちの別荘かなにかなんでしょう。
ちょっとした街並みひとつとってみてもかっこいい感じがする
軽井沢は、私にはまったく一切縁がありませんが、
時々こうしてバイクなどで訪れると異世界に来たような気がして
とてもリフレッシュできるのです。

というわけで、今日はイマイチ面白みに欠ける気がする更新
となってしまいましたが、懲りずにご覧頂けたら幸いです。
画像がたった4枚で八景となっているのはご容赦下さい。

2014年9月29日 (月)

軽井沢、雲場池のカモの親子。後編

それではカモ後編です。
最近カモとかツバメとかアオサギとかアヒルとか鳥がかわいく感じます。

Dsc_1371
子鴨が二羽並んで泳いでいます。
まだ小さいのに上手に潜水します。
とてもかわいい。

Dsc_1373
この日は本当に良い天気で、最高に気持ちがいい秋風が吹いていました。
カモさんたちものんびりしている様子で、人間に警戒する様子もなく、
遊泳を満喫しているようでした。
軽井沢あたりだとカモなどの野鳥にイタズラしたりするような不逞の輩も
いないのでしょう。
観光客のすぐ近くまで泳いできたりもしていましたし、湖岸に上がってきて
羽根を休める姿も見られました。
今の季節は暑くもなく寒くもなく、カモウォッチングするには最高の
季節なので、カモ一家が見たい方は是非ここを訪れてみるといいでしょう。

というわけで今日はカモ親子画像を前編後編に渡って掲載いたしました。
いつもより若干画質をきれいめにしたので、初秋の和み画像として
お楽しみ下さい。

軽井沢、雲場池のカモの親子。前編

今日はお待ちかねの(?)カモの親子の画像を掲載します。
雲場池のカモはなんとまだ小さい子連れのカモ一家がいるのです。

Dsc_1362
こういう素晴らしい環境で暮らしているカモさんですが、
正直羨ましくなりますね。

Dsc_1367
こんな奇麗な水が流れているところで穏やかな晴天の日に水遊び
しているカモ一家です。
何をしているのかはよくわかりませんが、しきりに潜ったり水中を
泳いだりしていました。
水が奇麗なので水中のカモの体がくっきりと見えて、とても面白かったです。
水中をぐいぐいと力強く泳いで何かをとっていたのでしょうか?

というわけで、今日は画像サイズをあまり縮小しないで鮮明な画質で
掲載したいので、後編に続きます。

2014年9月28日 (日)

軽井沢、雲場池の紅葉。

今日は御嶽山の噴火があったので遠出を諦め、
下道で行ける範囲内で軽井沢に行ってきました。
目的は先日も食べに行った侘助のとんかつ、そして先日は
大渋滞で行くのを断念した雲場池です。
侘助のとんかつは相変わらず意識が遠のくほどの美味しさで、
至福のひと時を味わえました。

で、肝心の雲場池ですが、図らずも紅葉の季節になっており、
こちらも至福の風景を味わうことができました。
天気も良く初秋の心地よい風が吹く中を湖畔の散策路を一周して
きたのですが、もうあまりに素晴らしい光景の連続でスマホの
カメラ機能をフル活用してしまい、後で気が付いたら300枚以上も
写真を撮っていることに愕然としてしまいました(笑)

Dsc_1162
入り口の看板です。
細長い形の池ですね。
だいだらぼっちの足跡という伝説もあるとかないとか。
付近には駐車場なども整備されており、渋滞さえなければ
月一で訪れたくなるほど素晴らしいスポットでした。

Dsc_1173
雲ひとつ無い晴天のもと、湖面に映った紅葉が最高です。
もう少し経てばもっと紅葉が濃くなって素晴らしいのではないでしょうか。

Dsc_1234
水底がはっきりとわかる水の奇麗さですね。
藻が陽光でとても鮮やかな緑色に映えていて奇麗でした。
錦鯉も時折泳ぐ姿が見られます。

Dsc_1205
私が大好きな水鳥のカモさんです。
悠然と湖岸から発進していきました。
撮影は叶いませんでしたが、湖岸に上がってきて羽根をパタパタ
振って休憩する姿も見られてとても和みました。
カモの親子が泳いでいて、その写真も撮りまくったのですが、
それは次回以降に画像を載せようと思っています。

Dsc_1321
池の周囲には野草もたくさん生えていて、もう秋だというのに
こんな奇麗な花もまだ咲いていました。
初夏にでも訪れたらきっともっと花や緑が素晴らしい光景が
見られそうです。
来年もまた来ようと思わされました。

というわけで、今日は300枚も写真を撮ったので、
しばらくは雲場池の風景画像でブログのネタが尽きることはなさそうです。
先週せっかくバイクにETCを付けたのに今日は高速に
乗りませんでしたが、今日の軽井沢は噴火のニュースがあった
せいかどうかわかりませんが、日曜にしては道が空いていて
とても快適にバイクを走らせることが出来たので、
まあよしとしましょう。

2014年9月27日 (土)

晴天シリーズ青空編。

今日は御嶽山大噴火という、未曾有の恐怖に戦きつつ
仕事をしておりました。
登山されていて被災された方々には心より無事をお祈りします。

それにしても、やはり山は神々が棲む所だけあって何か
起こると本当に怖いですね。
ちっぽけな人間などには太刀打ちできない大きな力を秘めていて
いついかなる時にその力が発現するものかわからないので、
とても恐ろしく神秘的で敬うべき存在なのだと思い知らされます。

というわけで、今日は仕事もしつつ噴火騒ぎでなにもブログネタを
仕込む事ができなかったので、最近バイクで走った際に撮りためた
晴天の画像を掲載します。

Dsc_1075
ビーナスラインの起伏の激しい丘陵です。
こういう日にビーナスを走ると本当に最高です。

Dsc_1078
こちらもビーナスラインから見た丘です。
この日もバイクや車がたくさんいましたね。
特に何があるわけでもないけど、こういう天気の日にこういう
眺めの最高な場所にバイクで来ている、という事実だけでも楽しさを
感じる事が出来るところが凄いです。

Dsc_1080
霧の駅の駐車場の空です。
この日はグライダーが飛んでいました。
私はグライダーの実物が飛んでいるところを見たのは初めてだったので、
けっこう驚きました。
飛行機と違ってグライダーというだけあって音がしないので、
大きな鳥が飛んでいるようにも見えました。

Dsc_1090
こちらは長門牧場です。
広大で壮大な景色でまるで北海道みたいな眺めです。
こういうところで放牧された牛からとれたミルクで作ったソフトクリームは
美味しいわけです。
冬は厳しそうですが(笑)、春夏秋はとても過ごしやすそうで良いところです。
晴れた日などは逆に遊びに行きたくなって仕事したくなくなると思いますが、
こういう場所で働けたら幸せそうです。

というわけで今日は噴火のニュースと無関係な画像のみで
更新しましたが、お楽しみ頂けたら幸いです。
しかし、最近のスマホは簡単にこんな写真が撮れてしまって
本当に便利ですなぁ。
デジカメが売れなくなるわけです。

2014年9月26日 (金)

軽井沢のとんかつや「侘助」

先日行った軽井沢のおいしいとんかつやの「侘助」を紹介します。
軽井沢周辺で美味しいとんかつやを探していたらここが評判も
お店の雰囲気も良さそうだったのでこないだバイクで行ってみたのです。
Dsc_1138
他の場所でやっていた店主がここへ数年前に移転してきたお店
らしいですが、私は詳細はわかりません。
でもこの名刺だけ見てもセンスが感じられ、雰囲気が良さそうに感じます。
Dsc_1109
店構えもお洒落です。
とんかつやっぽくない感じがします。
Dsc_1139
場所はこちらです。
軽井沢のバイパス沿いにあるお店なのでアクセスは悪くないですが、
車かバイクでないと難しいです。
バス停とかも無いでしょうきっと。
カーナビで探しながら行かないと通り過ぎてしまうかもしれません。
一度行ってしまえば忘れない場所です。
Dsc_1108
で、肝心のとんかつの味なのですが、

これはもう絶品としか言えないようなとてつもない旨さでして、
私は今までとんかつは好きであちこちで食べたと思うのですが、
確実に今まで食べた中でダントツに美味しいとんかつでした。

店内での撮影は他のお客さんもいたので控えましたが、
薄めの衣に少し肉厚の豚肉のカツだったのですが、
とにかく脂身が甘みがあって、肉は柔らかく、塩とソースで
両方小皿があって二種類の味で食べられるのですが、
塩を付けてシンプルに食べても肉のうま味がものすごくて
とにかくびっくりしました。
ソースも恐らく自家製のものらしく、濃厚なわりに肉のうま味を
邪魔しない絶妙なさじ加減で美味しかったのです。

軽井沢に住んだり仕事したりしているようなお金持ちは
普段からこんな旨いもの食べてるのかなぁ、などと感慨に
ふけりつつ食べていましたが、ランチだとそこそこのお値段で
お金持ち価格というほどでもないメニュー設定なので、
軽井沢に行った際は是非食べに行くことをおススメします。

日曜祭日の軽井沢周辺はいつも大渋滞で中々行くのも
億劫になりがちですが、ここはプリンスショッピングプラザ
などの混雑地帯とも距離があるので、まだマシかなと思います。

今日はこんなブログを書いていたらまた食べに行きたくなってきました。
明日の土曜は仕事なので無理ですが、今度平日にもし休みでも
取れたら必ず再訪したいと思っています。
それくらい本当に美味しいとんかつだったのです!

2014年9月25日 (木)

猫の置物…

本日は過労のためブログの更新はお休みします。
どうも日月火と三日間バイクに乗り続けたため、
腰がやられ、おまけに疲れが溜まったのか今日は一日不調でした。
というわけで猫の置物画像を載せておきます。
Dsc_1106
私も今日はこの置物猫のようにぐっすり寝ます…

2014年9月24日 (水)

長門牧場の動物たち。

先日ソフトクリームを食べに立ち寄った長門牧場には、
牛以外にも動物が放牧されていました。
天気も良かったせいか、みなのんびりしていました。
和む画像が撮れたので載せておきます。

Dsc_1086
ずっと座ったまま微動だにしないアルパカ一号です。
観光客の子供らに触られても、怖いもの知らずのおばちゃん軍団に
触られても、一向に動じる事無くマイペースに過ごしていました。
きっと環境が良いので穏やかな性格なのでしょう。

Dsc_1087
こっちはアルパカ二号です。
こっちのアルパカも、観光客になど見向きもせずひたすら牧草を
食んでいました。
人が近寄ってもあまり警戒する様子はなかったので、
こっちの二号も穏やかな性格に育ったのでしょう。

Dsc_1092
黒い体に背中の白毛がかっこいい小ヤギです。
この小ヤギもずっと座ったまま、日光浴をしているようでした。
子供が近寄っても、体を触っても、やはり微動だにせず、
マイペースに座ったままでした。
ここの牧場の動物たちはみな穏やかで本当に恵まれた環境で
暮らしているように感じられてこちらも癒されます。

Dsc_1093
最後はモコモコした体が温かそうなヒツジです。
やはり、一心不乱に牧草を食んでいました。
周囲の観光客の喧騒などまったく気にしていない様子で近寄っても
逃げようともしていませんでした。
小さい耳がかわいいですな。

というわけで今日は特に意味はありませんが、和み動物画像ということで
更新いたしました。
まあこういう動物たちと触れ合える上にとても美味しいソフトクリームも
あるので、長門牧場はツーリングの目的地としてもかなりおススメです。
ビーナスラインを走った後の休憩地点としてもいいですね。
私もまたソフト食べに行くつもりです(笑)

2014年9月23日 (火)

ナップスでETC車載器の取り付けをしました。

二輪免許取得後一年にして、ようやく私もバイクにETCを付けました。
取り付けたらこんな見た目になりました。
Dsc_1143
ミツバというメーカーの「アンテナ一体型ETC車載器 MSC-BE21」
という型番の品です。
本当はアンテナ別体式のがよかったんですが、ETC本体を収めるスペース
がドラッグスター400だと確保が難しく、やむなく一体式にしたんですが、
こうして取り付けた様子ではさほど違和感もなく、むしろこれだけ
目立つ場所に本体があればETCカードを抜き忘れることもなかろうと、
とりあえず納得してみました。

しかしこれで私のバイクのハンドル回りはもう一杯一杯になってしまいました。
ツールケース、ナビバッグ、ドリンクホルダー、そして今回のETCです。
さすがにもう他のものを付ける余裕はなさそうですが、
これだけグッズを装備すればもう他のものは必要なさそうです。
今日も帰り道はETCのお陰で高速の入り口出口も通り抜けるだけで
よかったのでとても楽でした。
車では今まで当たり前に使っていましたが、やはりETCは便利でしたね。
割引もあるので付けてもそのうち元は取れそうです。
しかしナビとETCがあったらもうバイクも車となんら変わりませんね。
80キロとかの安全な速度で巡航していると正直眠くなってきます。
が、まだ初心者なので速度の出しすぎはしないようにして
一番左の走行車線をひたすら走っていたらあらゆる車とバイクに
追い抜かれまくっていきましたが、私は飛ばすのはあまり得意ではないので
これからも一番左を80キロで巡航します(笑)

というわけで今日は300キロ弱ほど走って疲れたのでブログは
この辺にします。
もうおっさんなのでバブ風呂に入って早めに寝る事にします。
さすがにゲルザブあっても長時間運転したら腰が若干痛いのです。

2014年9月22日 (月)

信州稲倉の棚田

今日は軽井沢にとんかつを食べに行ったのですが、
(本当は雲場池に写真を撮りに行くつもりだったのですが、
軽井沢周辺があまりに渋滞が酷く、途中で諦めとんかつを
食べて帰ってきました。そのとんかつの話は後日。)
その帰り道に景勝地を見つけたので立ち寄ってきました。

Dsc_1131
調度稲の収穫直前で稲穂が見事に実っておりました。
天気も最高で偶然立ち寄ったにしてはあまりに素晴らしい景色で
スマホで写真を撮りまくってしまいました。

Dsc_1111
こんな東屋も整備されていて、観光客の人が書いたであろう
記帳ノートも置いてありました。
私は書かなかったですが、各地から訪れた人の記帳を見ると
なかなか面白かったです。

Dsc_1128
ススキと棚田とトンボと、秋を感じさせるものが目いっぱいに
広がっている景色で、風もいい感じに吹いていてとても居心地のいい
場所でした。
日本の棚田百選にも選定されているようです。

Dsc_1135
調度いい木陰になっていたのでそこにバイクを停めて、
缶コーヒーなぞ飲みつつ写真を撮っていたのですが、
お昼時に来ておにぎりなぞ食べつつのんびりしたら最高な場所
だなぁ、などとぼんやりしながら休憩したらとてもリフレッシュ出来ました。

こんな場所はきっとバイクに乗るようにならなければ一生
来る事も無かったような気がして、バイクに乗るようになって良かった
なぁと思えるひと時でした。
車と違ってバイクはこういう場所にもすぐ馴染んで駐車していても
あまり違和感が無いように感じられるのも不思議です。
こういうのもバイクマジックというべきでしょうか。

2014年9月21日 (日)

長門牧場のソフトクリーム

今日は絶好の晴天に恵まれ、もう何度も行きましたがまたもや
ビーナスラインを走ってきました。
Dsc_1072
こういう青空の日は本当に行ってよかったと現地で思いました。
画像からはあまり実感できませんが、もうかなり気温が低くなっていて、
風が冷たくて秋を通り越して冬を感じさせるのですが、
今日は太陽の日差しがまだ温かみを感じさせてくれていて我慢できない
ほどの寒さではありませんでした。
それでも車と違ってバイクは常時走行風に晒され続けているので
油断は禁物なのです。
特に体が冷えるとお腹が痛くなる、腰が痛くなる、残念な体質の
私はボディーウォーマーと防風ジーンズを履いていきましたがやはり
正解でした。

Dsc_1081
で、その帰りに長和町方面には行かずに長門牧場に寄ってきました。
あまりに天気が良く、すぐ下界に下りてしまうのはもったいなかったのです(笑)

Dsc_1100
目的は有名な牧場のソフトクリームです。
前からここのソフトクリームは美味しいと評判を聞いていたので、
まだ寒なりきってしまう前に食べる事ができて良かったです。

しかし、コーンに山盛りにしてもらったソフトクリームは今にも垂れて
しまいそうで、こぼさずに食べるのに精一杯でなんと画像を撮るのを
失念してしまいました。
なんという大失態でしょう…。
味はさすがに評判になるだけあって、とても濃厚で美味しく、
きっと他では食べられない味でしょう。
もっと暑い日だったら2個くらい平気で食べてしまうくらいの美味しさでした。

Dsc_1082
おみやげ物売り場にはこれが売っていました。
この前ウォールデンで食べ損ねたダッタン蕎麦です。
1000円税別というあまりな金額に恐れをなして私は買いませんでしたが、
ちょっと気になるのでやはりそのうち食べてみたいと思います。
普通の蕎麦とどれだけ違うのでしょうか。

というわけで今日は最高の天気で最高のバイク日和で最高に
リフレッシュできた休日でした。
私は昨日の土曜は当番出社でみなが遊んでいる時に寂しく仕事を
していたので、明日の月曜は振り替えで休みです。
明後日の火曜ももちろん休みです。
そうです三連休です。
ふふふ。

2014年9月20日 (土)

MOTOFIZZ デジケースマウントセット(ハンドルタイプ) MF-4701

Dsc_0995
実は最近バイクのナビバッグを買い換えました。
これはモトフィズのナビバッグですが、先週のツーリングで使ってみて
非常に使いやすかったので画像を撮っておきました。
以前は某ラ○ア○ド○ードのナビバッグを使っていましたが、
収納性は高く予備バッテリーなども入ってよかったのですが、肝心の
ナビの視認性や固定性が非常に悪く、画面が見にくくて使いにくい
ことこの上ない製品だったため、買い替えを検討しているうちに
モトフィズのナビマウントを見つけてダメ元で買ってみたら素晴らしく
使いやすかったのです。
モトフィズはバッグ関係全般が買いやすい価格な割には出来栄えが
素晴らしく、使っている人が多いのも納得です。
ツーリングに出かけた際などにも明らかにベテランっぽく見える
ライダーのリアシートにはモトフィズのバッグがセットされているのを
良く見かけるわけです。

Dsc_0994
ハンドルバーに固定するタイプを私は購入しましたが、
色々な角度に調整できて汎用性が高そうなステーです。
それでいて金属製のクランプをボルトで固定するのでかなりしっかりと
ハンドルバーにセット出来ます。
以前のナビバッグはベルクロでバーに巻き付けて固定するタイプ
だったため、取り外しはしやすかったのですが、安定性に著しく欠け、
運転中にぐらついたりしてとにかくダメでした。
それと比べて価格差もさほど無かった割りにこういった金属製の
ステーで固定するタイプは一度付けてしまったら取り外しは面倒ですが、
使用中の安定感は抜群なので、やはりこういうタイプのナビマウント
のほうが実用性はかなり高いと思います。

Dsc_1065
取り付けには六角レンチが二本付属しているので、
17のオープンスパナが1本あればOKでした。
バイクに乗る人なら各サイズのスパナ位はさすがに持っていると
思うので、特に問題は無いと思います。
このパッケージにも記載がありますが、ナビやスマホを縦でも横でも
セット出来るところがとてもいいです。
それでいてバッグタイプで中にナビを仕舞う形になるので、
ジップを開け閉めするだけでナビを取り外せるのもいいです。
やはりバイクにナビをセットしたまま離れるのは盗難が怖いので、
すぐに取り外せるタイプのほうが私は安心です。

Dsc_0996
このようにナイロンジップの小型のバッグを金属製のステーに
乗せて固定しているので、運転中の安定度は本当に抜群な上に、
角度を調整出来るのであらかじめ見やすい角度にしておけば、
日光で光ってしまって画面が見えなくなることもかなり防げました。
もちろん感圧式のナビであればセットしたまま画面操作も出来るので、
信号待ちの際にマップの縮尺調整なども簡単に出来ました。

というわけで、普段から車で遠出をする際には必ずナビを見る
習慣が付いてしまっている私のような方向感覚に乏しいタイプの
人間は、やはりバイクの運転時にもナビがあったほうが確実に
安心度が高いので、ナビやスマホは見られるようにしておきたいものです。
グーグルマップやツーリングサポーター等、バイクのナビもスマホで
ほぼ無料で使えたりする時代なので、それをいかに運転中に安全に
視認性良く使えるようにするか、というのはライダーなら誰でも
一度は考えることなので、このナビマウントは初心者の私でも
簡単に取り付けできて、使用感もとても良かったのでおススメです。

(ただし、難点を一つだけあげれば、バッグ部が小さいため、
予備のバッテリー等はかなり小型か薄型のものしか入りません。
大型の大容量タイプのモバイルバッテリー等はおそらくナビ本体と
一緒に収納することは出来そうにないので、私は小型の円筒形
タイプのバッテリーをナビ本体の横に収めて使っています)

2014年9月19日 (金)

SHOEI J-Cruise(J-クルーズ)にPINLOCKシートを装着。その3

Dsc_1054
Jクルーズにピンロック装着してのブログ更新も今日がラストになります。
シールドの目視部分にピンロックシートが付いているとなんとなく
かっこいいっぽい気がしてきます。
私みたいなおっさんはこういうガジェットが好きなのですな。

Dsc_1036
こちらはピンロック部の拡大画像です。
シールドに埋め込まれたこのピンでシートを固定しています。
というか、このピンが装備されているシールドでないとピンロック
システムは機能できないのですな。

Dsc_1037
ピンロックシートの外周にそってシリコンシールがあるのがわかると思います。
これがシールドと密着することにより、空気の層を構成して
曇りを防止するわけです。
建物のアルミサッシの二重窓と同じようなものといえるかもしれません。
昨日の更新でも実験してみましたが、曇りは本当に見事に
付かないので視界は安全です。

Dsc_1049
というわけで、三夜に渡ってピンロックシートの画像で更新してみた
わけですが、やはりみんな大好きベストセラーヘルメットの
Jクルーズだけあって、アクセス数は多めでした(笑)
帽体はでかくて見た目あまりかっこよくはありませんが、
とにかく快適性を追求した高機能ヘルメットなので、
一度使い出すと他のヘルメットを被ってバイクに乗ろうという気が
しなくなってしまうのです。
BUCOのジェットにサングラスとかしてる人見ると確かにかっこいい
のですが、顔面全部隠れてないから虫とか顔に当たったら痛いだろうなぁ、
よく我慢して乗ってるなぁ、顔に走行風ずっと当たってて寒くないのかなぁ、
などといったヘタレな思考ばかり浮かんできて自分でも買おうとかいった
考えには至らないところがすでに私はもう若くないおっさんなのだと
自覚しながらバイクに乗っている自分がちょっと切ない今日この頃です。

2014年9月18日 (木)

SHOEI J-Cruise(J-クルーズ)にPINLOCKシートを装着。その2

今日は晴れていたわりに風が冷たくて9月半ばにしては
かなり寒さを実感してしまう天候でした。
というわけで、冬場のヘルメット内の曇りを解消する最良の
手段として昨日、PINLOCKシートをJクルーズに装着してみたわけですが、
まだ平日でバイクに乗ることは中々できないわけで、
今日は実験としてやかんでお湯を沸かして蒸気をヘルメット内に
入れてみてどの程度内側が曇らないのか試してみました。
Dsc_1061
結果としてはご覧の通り、大成功でした。
ピンロックシート部はほぼまったくといっていいほど曇りません。
冬場は寒くて風が冷たくてシールドを上げて曇りを取るのも面倒なので、
これだけ曇らない性能があれば、かなり快適性が増すことでしょう。
正直期待以上の曇り止め性能です。
Dsc_1058
やかんの湯気がもうもうと昇っている所にヘルメットを持っていき、
無理やり曇らせたのですが、見事にピンロックシート部は曇りませんね。
これならもっと早く装着しておくべきでした。
今年の春先なんかシールドが曇ってしまって信号待ちの時
本当に怖い思いをしたものです。
Dsc_1063
シールド上部もこの通りです。
ピンロックシートの形状どおりに曇りがありません。
これなら冬場や梅雨時期にも完璧にクリアな視界が確保できそうです。
こんな凄い性能ならもっと早く付けとけばよかった…。

というわけで今日はピンロックシート性能実験をやってみました。
呼気がやかんの湯気以上に出る人なんかいないでしょうから、
これだけ曇らなければまず問題なく視界はクリアなはずです。
これからの時期は安心してバイクに乗る事が出来そうです。
ただし、いまいち休日が少なくてそもそもバイクに乗る時間を
確保することが先決なのですが…。

2014年9月17日 (水)

SHOEI J-Cruise(J-クルーズ)にPINLOCKシートを装着。

非常に今更ですが、愛用中のジェットヘルメットのJクルーズに
ピンロックシートを装着致しました。
もうJクルーズを買ってから一年も経つので、かなりなぜ今更、
という感が大いにしてしまうのですが、
今まではシールド内側の曇りを気にするほどの距離を走る技量も
余裕もなかったのですが、そろそろ慣れてきて一日に200キロ以上
走るような日もあり、そろそろ真剣にシールドの曇り対策をせねば
いかんかなぁ、と思い立った次第なのです。
Dsc_1047
まあこんなかっこいいっぽいパッケージで売られているわけですが、
バイク用品店などにも普通に売られているし、
ネットなどでもごく当たり前に売られているので
(価格はちょっとお高いですが、これは3000円弱でした)
特に珍しい品でもなければベテランライダーの方などは
とっくに導入されているであろう品なのですが、
私のような免許取得後一年の一年坊主にはちょっと興味深い
品であったりするわけです。
実際冬場や雨天など、シールド内の曇りで信号待ちしている時など
前方が見えなくなって困った経験は私でもありました。
信号が青に変わって発進する際に曇っていて前が見えないなど
けっこう怖い思いもしました。
走り出せば走行風が入ってきて曇りは取れるのですが、
真冬などは停車中に呼気でかなり曇るので、
以前からどうしたものかと悩んでいたものです。

Dsc_1053
というわけで早速Jクルーズのシールドに取り付けてみました。
このシールドはワンタッチで簡単に取り外しができるので、
本当にメンテナンスが楽です。
外せば内側も外側もきれいに拭いて走行中に付着した虫汁(!)も
掃除できるのでとてもいいです。
傷が付かないようにエクスペリアタブレットの保護シートに付いてきた
めがね拭きみたいな柔らかい布ウェスで拭いたらとてもきれいになりました。

Dsc_1039
Jクルーズのシールドにはピンロックを装着するためのピンが最初から
装備されており、ピンロックの端っこの切りかきをピンに合わせて
はめ込むだけなので、装着そのものも比較的簡単でした。
スマホやタブレットの保護シートを貼るときみたいにホコリやら
気泡やらに注意するのかと思ったら、さほど気にすることもなく
すんなりはまったので気が抜けました。
ピンロックの周囲にはシリコン状のシールが貼り付けてあり、
それによりシートとシールドの間に空気の層を作って気温差や湿度から
くる曇りを防止する仕組みなのです。
スプレー等のケミカル剤で曇り止めのものも各社から出ていますが、
効果の持続時間や曇りの防止性能に難がありそうで、
やはりお高いですがピンロック対応のヘルメットにシートを装着するのが
私のような初心者には間違いが無いように思われます。

というわけで、今度の休みにバイクに乗ったときにピンロックの
効果を試してみたいと思っております。
さっき呼気を吹きかけてわざとシールド内を曇らせてみましたが、
確かにピンロック部にはまったく曇りが付きませんでした。
これではバイクに乗る楽しみがさらに増してしまって乗りたくなって
仕事のやる気がさらに減少しそうで困ったものです。

2014年9月16日 (火)

旅の記録画像集その一

Dsc_1019
今日は最近行ったツーリングで撮影した画像を載せていきます。
特に意味はありませんが、まあ旅の記録といった所です。
こちらは霧が峰です。
最高の晴天でした。
寒かったですが(笑)

Dsc_0965
女神湖のアヒルボートの群れです。
アヒルボートはどこにでも必ずありますが、あまり乗ってみたいとは
思いませんねぇ(笑)

Dsc_0978
女神湖の奥の湿地帯みたいな所です。
きっと珍しい高山植物などが見られるのでしょう。
足場が組んであって散策コースになっています。
初夏に行ったらきっと最高でしょう。

Dsc_1006
ラストは謎の置物です。
先日ご紹介したレストラン、ウォールデンさんの入り口の脇に
さりげなく置いてありました。
なんだかよくわかりませんが、なごんだのでスマホで撮影しておきました。
白雪姫の小人みたいに見えます。

というわけで、今日はある意味残り物的画像ばかりですが、
備忘録的な意味合いもあるブログなので、興味のある方だけ
ご覧になってくれればと思います。
まあ、素人がやってるブログで文章だけなんて誰も見るわけないので
画像載せておけばとりあえずネタになるので良しとしましょう。

2014年9月15日 (月)

信州姫木平 ログの宿 レストラン&ステイ ウォールデン その2

先週行ってきた白樺湖近くのレストランのウォールデンさんですが、
お店の外観がとてもかっこいので画像を撮っておきました。
今日は三連休の最終日でしたが、私は会社の棚卸しで仕事だったため
一日会社におりました。
というわけで、何一つ今日はブログに書くようなことはありませんでした。
ので、ウォールデンさんの店舗外観画像を掲載いたします。

Dsc_1011
観光シーズン真っ盛り、といった趣です。
私が行った日も大変な賑わいでした。
すべて手作りの料理なので美味しいかわりに出てくるのは遅めです。
ゆっくり景色を楽しみながら食べるとよいでしょう。

Dsc_1010
お金がかかっていそうな本格的ログハウス的外観です。
店内では撮影は控えましたが、店舗内もかなり凝った作りでお洒落です。

Dsc_1007
地元特産のダッタン蕎麦というのが美味しいらしいです。
この日は美味しいと評判のキーマカレーに全神経を集中していたため、
このダッタン蕎麦は食べませんでした。
大変悔やまれますので今度行ったら必ず食べます。

Dsc_1009
レストランの隣にはペンションみたいな宿泊施設もあります。
真夏に泊まったら涼しいし最高でしょう。

Dsc_1004
なんだか絵本に出てきそうなキノコがベンチのそばにありました。
不思議な光景だったので思わずスマホで撮影しました。
こういう面白いものが見られるのもバイクツーリングのいい所です。

というわけで、レストランなのに料理の画像は一つもありませんが、
店構えだけでも面白かったのでブログのネタとしては良いのではないかと思います。
冬になってしまう前にこういう美味しいものが食べられるお店には
また行かねばなりませんね。
ダッタン蕎麦ってどんな蕎麦なのか非常に気になります。

2014年9月14日 (日)

GEL-ZAB [ゲルザブR]をDS4に装着しました。その2

今日は昨日装着したゲルザブの効果をさらに検証すべく、
これだけ走ってきました。
Dsc_1035
ベテランライダーの方からすれば大した距離ではないですが、
初心者の私にとっては頑張った距離です。

Dsc_1033
そして肝心のゲルザブは微妙にシワが深まり、
かなり使い込んだ雰囲気になってきました。
フラットなシートではないのでどうしてもシワが寄ってしまいます。

Dsc_1034
で、230キロほど走った感想なのですが、やはり効果は確実に
実感できるレベルであるとわかりました。
まったく尻が痛くならないというわけではないのですが、
150キロほど走るまではほぼ痛みは発生しませんでした。
200キロに近づいた頃から若干尻が痛くなり始め、
200キロを超えてきてからは疲労と腰痛も重なってそれなりに
尻の痛みはありましたが、ゲルザブ無しで走っていた頃とは
比較にならないレベルで痛みが軽減されており、
正直もう私はゲルザブ無しではDS4のシートには座りたくない
とまで感じるほどになりました。
DSのクラシックはシートが大きめで柔らかそうなんですが、普通のDSのシートは
硬めで衝撃吸収性はあまり高くないように感じられます。
短距離を走るだけならそれほど苦にはなりませんでしたが、
私も段々慣れてきて一日に走る距離が伸びるにつれ、お尻の痛みが
はっきりと現れてくるようになってきたので、
腰にまで痛みが影響してこない内にこういった緩和アイテムを導入
しておいて本当に助かりました。

というわけで今日は疲れたのでもう風呂に入って寝ることにします。
ゲルザブお値段的に躊躇してしまいますが、
私のようにアラフォー系な方にはマジおススメです。
四十路にはゲルザブと花王のバブが一番なのです。

2014年9月13日 (土)

GEL-ZAB [ゲルザブR]をDS4に装着しました。

Dsc_0990
ツイッターにも画像を載せましたが、ついに私もゲルザブをバイクに
装着してしまいました。
やはり走行距離100キロを超えるあたりからどうにも尻が痛くなって
しまいそれが腰にまで及んできて運転に集注出来なくなってしまうのです。
Dsc_1031
こんなゲルが入っていたらお尻に優しいに決まっています。
Dsc_1028
パッケージも爺的にアピール度が高い内容満載です。
脱疲労、これに勝る要素はありません。
Dsc_0991
DS4のシートはリアが持ち上がっているのでゲルザブにシワが
入ってしまいましたが、装着感に問題はありませんでした。
とにかく尻にかかる圧力が軽減されてほとんど痛くなりませんでした。
路面の段差から来る衝撃も緩和されたように感じました。
ただ、ノーマルシートよりも若干滑る感じがして最初は戸惑いましたが、
慣れてきたら問題ありませんでした。
あと、DS4は元から足つきがいいのであまり気にしませんでしたが、
厚みの分若干足つきには影響します。
シート高の高いバイクに乗ってる方は注意が必要かもしれません。
Dsc_1029
この黄色い部分にゲル状のクッション材が挿入されています。
調度人間の臀部の形状に合わせた配置が絶妙でした。
メタボ気味で尻がでかめな私にもぴったりなサイズでした。
Dsc_1030
DS4だとゲルザブが曲がってシワがはいってしまいましたが、
シート形状がフラットなバイクだとより一層フィットして装着できるようです。
まあ多少屈曲してしまっても裏面が滑りにくい材質になっていたので
ずれたりすることもありませんでした。
シートの裏側でベルクロでとめるだけだったのでいずれ外す際にも
簡単です。
けっこう高い商品なので万が一別のバイクに装着したいとき等にも
便利な仕様です。
Dsc_0992
明らかに何かシートに付いているな、というのはわかってしまいますが、
色が目立たない黒なのでそれほど違和感も無いような気がします。
もう少し表面がレザーっぽい質感だったらさらに目立たないのかも
しれませんが、そこまで要求するのも酷というものでしょう。
とにかく乗車感が圧倒的に楽になって苦痛緩和性が高いので、
私はかなりこのゲルザブをおすすめします。

私のように40になってから急に思い立って免許をとり、
憧れや理想とはかけはなれたバイクの乗車中の風や振動による
体への影響でへばってしまった人などには是非、と言いたいです。

というわけで、明日はナップスに行って助成金でETCなど付けに
行こうかな、などと妄想しているので今日はこの辺で。
尻痛腰痛肩痛な人にはマジおススメです。

2014年9月12日 (金)

旧ダナージャパン、ウェストサム その後

半年ほど前に画像を載せたダナーのウェストサムですが、
今年の夏場にバイクに乗る際はほぼメインで履いていました。
(冬場は黒ペコスをメインで履いております)
そしたら見事に左足だけシフトチェンジで削れてクロームエクセルの
中身の茶色が覗いてきたのでこないだ撮影しておきました。
Dsc_0893
コバも徐々に削れてきていて履きこんだ雰囲気になりつつあります。
このブーツはほぼバイク専用になっているので左足だけこんな
削れてしまっていても別に問題ないのですが、
このままどんどん削れてしまって穴が開いたら嫌だなと思います。
Dsc_0894
まあ安いブーツでもないのですが、かといって高級といえるだけの
ブーツでもないので、穴が開いたらリペアしてソールも交換して
履き続けることでしょう。
履き口のゴムもいずれは交換せねばならないでしょうし。
Dsc_0888
バイクから降りた直後を撮影したらボケボケでした。
やはりスマホのカメラじゃすぐピントがずれて駄目ですな。
コンデジをバイク乗る時に持ち歩くのも面倒だし、
困ったものです。
しかしこれ、ブラッシング以外ほぼノーメンテですが、
よさげなツヤ感でいい感じです。
やはり油分の豊富なクロームエクセルはオイルを入れるのは
控えめにしたほうが絶対いいですね。
しなやかさは元から充分あるのでオイルを過度に入れたら絶対
風合いを損ない革が柔らかくなりすぎるでしょう。

というわけで今日はかなり久しぶりにブーツの画像で更新してみました。
ブーツの画像なんて何ヶ月ぶりでしょうか。
でも明日は晴れそうなのでまたバイクに乗るのできっと
ブーツ関連のネタは補充出来そうに無いのできっとまた
バイクかツーリング先の風景画像的な内容に落ち着くでしょう。
というわけで明日に備えて早めに寝るので皆さんまた明日。

2014年9月11日 (木)

信州姫木平 ログの宿 レストラン&ステイ ウォールデン

先週の日曜日の昼食で立ち寄ったおいしいカレーの店を
ご紹介するのをすっかり忘れていました。
というのも食べ終わった後、店構えを撮影しようと思っていたのですが、
高原の風の寒さでお腹をやられ、暖かいカレーを食べたにも関わらず、
ちょっとお腹を壊してしまい、トイレに行く事に気を取られすぎて
撮影するのを忘れてそのまま走り出してしまったというわけです。

前からこの店の前をバイクで通るたびに気になっていたのですが、
(いつも色んなバイクが店の前にとまっていて、遠くからツーリングで
来たバイカーの人に人気の店なのかな、と思ってました)
先日のビーナスラインツーリングの時にようやく食べる事が出来たのです。

Dsc_0987
丸太で組んだかっこいいログハウスのお店でしたが、
写真を撮るのは忘れたので貰っておいたカードをご覧ください。
白樺湖に来た際はすぐ近くなのでおススメです。

Dsc_0988
手作りの自家製カレーがとても美味しかったです。
走行風で冷えた体に滋養を与えてくれるかのような味でした。
体が冷えていたのでこの時は食べませんでしたが、手打ちソバも
拘って作っているようで、今度行ったら是非食べてみようと思います。
店内は狭いのですが、本格的なログハウスでお洒落な内装が立派です。
今度はキーマカレーと手打ち蕎麦のセットを食べてみます。

Dsc_0989
場所はこの地図にもありますが、白樺湖から長和町へ下りていく
一本道沿いなのでとてもわかりやすいです。
ゆっくりじっくり時間をかけてランチを食べているととてもリフレッシュ
できたように思いました。
また行ってみたいですなぁ。

2014年9月10日 (水)

ビーナスライン~車山高原画像編

Dsc_0933
今日は昨日に続きビーナスラインの画像をお送りします。
こちらは白樺湖遠景です。
もっと空がスカッと晴れてたら最高の景色でしたね。

Dsc_0952
車での観光客もかなりたくさんいます。
車だと寒くないから楽でしょうね~。
でも運転する楽しみは無さそう。
高級車やスポーツカーなら楽しそうだけど庶民の我々には無縁です。

Dsc_0956
風雨に曝されて白っぽくなった看板です。
なんとなく物寂しい雰囲気を醸し出していますが、
なんか観光地にありがちな古さ加減がいい感じです。
いかにも観光地の看板、って感じです。

Dsc_0940
綿菓子を散りばめたような雲でした。
夏というより秋の空的な光景ですね。
自転車で来ている人もたくさん見かけましたが、あーゆー人たち
ってどんだけ体力に自信あるんでしょうか。
車に自転車積んできて現地で下ろして走るんですかね。
私みたいに体力に自信のないおやじには想像もつかないことです。
そういえばバーキンだかよく知りませんが、小型のオープンカー
の大群も走っていました。
お金持ちそうなおじ様方が乗っておられましたが、あんな遊び車で
ビーナス走れるなんて羨ましい限りです。
でも夏場にあんな車で高原走ったら気分よさそうですね。
私はバイクのほうが好きですけど(笑)
私は初心者なのでビーナスを走るときはあまり速度を出しすぎず
に景色を眺めながらだったのですが、特に煽られたりすることもなく
比較的安心して走る事が出来たので本当に楽しめました。

というわけで、今週末もどうやら天気は晴れてくれそうなので、
またビーナスを走りに行こうかと思っております。

2014年9月 9日 (火)

ビーナスライン~白樺湖画像編

日曜日のビーナスラインツーリングで白樺湖で休憩した際に
撮った画像を見ていたら面白いものがあったので
ご紹介しておきます。

Dsc_0963
湖畔の駐車場をなんと、馬車がゆっくり走っていました。
私は田舎暮らしではありますが、それでも生まれて初めて
馬車を見ました。
最初は何かの撮影でもやっているのかと目を疑いましたが、
どうも付近に牧場でもあるようです。
左右でかなり体格の違う馬さんが引いていましたが、
優しげな目をした馬さんでした。
それでも近くで見ると馬はかなり大きく、これほど近くで馬を見たのは
初めてだったので正直少し怖かったです。
昔イルカを初めて間近で見たときも、あまりの大きさに
かわいさ半分怖さ半分だったのを思い出しました。

Dsc_0931
白樺湖の石碑です。
特に面白みがあるのかというと、それほど無いような気も
してきますが、観光客らしき人々はみなこの石碑の前で立ち止まり、
記念撮影をしていました。
そこで私も写真を撮っておいたのですが、
よく見ると中々達筆な文字で見事に彫ってあるのできっとさぞかし
高名な方が彫った碑なのではないかと思いますが、
ぶちゃけどういう由来のものかはまったく知りません。
まあ湖畔の散策コースを通れば必ず目に付く場所に立っているので、
白樺湖に行く方はきっと誰もが目にするでしょう。

Dsc_0960effects
これは私が撮った画像をグーグルフォトが勝手に加工して
通知してきたものですが、なかなかそれなりに雰囲気のある画像に
仕上がっていたので掲載しておきます。
この日は湖面のさざ波が陽光を反射してキラキラしていて
本当に見事な光景でした。
私以外の観光客の人々もみな見とれていたように思います。
白樺湖といい女神湖といい軽井沢の塩沢湖といい、
湖ってなぜか休日に見に行きたくなるというか、ドライブやツーリングの
目的地的にぴったりな観光場所ですな。
水がいっぱい貯まっている所というのは人を惹きつける何かが
あるのかもしれません。

というわけで土日にたくさんバイクで走って写真もたくさん撮れたので、
しばらくはブログのネタが尽きなくて助かります。
天気がいいと色々いいことがありそうな気になってきますね。

2014年9月 8日 (月)

土日の走行記録

9月6日土曜日 天気晴れ
Dsc_0917
こんなところを走り(嬬恋パノラマライン)
Dsc_0944
こんな距離に。

9月7日日曜日 曇りのち晴れ
Dsc_0958
こんなところも走り(ビーナスライン)
Dsc_0986
こんな距離でした。

二日間で合計約330キロ、すべて高速を使わず下道でした。
といっても標高が高いところばかりだったので、
上道といってもいいかもしれません。
久しぶりに満足できた土日の二日間でした。
この夏これだけ走れたのは初めてだったと思います。
というわけで今週末も予報は晴れっぽいので、期待に胸が膨らみます。

2014年9月 7日 (日)

ビーナスライン~女神湖ショートツーリング

今日は午後から晴れたので、昨日に引き続きビーナスラインを
走ってきました。
二日連続で晴れて走れたのはいつ以来でしょうか。
今年の週末はとにかく雨続きで泣かされましたが、
9月に入って涼しくなってきて秋晴れがこのまま続くといいなと思います。

Dsc_0969
前から行ってみたかった女神湖です。
白樺湖から10分も走れば付く距離なのですが、ずいぶんと
雰囲気が違っていてちょっと高級リゾートっぽい佇まいな感じです。
軽井沢に近い町並みというか雰囲気でしょうか。
白樺湖よりも落ち着いた雰囲気のリゾート地に感じられました。

Dsc_0973
私はバイクに乗りまくって尻が痛かったので散策はあまりしませんでしたが、
ウォーキングコースがとても気になりました。
のんびり歩きながら風景を撮影したりしたらとても気持ちいいでしょう。
蓼科牛を食べられる店も付近にあって、今度来たらステーキでも
食べようかなと思います。
ただ、すでに9月頭でも空気はかなりひんやりしているのでバイクの
皆さんは防風に気を使った服装をおすすめします。
私はお腹が冷えてお腹を壊しました(泣)

Dsc_0975
女神湖のほとりにある女神湖センター(売店やらレストランやらおみやげ物やら
色々売っていました。私はそば茶を買って飲んでみましたが香ばしくて
美味しかったです)の壁に面白い看板がかかっていたので撮影しておきました。
かつては河童が出たようですね。
川太郎といえば、荒俣宏の本に詳しく書かれていて久しぶりに思い出しました。

というわけで、秋晴れのビーナスラインは最高(少し寒かったですが)
でしたが、今日はこの辺までにしたいと思います。
二日間で下道340キロほど走ったのでさすがにアラフォーの
私はもう疲労で眠くなってきました。
でもこういう疲労は仕事と違って心地いいのは何故なんでしょうかね。
来週も晴れたらあちこち走りに行きたいものです。

2014年9月 6日 (土)

記事が消えました…

今日はニンジャに試乗したりして面白かったので渾身の力を
振り絞ってブログを書いたのですが、なぜかココログがエラーを
起こして内容がすべて消滅しました…。

もう内容を思い出して書き直す気力などかけらも残っていません。
…。

しかたないのでニンジャ250の画像だけでも載せておきます。

ニフティー勘弁してくれ…。

Dsc_0923_2

2014年9月 5日 (金)

明日は…

果たしてどれだけ晴れてくれるのでしょうか?!
先週はイマイチな天候でもこれだけ乗れましたが、
明日はこれを越える距離を乗りたいものです。
Dsc_0887

2014年9月 4日 (木)

今日は物欲が亢進しすぎたので更新はお休みします

こういうものが今更にして欲しくなるというのは精神的に
末期的症状なのでしょうきっと。
Img_0301
でも250クラスで一番かっこいいのがニンジャですねやはり。
老若男女絶大な人気で売れているらしいのも納得です。
私も欲しい…。

2014年9月 3日 (水)

喫茶 風香 & 風の夢ギャラリー その2

今日は夕方に会社の駐車場の草むしりをやっていて、
元から弱い腰をしこたま痛めつけてしまい、
早くバブ風呂に入って養生したいので残念ながら画像のみで
お送りしたいと思います。
最高の眺望でコーヒーを飲める素晴らしい店ですので、
お近くまでバイクで来たら是非寄って見て下さい。

Dsc_0883

Dsc_0875

Dsc_0872

2014年9月 2日 (火)

喫茶 風香 & 風の夢ギャラリー

Dsc_0895

今日はバイクで行くのにぴったりなこの店を紹介しようと思っていた
のですが、どうにも体調が思わしくないので(偏頭痛が治らない)
次回に画像を載せてやってみたいと思います。

それにしても今日は平日のくせにすげー最高の天気でしたね…。
こんな日にこそバイクに乗りたかった……トホホ

2014年9月 1日 (月)

らーめん、恵比寿屋(東御市)

さてそれでは昨日の続きです。
昨日も書きましたが、曇り空の下バイクを走らせ体が冷えてきて
しまった私は何か暖かいものが食べたくなり、
どうしようかと考えあぐねながら走っていたら偶然にも以前から
名前は聞いていたラーメン屋があるではありませんか。
急に見つけたのでいったんは通りすぎてしまいましたが
即座に引き返し、店構えを確かめてみるとやはりそこは
前から一度寄ってみたいと思っていたラーメン屋でした。
Dsc_0860_911
まだ最近開店したばかりの店らしいですが、日曜ということもあり
店内はほぼ満席で予約表に名前を書いてしばし15分ほど待って
からようやく店内に入れました。

この店はやさしい味付けの醤油ラーメンがメインで、
手打ちの平たい麺が売りでアラフォーの私は最近流行の二郎系
などは苦手なのでとても美味しく感じられました。
もうおやじなのであっさり系のラーメンじゃないと胃にもたれて
しまってダメなんですな。

Dsc_0861
というわけでツーリング中に立ち寄って腹ごしらえをするには
うってつけの美味しいラーメンに巡り合え、とても嬉しい驚きを
感じつつ、天候も若干回復してきたように感じられたので
再び嬬恋を目指して走り始めました。

Dsc_0864
ちなみに恵比寿屋さんの裏手ではこんな風景も楽しめました。
都会ではなかなかラーメン屋の裏でこんな風景は見ることは
できないでしょうから田舎ならではの醍醐味です。

というわけでまだ続きはあるのですが、それはまた明日の
ブログでやってみたいと思います。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

ツイッター

ブログランキング

ブログ村

ブログランキングドットネット

フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログ村ランキング