« サイドゴアロメオ比較画像(チペワ&レッドウィング)その2 | トップページ | サイドゴアロメオ比較画像(チペワ&レッドウィング)その4 »

2015年3月31日 (火)

サイドゴアロメオ比較画像(チペワ&レッドウィング)その3

今日は月末で年度末で激務加減がフルマックス&フルスロットル
だったため、ブログ更新はサクッといきます。

Dsc_2545
これが噂のグリーンウレタンインソールです。
こんなん入ってるのチペワだけでしょう、きっと。
ラセットのアッパーレザーとの違和感が際立っています。
まさに悪趣味な色使い。

Dsc_2547
こちらはお馴染みレッドウィングのオークレザーインソール。
履き込むほどに飴色に変化していき光沢が出てきます。
アメリカンワークブーツの醍醐味といえましょう。
この履き心地に一度はまってしまうと中々他のブーツでは
満足できなくなってしまいます。

Dsc_2546
履き込むほどにへたってスレていき、ますます不気味さを増す
この緑色のクッションは一体何なんでしょうか。
それと合わせてチペワはライニングがこんなえんじ色の速乾素材
が張られています。
吸湿速乾はいいのですが、不可思議なのはやはりこの色使いでしょう。
良く言えばワインレッド、悪く言えばえんじ色、ラセットのブーツには
著しくそぐわない色味がなんともいえない気味悪さを醸しだしています。

Dsc_2547_2
レッドウィングは腰裏からずっと一枚革のライニングが張られています。
きっとこの腰裏も、履いていればいずれはすれて破れが生じる
ことでしょうが、腰裏の補修は比較的安価にやってもらえるので
特に問題はありません。
踵が浮くのを防ぐためにも、私はその際はスエード革で腰裏に
当て革補修をやってもらいます。
ワークOXもそうですが、これをやってもらうと耐久性向上と
滑り止め&フィット感向上もあって凄く具合がいいです。

Dsc_2549
チペワの吸湿速乾素材にはなんかこういう刻印がありましたが、
履いているうちにすれてよく読めなくなってしまいました。
CHIPPEWAの文字はかろうじて読めますが、細かい文字は
消えてしまいました。
確か素材の名称が記載あったような気がしますが、
もう忘れてしまいました。

というわけで今日は脳が疲れきっているので地味な画像に
地味な内容での更新となりました。
しかし、インソールというのはブーツにおいて非常に重要な
要素ですし、履き心地を大きく左右する部位ですので
ロメオを購入検討している方には必見の内容なのです。

« サイドゴアロメオ比較画像(チペワ&レッドウィング)その2 | トップページ | サイドゴアロメオ比較画像(チペワ&レッドウィング)その4 »

ブーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイドゴアロメオ比較画像(チペワ&レッドウィング)その3:

« サイドゴアロメオ比較画像(チペワ&レッドウィング)その2 | トップページ | サイドゴアロメオ比較画像(チペワ&レッドウィング)その4 »

ツイッター

ブログランキング

ブログ村

ブログランキングドットネット

フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ブログ村ランキング