« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

「YZF-R25 ABS」初回点検完了しました。

というわけで、先日画像を載せたこのチケットを持参して行って来ました。
Dsc_2700
メーカーによる新車保証を有効にするためにも絶対受けておかねば
ならない初回点検です。

Dsc_2766
点検記録簿はヤマハの中型車共通のものでした。

Dsc_2768
車検が無い250ですが、やはりこの保証書はそれなりに重要でしょう。

Dsc_2769
ヤマハの社印が印字されています。
実は初めて知ったんですが、ヤマハ発動機って本社が静岡
なんですね。
静岡にオートバイ関連企業が多い理由がやっとわかりました(笑)

Dsc_2767
保証書の記載はシールが貼ってありました。
こういうところは車と同じですね。

Dsc_2771
R25は車検は無いのですが、法定点検は1年ごとに、
メーカー推奨の定期点検は半年ごとに行うように記載されています。
まあ実際は法定といっても強制力は無いので行わなくても
罰則等はありませんが、年に一度くらいは点検してもらっておいた
ほうがいいのではないかと思います。

Dsc_2770
ということで、無事に初回点検済みの整備工場印も押して
もらってオイル交換等も完了しました。
私はあらかじめ電話してから行ったのですぐにやってもらえましたが、
時間にして30分~40分くらいはかかったと思います。
それでもオイル交換+点検と考えればかなり短時間でやってもらえた
と思います。

で、点検終了後にようやく慣らし解禁ということで、
山間の交通量の少ない道で回転数を上まで回して走ってみましたが、
やはり回転数を気にせず思い切りアクセルを開けて走ると
もう別次元の加速感でやはり楽しくなってしまいました。
下道なのでそれでも11000くらいまでしか回せませんでしたが、
(レブリミットまで回すのが怖かったのと、スピードが出すぎてしまって
そこまでが限界でした)9000回転くらいから上になるとエンジンフィーリング
がまったく別のバイクのようになってリニアな加速感が得られて面白い
反面、調子に乗って速度を出しすぎているとそのうち白バイに
めっかって違反切符切られてしまうんじゃないかとか色々考えて
しまいました。

まあ、これでようやく慣らしも終わり、ETCも付けてあるので
来週末あたりは高速なども乗ってみようかと思っています。
あとは、6月の週末に雨が降らないことを願うばかりです。

2015年5月30日 (土)

本日の更新はお休みします…(明日は頑張る予定です)

今日は月末で残業しまくりで帰宅が大幅に遅くなり、
脳疲労もかなりの深刻度なため無念ですが更新はお休みいたします。

明日は晴れたらR25の初回点検に行こうと思っているので
そのネタをやれたらいいなと思います。

それにしても最近は噴火やら大地震やら色々あって恐ろしいですね。
皆さん備えは万全にしましょう。

Screenshotshare_20140611_204715

2015年5月29日 (金)

健啖隊ネット隊に入隊しました!

今YOUTUBEで最も話題の(と私が勝手に思っている)健啖隊ですが、
ネット隊員への門戸がついに解禁となりました。
詳細は上記の動画をご覧になって頂きたいわけですが、
ようするにコメント欄にて隊長からの許可が下りてチャンネル登録を
してもらえれば、晴れてネット隊員に入隊となるわけです。

今までは私は個人的に健啖隊ファンを公言しつつ健啖隊の過去動画
を見漁っていたわけです。
それで今までにアップされている動画はあらかた見尽くしてしまい、
最新動画がアップされる水曜と日曜を心待ちにしているのですが、
隊長の寛大なるお心遣いにてとうとう私のような釣りもアウトドアにも
疎い一視聴者を入隊させて頂いたという次第なのであります。

一応私もバイクに乗るようになったのでキャンプツーリングなど
いずれはやってみたいと思うようになり、アウトドアグッズは
ある程度そろえ始めているのですが、
(メスティンやらストームクッカーなどのことですが、屋内使用しか
いまだにしていないという体たらく)
釣りなどは小学生のころにやって以来、竿など一度も握った事すらないという
釣り門外漢、釣り無知、といったどちらかといえばインドア系だった
のが健啖隊のネット動画を知って以来、毎日のように健啖隊動画を
見ながら風呂上りのフルーツジュースを嗜むという(私は酒は一切飲めません、
こういうところも健啖隊的ではないのが残念ですが)
楽しみを見出してしまったというわけなのです。

こんな私ですから恐らく今後も釣りなど始める余裕も無く、
(バイクという趣味に割く時間とお金で精一杯)
健啖隊動画で釣りに行った気分になって釣った魚を美味しく食べた
気になって、ネット釣り人となって楽しむのです。

というわけで、健啖隊に興味がある、入隊志願者な方は是非
上記の動画をご覧頂きたい!

2015年5月28日 (木)

本日の更新はお休みします…

今日はちょっと微熱があり、なかなか下がらないようなので
残念ですが更新はお休みします。
真夏のような気温上昇のせいか、どうも体調がよくありません。

本日の画像。
Cimg0419
小さな弁才天の祠です。
もう神頼みでもしたい気分です。

2015年5月27日 (水)

R25慣らしツーリング中に撮った変なもの画像。その5

今日もネタ不足中につき、あまり深い意味がない画像の
掲載でやりすごしたいと思います。

Cimg0219
一枚目は美穂ヶ池市民緑地の樹上の巣のゴイサギです。
ズームで撮ったら微妙にボケてしまいました。
ゴイサギはできれば鮮明なズーム画像を撮ってみたいものです。

Cimg0239
先日も載せました、同じく
美穂ヶ池市民緑地のネコさん。
イカ耳にはなっていませんが、カメラを構えた私を警戒していて
ちょっと鳴き声を上げています。
去年はおなじ柄の兄弟ネコさんと二匹でいましたが、
今年は一匹だけでした。
元気でいて欲しいものです。

Cimg0410
丸子の箱畳池の魚の群れ。
なんという魚かは不明ですが、いっぱいいて驚きました。
こんなにたくさんいるということは餌が豊富なのでしょうか?

Dsc_2729
最後は清里駅前の牛さん。
眠たそうな目がいい感じです。
これは一体誰が作ったオブジェなんでしょうか。
あまりにいい味出して佇んでいたのですかさず撮影しておきました。
なんとなく南米っぽい雰囲気の牛です。

というわけでここ最近注目度に欠ける更新ばかりで無念ですが、
今日もこんなゆるキャラみたいな画像で終わりとなってしまいました。
ちゃんとした休みに温泉ツーリングでも行って心身ともに
リフレッシュしてきたいものです。

2015年5月26日 (火)

焼きカレー屋Mel’sの焼きカレースペシャルセット

一昨日行った峰の原高原ですが、第一の目的はR25の慣らし、
そして第二の目的は今日ご紹介する焼きカレー、峰の原は
実は第三の目的地だったのでした。

初夏の陽気とはいえ日本有数の寒冷地である菅平周辺ですから、
きっと晴れていても気温は低めだろうとの予測の元、
昼飯はお腹があったまる焼きカレーなど食べてみようかなと思ったのでした。

そして行ってきました菅平の名物焼きカレー、メルスダイナーですが、
過労のせいか店舗外観を撮影し忘れるという失態をしでかしました。
アメリカンカルチャー満載な雰囲気の店なのに、外観を撮影し忘れる
なんてやはり脳疲労が祟っているとしか思えません。
スカチューンを施したトライクみたいなのとか停めてあって面白い
店構えだったのに無念でなりません。

ここは仕方ないので代わりにメニューを載せておきます。
Dsc_2763
看板メニューの焼きカレーですが、けっこう空腹だったのでスペシャルな
セットメニューを頼んでみたのでした。

Dsc_2762
感じの良い接客の店員さんが持ってきてくれたのはまずサラダです。
マカロニなんかのせてあってまずまずの味でした。

Dsc_2765
お次に登場したのがセットのフライドチキンですが、
けっこうなボリュームで驚きました。
骨無しのチキンを香ばしく揚げてあってケチャップと良く合います。
地元産の若鶏ということもあり、美味しく頂きました。
やはり地元産、というのはどうしても惹かれてしまう私です。

Dsc_2764
そしてメインディッシュの焼きカレーです。
鉄皿ごとオーブンで焼いてあるようで、出てきた時はまだグツグツ
煮えている状態でした。
もちろん猫舌な私はある程度冷めるまで辛抱強く待ちます。
トッピングはトマトかナスが選べました。
私は猫舌&辛いものが苦手なので、万が一辛かった場合に備えて
味をまろやかにすべくトマトをトッピングしてもらいました。
が、辛さはそれほど強くなく安心して食べられる味だったので
ナスでもお好みでいいと思います。
よって問題は熱さだけでしょう。
真冬のスキーなどでは熱々がいいと思いますが、
初夏の今時期では冷めるまで待ったほうがいいかもしれません。

Dsc_2766
ご飯の上にカレーとチーズ、トマトや福神漬けなどが乗せられています。
それをオーブンで焼いた独特のカレーですが、
おこげが美味しくとろけたチーズもマッチしていてとても美味しい
カレーでした。
高原で食べる熱々のカレー、中々周囲のシチュエーションに合っていて
名物となるのも頷けました。
寒いところではやはりカレーかラーメン、このどちらかが間違いなく
人気となるのが寒冷地の田舎の観光地といえましょう。

というわけで、人気店らしく日曜日は混んでいてけっこう待たされましたが、
待ってでも食べる価値のある店だと思います。
バイクツーリングで菅平に来る人も多いと思いますが、
走行風で冷えた体を温めるのに焼きカレーなどいいんじゃないでしょうか。

2015年5月25日 (月)

峰の原高原の草花。

今日はこれといったネタも無く、仕事で疲れきっている為
昨日行った峰の原高原で撮影した草花の画像を掲載しておきます。
下界はもう初夏の陽気ですが、標高の高い高原ではまだ
春の息吹といった雰囲気です。

Dsc_2761
なんだか良くわからないですが、
白い綺麗な花が咲いていました。
ミツバチもたくさんいて和みました。
蜂は基本的に怖いですが、ミツバチだけは唯一かわいいですね。

Dsc_2760
なんか小さいこんなのも生えてました。
私は草花の名称にはまったく疎いので、
なんという植物かさっぱりですが、
小さくて可愛い感じだったので撮影しておきました。

Dsc_2757
こちらの白い花にもミツバチがたくさんいました。
花の蜜をせっせと集めていたのでしょう。
もちろんミツバチ以外のなんだかわからない羽虫も
無数に飛んでいて、それはちょっと嫌でした(笑)
自然豊かなところには必ず虫もいっぱいいますね。

Dsc_2759effects
こちらもなんだかわからないけど紫色が鮮やかな花でした。
グーグルフォトに上げておいたらグーグルが勝手に画像加工していて
こんなアートっぽい写真になっていました。
グーグルフォトって便利ですが、時々画像を勝手に加工編集していて
ちょっと不気味です。
グーグルの人が画像を勝手に盗み見ているんですかね??
それともコンピューターが自動で加工してるんでしょうか。

というわけで、高原での春の雰囲気を出してみました。
バイクに乗っているとこういう所にも気軽に行けるのがいいですね。
重たいドラッグスター400と違って軽快なR25だと曲がりくねった急坂
も難なく乗りこなせて楽しかったです。

2015年5月24日 (日)

「YZF-R25 ABS」慣らしも兼ねて、峰の原高原へ。

今日はまだ行った事が無いところへ行ってみようと思い立ち、
菅平を抜けて峰の原高原まで行ってみました。

Dsc_2749
少し雲が多かったのですが、初夏の晴天に恵まれ
絶好のバイク日和でした。

Dsc_2746
いつも白樺湖や女神湖方面ばかり行っていたので
こちら方面に来るのは新鮮でした。

Dsc_2754
日曜日の午後を高原でのんびり過ごす観光客がたくさんいました。
騒がしいデパートなどよりこういう静かなところで過ごす方が
私もストレス解消になっていいと思います(笑)

Dsc_2753
色あせたウッドデッキがいい味出してました。
木のベンチに杖をついたおばあさんが座ってのんびりと過ごす
様子がなんだかとても印象的でした。
やはりこういうところに来ると日常を忘れて癒されるような気がします。

というわけで、今日は景色や草花ばかり撮影していて
肝心のバイクの画像を残すのを忘れました。
まあこんな日もたまにはいいでしょう。

2015年5月23日 (土)

中華そば丸木屋のつけ麺大盛り。

というわけで、今日も飯ネタです。
なんか最近食い物ネタばかりになってきた気がします。
本当は各ブーツのエイジング状況やバイクでツーリングネタ
などをやっていきたいのですが中々思うようにいかず無念です。
というのも今日も仕事で何もネタが仕込めず枯渇している状態だからなのです。
なので、仕事帰りにR25の慣らしも兼ねてつけ麺を食べに行ってきました。

Dsc_2742

Dsc_2743
もう何度も取り上げている私のお気に入りのラーメン屋さんですが、
私が一番好きなのは実はこのつけ麺なのです。
特に今日のように気温が上がって汗ばむ陽気になってくると
どうしても食べたくなってしまいます。
仕事が終わって疲れているときなど特につけ麺食べたい脳になってきます。
塩分と水分を脳が欲しているのでしょうか。

ここのつけ麺は基本あっさり系の醤油ベースのスープに
小麦粉の風味がたっぷり味わえる歯ごたえのいいシコシコ麺
なのですが、何か特別なものが入っているようでとても
複雑な味わいで、柚子の風味もあり、あっさりでいながらとても
濃厚なあじわいもあるようで他ではまず味わえないとても美味しい
つけ麺で人気のお店です。

私はもうかれこれ10年近く通っていますが、一向にここのつけ麺
は食べ飽きるということがありません。
さすがに真冬はつけ麺ではなく熱いラーメン(ここでは中華そば)を
頼みますが、初夏から秋口まではほとんどつけ麺ばかり頼んでしまいます。
何回食べても食べ飽きない、というのは本当に美味しいという証左
なのではないでしょうか。
まあ私は食に関してはかなり保守的で、気に入った店ばかりを
何度も食べに行くという習性があって、あまり新規で店を開拓する
ということが少ないせいもありますが、ここのつけ麺は看板メニュー
でもあり、私のように定期的に食べに行く、という常連のお客も
多いような気がします。

夏場など券売機で迷わずつけ麺大盛りを注文している常連らしき
お客さんをよく見かけますが、私もその一人なのです。

というわけで、これからの時期は丸木屋のつけ麺はかなりおススメです。

2015年5月22日 (金)

軽井沢、とんかつ侘助の”極”ロースかつ

Dsc_2587
というわけで、かなり唐突ですが先日軽井沢のとんかつや
「侘助」さんに行ってきたのでそのレポートをします。
このお店はもう数回ほど行っているのですが、
何回食べても極め付けに美味しいとんかつを出してくれるので
私のお気に入りのお店なのです。

Dsc_2589
今回はこちらのメニューのトップになっている
看板メニュー、特選”極”ロースかつを食べてきました。
最初は空腹だったためロースかつ大を注文しようとしたのですが、
100円しか違わないので”極”が今日はおススメですよ、
とお店の方から言われたため(昼食に2000円は躊躇しましたが)、
思い切って注文してみました。

Dsc_2591
そうして待つこと15分ほど、カウンター越しに出されたのが
こちらの特選”極”ロースです。
画像ではいまいち伝わらないような気がしますが、
そこそこボリュームもあり、なおかつ薄めに付けられ
こんがり色になった衣が物凄く食欲をそそります。
塩とソースと両方で食べてみましたが、
どちらの味で食べても異次元の美味しさでかなり驚きました。
ここのとんかつは普通のランチメニューのものでも
かなりの美味しさで他を圧倒するのですが、
こちらの”極”はやはり”極み”というだけはある肉質でした。
そこそこ厚みもあるのにとても柔らかく、うま味が満載の
肉汁がたっぷりで、とにかく普通のとんかつとはまったく
別の食べ物、という感覚でした。

いったいどうすれば豚肉をここまで美味しくとんかつにできるのか、
私には想像もつきませんが、きっとこのお店の仕込みや調理方法は
何かしらの秘術をもって行われているのでしょう。
そうでなければこの美味しさはありえません。

軽井沢に別荘でも持っているようなお金持ちセレブな方々から
すればこの味でこのお値段は格安ともいえる金額なのではないでしょうか。
お金に余裕があれば、私ならこの”極”ロースになら5000円
出しても惜しくはありません。
まあ実際は私は貧乏なので、この味のロースかつが2000円で
食べられるならかなりラッキーという感じです。

Dsc_2590_2
私はここに来るといつもロースかつ定食ばかり食べてしまうのですが、
他にも美味しそうな食べてみたいメニューはいくつもあります。
が、軽井沢まで食べに行くのは中々大変なので普段は行けないのが
残念でなりません。
ここのメニュー全部食べてみたくなるくらいとんかつが美味しいのです。
カツどんなんかもきっとここなら異次元の美味しさのものが
食べられるような気がしていますが、せっかく来たらやはりロースかつ、
というふうに考えてしまうので中々他のものを食べてみる機会が
ないので困ってしまいます。

というわけで今日は久しぶりに軽井沢「侘助」さんのとんかつの
ネタで更新してみました。
カウンターにテーブル席が三つくらいあるだけの小さなお店
ですが、とにかく一度食べてみて損は無い強烈に美味しい
とんかつなので、軽井沢に行くことがあれば是非行ってみるといいでしょう。
出来れば私は毎週行きたい(笑)

2015年5月21日 (木)

ばくおん!!第6巻 [Kindle版]

普段はヤマハのDS4とR25に乗っているヤマ派な私ですが、
マンガにおいてはカワサキをこよなく愛しております。
それというのもこういう圧倒的存在感を放つキャラクターが
いるからなのです。

Screenshot_20150521214733
この異彩を放ついでたち、一言も喋らないのにバイク部の元部長
という正体不明の素性、そしてカワサキのリッターバイクを手足のように
扱う超絶ライディングテクニック、あまりにもキャラが立ちすぎた
その造形に私は完膚なきまでにやられてしまったのです。

どうやらあまりの人気ぶりについにアニメ化などされるようですが、
声を発しないライム、いや来夢先輩がアニメでどう表現されるのか
私は今から心配と不安と期待で居ても立ってもたまりません。

単行本もついに第6巻、そして待望の来夢先輩の表紙ということもあり、
とうとう私もブログで取り上げてしまいました。
いい年したおやじ世代の私がこのようなマンガを読んでいる
などとご近所にはちょっと知られたくないのですが、
恐らく私の隣近所の皆さんは私がブログをやっていることなど
露ほども知らないはずなので多分大丈夫でしょう。

まあ要するに私はカワサキのバイクには乗っていないにも
関わらず、来夢先輩というキャラクターの造形美が物凄く
好きだという事なのです。

というわけで皆さん!
来夢先輩が表紙のばくおん6巻は必ず買いましょう!

2015年5月20日 (水)

R25慣らしツーリング中に撮った変なもの画像。その4

それでは今日もネタ枯渇につき、変なもの画像です。
どうも慢性的な疲労のため脳が収縮しているようです…。

体力に自信が無い私ですが、土日にR25の慣らしに気張りすぎて
ひたすら乗りまくっていたのが祟ったようです。
やはり適度に休息しながらバイクを楽しまねばいけませんね。

Cimg0371
女神湖に生えていた水芭蕉です。
あちこちにひょっこり地面から顔を出していました。

Cimg0329
同じく女神湖の座禅草です。
こんなの生まれて初めて見ました。

Dsc_2588
軽井沢の某飲食店のお手洗いに飾ってあったタペストリーです。
何やら怪しげな文様です。
インカ帝国かアステカ文明の雰囲気がします。
まさに古代南米。

Dsc_2658
某蕎麦屋の付近に自生していたたらの目の木。
明らかに育ちすぎていて収穫されなかったようです。
天ぷらにして食べたかった…。
たらの目の天ぷらは和食の帝王だと個人的に思います。

というわけで、意味不明度がさらに増してしまったような気がしますが、
今日の更新は意味不明なまま終わります。

2015年5月19日 (火)

R25慣らしツーリング中に撮った変なもの画像。その3

今日はネタが思いつかないのでまたしてもR25慣らし中に
撮った画像シリーズです。

Cimg0246
美穂ヶ池市民緑地の猫さん。
若干警戒気味でこちらを訝しんでいます。

Cimg0249
私がカメラを構えてシャッターを切りまくっていると、
明らかに怪しいものを見る目つきになってしまいました。

Cimg0262_2
そして近づきすぎたせいか、そそくさと去っていってしまいました。
でも坂を登る猫さんのお尻が撮れたのでよしとします。

Cimg0359
女神湖のカモさんです。
つがいでしょうか?
かなりズームして撮ったので若干画質が悪いです。
この日は晴天だったのに、カモはこの二羽しかいませんでした。

Cimg0431
箱畳池にいた小さい魚の群れ。
なんという魚なのかはさっぱりわかりませんが、
数センチの小魚が無数に泳いでいました。
水面に浮かぶ花びらも相まって、まさに「春」といった雰囲気です。

というわけで今日もネタ不足により意味不明画像集でした。

2015年5月18日 (月)

拉麺酒房熊人のつけ麺三種盛り。

今日は先日食べに行った地元のラーメン屋「熊人」さんの
つけ麺三種盛りをご紹介します。
このお店はガイドブックにも載るような有名店なのですが、
とりあえず確実に美味しいので一度は行ってみる価値はある
と思います。
醤油と鰹節ベースの和風なラーメンが堪能できます。
が、この日はかなり空腹で気温が高めだったのでつけ麺にしました。

Dsc_2633
箸袋もなんとなく良い雰囲気です。

Dsc_2632
突き出しの炒った小麦です。
塩味が付いています。
香ばしくてとても美味しい。
ラーメンが出てくるまでの間に食べながら待ちます。

Dsc_2643
出ました三種盛り、かなりのボリュームです。
体調が良い日じゃないと完食できないかもしれませんが、
この日は空腹で全部美味しく頂きました。
焼き豚もプラスでトッピングを頼みました。
ここの焼き豚は燻製になっていて、物凄く美味しいので絶対
食べてみるべきです。
香ばしく味付けされた肉と甘みのある脂身が最高です。

Dsc_2644
薬味のネギと生姜もいいです。
とくに刻み生姜をつけ汁に入れると風味が増してすごくいいです。
割りスープも最初から出してくれるのも嬉しい配慮です。
味が薄くなってしまった時のために醤油ダレも一緒に出してくれます。

Dsc_2639
というわけでつけ麺三種盛り、一度は食べてみるといいでしょう。
ちょっと高いですが美味しいしお腹一杯になるし損はありません。

Dsc_2646
長野県産の小麦粉で作った麺は最高に美味しいです。
ワケのわからない輸入小麦とはワケが違います。

Dsc_2648
醤油も県内産です。
さすがに鰹節や出し昆布は違うでしょうが、
日本の伝統食材をたっぷり使ったラーメンは癒し系の味わいです。

というわけで、ツーリングの際に立ち寄ってみるのも
かなりおススメなラーメン屋「熊人」さんのつけ麺ネタでした。
ここは車かバイクじゃないと行けない立地な上に、
駐車場が若干狭いので注意しましょう。

2015年5月17日 (日)

「YZF-R25 ABS」慣らし運転764キロまで走りました。

今日は日曜日で天気は快晴、絶好のバイク日和となりました。
きっと観光地や峠はどこもバイクばっかりだったのではないでしょうか。

というわけで、私も今日はとにかく慣らし運転のため距離を
稼ごうと必死で走り続けたのです。

で、たどり着いた先が清里高原でした。
Dsc_2734
生まれて初めてこんなとこ来ましたが、
いまでも駅前はそれなりに観光地っぽい雰囲気でしたが、
軽井沢等と比べるともうあまりに寂れてしまっていて
人通りの少ない街並みが物寂しさを醸しだしておりました。

Dsc_2737
これ5月の日曜日の駅前の風景(今日、5月17日です)ですが、
快晴にも関わらず人通りが異常に少なくて驚きます。
むかーしは日曜日の清里なんて人がごった返していて凄かった
らしいですが、今ではそんな面影は微塵もありませんでした。

Dsc_2727
それにしても私はなぜ慣らし運転でこんなところへ
行ってしまったのでしょうか。
自分でもよくわかりませんが、きっと盆地は天気が良すぎて
暑かったからでしょう。
こういう高原で爽やかな光景の中を走りたくなって気がついたら
清里でも行ってみるか、という無意識の行動になったんだと思います。

Dsc_2739
というわけで土日二日間で500キロという目標には遠く及びませんでしたが、
今日だけでほぼ200キロ走ってこれたのでメーターは
764キロになりました。

ここまで走った感想としてはやはりR25はとても乗りやすく
そこそこ早いし軽量で軽快な走りが楽しめる良いバイクだと思います。
今月中には初回点検とオイル交換は済ませる予定ですが、
もう760キロ乗れば早めにやってしまってもいいかもしれません。
次の日曜日にでもショップに行ってみようかと思います。

本日のおまけ。
Dsc_2730
清里駅に隣接されたSLです。
確か小諸の懐古園にもありましたね。
なんで長野の観光地にはSLが置いてあるんでしょう??

2015年5月16日 (土)

あごばんらーめん@上田市丸子

というわけで今日は午後から雨が上がったのでR25の慣らしを
必死にやることにしました。
今日は目的地を定めず渋滞を避けながら距離を稼ごうと当て所も無く
乗り回していたのですが、
とりあえず腹ごしらえをしようとつけ麺を食べに行く事にしました。

Dsc_2591
ここは以前も行った事があったのですが、あまりに美味しいので
また行ってみました。

Dsc_2712
あごだしというトビウオで取った出汁のスープが濃厚で激ウマだった
ので今日もどうしても食べたくなってしまいました。
これはつけ麺ですが、ラーメンも美味しそうでした。

Dsc_2710
県内産の小麦粉で作った細めんが濃厚スープによく合います。
チャーシューは事前に炙ってあり、熱々で香ばしさとうま味が
凄いです。
冷たいチャーシューが乗っているだけの店とは一味違います。

Dsc_2711
つけダレですが、濃厚でアゴだしの風味がすごくあります。
私は40すぎてからは濃厚系ラーメンは苦手になってしまいましたが、
ここのスープは例外で物凄く美味しく頂けました。
麺は中盛300グラムにしてもらいましたが美味しくてあっという間に
完食してしまいましたが、おかげでその後のツーリングが
お腹一杯になりすぎてちょっと苦しかったのは言うまでもありません。
仕方ないので道の駅のベンチで少し仮眠を取りましたが、
雨上がりの陽気の中で昼寝するのは最高でした(笑)

というわけで、明日もできるだけ距離を稼いでR25の慣らしを
早めに終わらせたいので今日はこの辺で。

2015年5月15日 (金)

BAL 大橋産業 ツインシリンダー 1920 エアポンプでバイクのタイヤにエア充填。

唐突に始まりますが、バイクのエアの充填に使える優れもの
ポンプを買ったのでブログネタにしようと思います。
これはドラッグスター400のタイヤの空気が抜けてきて
ガソリンスタンドで入れるのが物凄く面倒くさいので買いました。
2000円台という異常に安いポンプなのでもしかしたら安物買いの
銭失いかな~と危惧しつつ購入してみたのですが、
実際に使ってみたら普通に使えるしかなり便利だったのでおススメします。

Dsc_2383
ポンプといってもこういう足踏み式のエアポンプです。
手押し式のポンプよりは楽に空気が入れられそうです。

Dsc_2384
自転車とか小型車にも使えるようです。
私の通勤用の軽にもいずれ使ってみようと思います。

Dsc_2380
こんな感じのペダルポンプですが、見た目はかなり安っぽさ満タンの
チープ感漂う代物です。
画像だとそれなりに見えるかもしれませんが、
2000円台という価格相応です。
ま、この価格なら数年使って壊れたら買い換えてもいいのかもしれません。

Dsc_2381
一応ツインシリンダーなのでエアの流入量はそこそこあるようです。

Dsc_2382
どこまで正確なのかわかりませんが、一応ゲージも付いているため
これ一台あればたいていのバイクのエアは入れられそうです。
別にゲージを買わなくてもいいのでこれは助かりますが、
正確なエア量を入れたい方はミシュランゲージ等を買ったほうが
いいかもしれません。

Dsc_2386
こんな感じでエアチャックをバルブに挿して固定できます。
が、チャック部分はプラスチックなので耐久性は低いでしょう。
価格が安いのでそこはもうあらかじめ納得しておくしかありません。
が、入れてみたら普通に使えたのでまあよしとしましょう。
私は軽とバイク二台持ちなのでこういうポンプがあるとかなり
助かります。
職場にコンプレッサーあるので乗って行って入れてもいいんですが、
休日に会社に行くのは気分的に嫌なので嫌なのです(笑)

Dsc_2385
サッカーボール等にエアを入れるためのアダプターも一応付いてます。
が、おまけ程度の作りなので(なんとなくメイドインチ○○ナ的雰囲気です)
おまけ程度のものと考えたほうがいいでしょう。
ただこのポンプは安物のわりにはホースが長めに付いているので
実際にエアを入れるのは比較的やりやすいと思いました。
2000円程度で自宅でエアを入れられるのはバイクに乗る機会が増える
これからの時期にはかなり重宝しますし、
タイヤのエア量は適正値にしておかないと乗り心地に非常に
大きく影響しますので、月に一度はエア量を計っていたほうが
いいと思います。
バイクは車とは比較にならない位タイヤの空気圧が乗り心地を
変えてしまいますし、タイヤの寿命にも大きく影響します。
なんてことはバイクに乗っている人なら誰でも知っている常識でしょう。

というわけで、今日は久しぶりにまじめなバイクグッズの紹介を
やってみました。
高級な電動コンプレッサーを買えない私のような貧乏な方には是非
おススメする代物ですが、耐久性が高くない事を前提としてお買い求め
頂いたほうがいいかと思われます(笑)


2015年5月14日 (木)

メスティンでシャケ飯&アスパラとホタテのバター炒め。

今日は仕事で猛烈に疲れていてネタが思いつかないので
先日やったメスティン&ストームクッカーで作った昼飯を
ネタにしようと思います。

Dsc_2660
メスティンで作ったシャケ缶の炊き込みご飯です。
ほぐしたシャケの身と麺つゆを混ぜて炊いただけの簡単メニューですが、
シャケ缶からけっこううま味や香りが出て意外に美味しく出来上がります。
サンマ飯とはまた違った味わいが楽しめます。
小学生でも作れるような超お手軽なわりに美味しいのでおススメ。

Dsc_2661
ストームクッカーのフライパンでアスパラとベビーホタテをバターと
塩コショウで軽く炒めただけの簡単おかずです。
それをメスティンのふたをお皿代わりにしてみました。
これで洗い物も最小限で済みます。
アスパラとホタテとバターの三重奏が口の中で壮烈な
シンフォニーを奏でて素晴らしい美味しさです。
某彦麻呂みたいに意味不明なコメントを出してみました。

というわけで今日はどうしようもないオヤジギャグみたいなのしか
浮かんできそうにないのでもう終わりにします。
とりあえず、週末の土日はなんとしてでも晴れてもらってR25の
慣らしを進行させたいと思います。
目標は二日間で500キロです!
が、衰えた私の肉体と腰と肩ではいささか覚束ない体力なのですが
なんとか頑張りたいと思います。

2015年5月13日 (水)

丸山珈琲小諸店のブレンド。

先日のR25の慣らしの途中で寒さに耐えかねて立ち寄った
丸山珈琲の小諸店で飲んだブレンドがとても美味しかったので
ご紹介します。

Dsc_27010101
お代り分も含めて約2杯分がこういう入れ物で提供されます。
なんだか雰囲気があってとてもいいです。
ただし、ブレンド1杯で税込み596円、お財布に厳しい金額です。
メニューを見ると1杯800円とかいう田舎では有り得ない
金額のコーヒーも各種用意されており、
私は今自分が都心のルノアールにでもいるんじゃないか??
という錯覚に陥るほどでした。
コーヒーの味も店内の雰囲気も満点でしたが、
ちょっと長野のような田舎地方都市では驚きを隠せない金額です。
でもまあ落ち着いた雰囲気で体を休めたり読書したりするには
良い環境を提供してくれるので、
ショバ代込みと考えれば騒がしいマクドナルドの店内で
100円コーヒーを飲むより10倍お得感があるでしょう。

Dsc_2702
私は個人的にはやはり濃厚なコクと苦味を味わえるスタバも好き
なのですが、今回初めて飲んだ丸山珈琲のブレンドも
スタバとは違った濃厚な味わいでとても美味しく頂きました。
バイクの運転で風に当たって冷えた体に染み渡る味わいです。
ちなみにこの日は台風が来る直前で一日ずっと風が強めの日で、
一日バイクにばかり乗っていたら体が冷えたらしく体調を崩しました(笑)

というわけで、軽井沢や立科方面をバイクで走ったら途中に
丸山珈琲に寄って美味しいコーヒーで一休みするのもおススメです。
ちなみに店内は完全禁煙なのでタバコは吸えませんよ。
コーヒーのみ味わいましょう。

2015年5月12日 (火)

SOTOスライドガストーチ(ST-480)で丸木屋のチャーシューを炙る。

今日はバイクもブーツもまったく関係ないネタではありますが、
こんなものでこんなものを炙って食べると美味しいのでご紹介します。

Dsc_2332
真田一族関連で沸き立つ上田市の有名人気ラーメン店「丸木屋」さん
ではラーメン以外にもこのチャーシュー丼も大人気です。

Dsc_2333
こんなパックに入れて、ブロックチャーシューを1本丸ごと
お土産用でも販売してくれます。

Dsc_2334
これを今回はメスティンで炊いた熱々ご飯に乗っけてそれを
ガストーチで炙って食べてみたら自宅でもチャーシュー丼が
食べられていいんじゃないか、という魂胆なのです。

Dsc_2335
こんなこんがり炙ってタレに漬け込んで味が染みまくった
素晴らしい出来栄えのチャーシュー一本物です。

Dsc_2336
ここのチャーシューは脂身が美味しいんです。
臭みなんかまったく無くてトロトロの超旨いチャーシューです。
といっても単なる煮豚ではなくてしっかり炙ってから煮てあるので
しっかり歯ごたえも食べ応えもあるんです。

Dsc_2346
これをこうしてスライスしてからメスティンご飯に乗っけます。
すでにこの時点でも美味しさは充分なのですが。

Dsc_2347
これをストームクッカーのアルコールバーナー等を着火する
のに使用しているSOTOのスライドガストーチでさらに炙ってから
食べるという贅沢極まりないやり方で食べてみようという
贅沢極まりない計画を実施しました。

結果は大成功、炙りチャーシュー丼が家庭でも大盛りで
食べる事ができました。
まあこれは丸木屋さんのプロが作ったチャーシューがあってこその
一品ではありますが、ラーメンを食べに行った時にお土産で
チャーシューを買って帰ってさらに自宅でもチャーシュー丼が
思い切り食べられるのでおススメです。
キャンプ等に行ったときにもチャーシューと無洗米を持っていけば
野外でも簡単メニューとして食べられていいかもしれません。

真田丸で話題沸騰の上田市に観光に来て(ツーリングもいいかも)
人気のラーメン店で美味しいラーメンを食べ、お土産チャーシューを
買って帰ってキャンプに持っていってアウトドアメニューとして
メスティンチャーシュー丼を食べる、
これが完璧な楽しみ方ではありませんか!

2015年5月11日 (月)

信州蕎麦の草笛上田店で天ざる蕎麦を食べる。

一昨日の土曜日はイマイチな天候でいまにも雨が降り出しそうな
空模様だたためR25の慣らしは遠出を諦め、いつでも速攻帰宅
できるように近所ばかりを走り回っていたのですが、
途中でどうしてもまた天ぷらが食べたくなり急遽上田の有名蕎麦屋
の草笛上田店に行ってみました。
案の定混んでいましたが、天候のせいか外に行列が出来る
ほどではなかったためすぐに店内に入ることが出来ました。

Dsc_2696
こないだも別な店で天ざるを食べたばかりですが、
やはり定番の草笛でお腹一杯天ざるを食べたくなったのです。
ここは量が多いことで有名で観光ガイドにも大きく掲載されている
有名店ですが、味には妥協が無く地元民にも愛されている
優良店なのです。
むしろ私みたいな地元民はいつも観光客で混雑していて
食べに行っても駐車場が満杯で入れなかったりすることが
多々あるので、観光客にはあまり来ないで欲しいくらいです(笑)

Dsc_2694
こちらが野菜天ざるです。
こないだ行った「倉の」ほどではありませんが、なかなかに
美味しい天ぷらが食べられます。

Dsc_2695
そして草笛名物の並盛なのに大盛りの蕎麦です。
ここの並みは普通の店の大盛りはあります。
そして中盛が超大盛り、大盛りがスーパー超大盛りくらいはあります。
ぶちゃけ常人は中盛までにしておいたほうが無難です。
草笛で大盛りを頼むと、普通の人はまず完食できないでしょう。
私も体調のいいときしか中盛は食べませんし、
大盛りなど一度も頼んだ事はありません。
とはいってもただ量が多いというだけではなく、
草笛は味もしっかり美味しいのが超人気店となった理由でしょう。

県内産のそば粉を店内で手打ちされた正真正銘の手打ち蕎麦です。
ほのかに甘みのある蕎麦と濃厚なそばつゆの相性がとても良く、
もう私は100回以上は食べに行っていますが一向に飽きません。

とても美味しくてちゃんとお腹も一杯になる蕎麦屋は最高です。
というわけで、一度は食べに行って見ることをおススメしつつも
あまり混み過ぎてしまうのも嫌なので複雑ですが、
草笛上田店はやはりおススメの蕎麦屋なのです。

ツーリングで立ち寄ってみるのもいいと思いますが、
駐車場があまり広くないので注意しましょう。

2015年5月10日 (日)

「YZF-R25 ABS」初回点検無料チケット届きました。

先日ヤマハからこんな大きな封筒がいきなり届きました。
Dsc_2697
そういえば以前ドラッグスター400を買ったときも届いたような気が…
もうすっかり忘れていましたが、
購入店で初回点検いつでもいらっしゃい、と言われていたんでした。
でもこれ点検が無料になるってだけで、部品代が無料になるわけでは
ないんですよね。
オイルやエレメント代はきっちり請求されます。
初回くらいはオイル代くらいおまけしてくれたらいいのにと思いますが(笑)

Dsc_2699
こんな文面も入ってました。
まあ新車で購入した証ってとこですかね。

Dsc_2698
そしてこのような大きな台紙が入っており、

Dsc_2700
ちゃんと車台番号入りのチケットが下部に付いておりました。
点検無料なだけで部品代は実費負担なわりには、
所有者確認がきっちりなされているチケットになっていますね。

昨日と今日、なんとか慣らしを終わらせようと頑張りましたが
日常の雑務等、こなさねばならぬ用事もあり、
結局まだトータル430キロほどしか走れておりません。
まあ、R25の場合は慣らしでも8400回転までは回してもOKなそうで、
下道を普通に走るにはそこまで回す事もほとんど無いので
要するに普通に走っていてもOK,ということのようです。
高速に乗ってレブリミットまで回したりさえしなければいいということのようです。

ただこのチケットは50日以内という日数制限があるので
いずれにしろ早めに初回点検は受けておかねばなりません。
オイル交換という目的以外にも、メーカーによる新車保証を
有効にするためにも初回点検だけは絶対こなしてメンテナンスノート
への実施店の記載がなければいけないようです。
というわけで、私も5月末くらいまでには初回点検を受けてこようと
思っていますが、それまでに1000キロ走れるかどうか、
正直いって休日と天候と体力のすべてが整わないと難しそうな
感じなのでとにかく何キロ走ろうと50日以内には点検を済ませて
しまおうと思っております。

今年こそは週末の悪天候を少なめにして欲しいものです。
お天道様宜しくお願いします。

2015年5月 9日 (土)

R25慣らしツーリング中に撮った変なもの画像。その2

昨日は歓喜の余りいささか冷静さを欠いた更新となって
しまいましたので、今日は気を取り直してツーリング中に見かけた
変なもの画像の続きを掲載します。

Cimg0380
まずは女神湖のほとりに自生していたふきのとう。
まさに春全開の画像となっています。
天ぷら、もしくはふき味噌で美味しく頂きたくなります。

Cimg0394
丸子八景の箱畳池にある謎のおキツネ様。
なぜこんな木をくりぬいて設置されているのかは不明です。
夜中に見たらちょっと怖いかもしれませんが、
きっと霊験あらたかなのでしょう。

Cimg0428
同じく箱畳池の謎の魚影。
かなり大きな魚の群れです。
ときおりバシャッと跳ねる音が聞こえていました。
コイか、ブラックバスか、なんなのかわかりませんが
70~80センチくらいはありそうな大きさでした。
ルアー竿を持ったバス釣りの人を幾人も見かけたので
きっとバスなのでしょうか。

Dsc_2653
最後は上田市の八木沢にある蕎麦屋「倉の」にある
色紙と生け花です。
ここでは地元産のそば粉100%の美味しい蕎麦が食べられます。
先日こちらで天ざる蕎麦を食べましたが本当に美味しかったです。
蕎麦も良かったですが、天ぷらの盛り合わせがもう絶品でした。

Dsc_2656
こちらがその天ぷら。
感動するほど美味しかったのでまた食べにいきます。

というわけで、かなり脈絡の無い画像の羅列となってしまいましたが
こういう和み系画像も眺めていると気分が落ち着くので時々
載せていこうと思います。

それにしても今日は花粉が酷い…


2015年5月 8日 (金)

江頭2:50のピーピーピーするぞ!第194回配信開始!

私は自分自身の中に激しく狂おしく渦巻く江頭2:50先生への信仰心を
「狂信的江頭主義」と名付け、日々その狂信性の度合いを
深めることによって自分の存在意義 を再確認しています。
私の存在意義は江頭2:50先生を絶対神聖視することによってのみ
成り立っているのです。
なぜなら先生は我々信者にとって「神」そのものだからです。
ただただ盲目的に深まりゆく帰依の念と忠誠心こそが我々信者の
喜びであり、我々の真の目的となるのです。
我々の目指すべき到達点は絶対的な盲信と狂信です。
一切の妥協も譲歩も猶予も許されない狂的な信仰こそが
唯一絶対的な価値を持ち、我々はその境地に達することを
夢見ながら生きているのです。

そして今日、我々が待ち望む先生の最新教義が配信開始と
なり、我々信者一同は狂喜に乱舞しつつ刮目しています。

Dsc_26887e01
我々の「神」は今年も栄えある第一位の栄冠に輝きました。
この快挙に我々も心より拍手喝采する次第であります。

「現人神」江頭2:50先生万歳!万歳!
万歳!

2015年5月 7日 (木)

R25慣らしツーリング中に撮った変なもの画像。

今日は連休明けの反動で仕事が異常な激務で参ってしまいました。
というわけで、今日はR25の慣らし中に各地で撮影した変なオブジェ
の画像を載せておきます。
私は出かけた先で変なものを見つけるとコッソリ撮影するのを
趣味としており、いくつか今回も撮り貯めたので公開します。

Dsc_2673
女神湖そばのレストランにあった謎の植物。
色が鮮やかです。

Dsc_2642effects
某有名ラーメン店のお手洗いにあった金玉三連星。
ジェットストリームアタッポです。

Dsc_2674
これも女神湖そばのレストランの謎植物。
これは花なのでしょうか?

Dsc_2645
酒瓶抱えたクマです。
普通はシャケのはず…。
これも某有名ラーメン店の玄関先にあります。

Cimg0401
丸子町の八景の一つ、箱畳池にある石碑のオブジェ。
ハトです。
よく意味がわかりません…。

というわけで、今日はツーリングの楽しみの一つでもある
オブジェ撮影画像での更新でした。
行った先でこういうおもしろいものを撮影してこれるのも
バイクのいいところです。

2015年5月 6日 (水)

「YZF-R25 ABS」慣らしも兼ねて、ビーナスラインから嬬恋パノラマラインへ。

それでは昨日の続きです。
ビーナスラインから女神湖方面に行って昼食をとったあと、
まだ時間があったので立科を抜けて嬬恋パノラマラインへも
行ってみようと思いました。

Cimg0448
女神湖から長門牧場を過ぎ、立科町へと降りてくると田んぼの中に
幟がいくつも見えてきました。
何かのお祭りでしょうか。

Cimg0449
その並びにはかなりたくさんの鯉のぼりが横並びに見えてきました。
かなり壮観な眺めです。

Dsc_2680
その後は真田町へと上っていき、菅平方面から分岐して
長野原方面へと峠道を登っていって嬬恋へと抜けました。
嬬恋村は高原野菜が名産で夏場は一面キャベツ畑になります。
今はまだ時期が早いので畑には何もありませんが、
夏場のキャベツだらけになった畑は一見の価値ありです。
北海道かアメリカの大農場にでも行ったかのような壮大な景色が見られます。

Dsc_2682
耕された畑ですが、大型の耕運機でやるのでしょう。
夏場は収穫された高原野菜を運ぶ大型トレーラーが何台も
走っていきます。

Dsc_2683
ここは畑と道路しかなくて、コンビニ1件すら無いので
ちょっと不便ですが、バイクで走り抜けるには最高に気持ちのいい
ルートです。
ただし、夏場は農業をされている方たちの邪魔にならないように
気を配りましょう。

Dsc_2678_2
嬬恋パノラマラインは南北のルートがありますが、私はいつも
北ルートを抜けた後このバラギ湖で休憩してから引き返します。
ここも釣りとかキャンプ場以外は何もありませんが、
景色がいいのでいつも立ち寄ります。
本来はバラギ湖によったら草津まで行って温泉に浸かるのが
正しいツーリングなのでしょうが、そこまで時間的余裕がなかった
ので今回はバラギ湖が終点です。

というわけで、連休中は慣らしで1000キロ走る計画を立てていたのですが
中日に一日天候不順で距離が稼げず、結局300キロちょっとしか
走る事が出来ませんでした。
(本日6日は仕事でした)
これではまだ全然R25を乗りこなしていないので、
今週の土日にもう300キロは走ってみたいと考えていますが、
それもやはり天候次第なので今から晴天を祈願する次第です。

2015年5月 5日 (火)

「YZF-R25 ABS」慣らしも兼ねて、ビーナスラインへ。

とうわけで、昨日の曇天のち雨という最悪の連休中日と打って変わって
今日は本当に良く晴れてくれました。
ちょっと肌寒かったのですが、これだけ晴れてくれればもう言う事は
何もありません。
早速R25にガソリン満タン給油して白樺湖~ビーナスラインへと向かいました。

Dsc_2664
聞いてはいましたが、やはりまだ5月のビーナスラインは若干ですが
積雪が残っておりました。
パワーエイジのゴアテックスジャケットを着ていって正解でした。
正直まだ寒いです。
グローブもメッシュとかでは手がかじかんでしまうでしょう。
でも真っ青なスカイブルーを見ながら走っていると爽快さで
寒さも我慢できてしまうのでした。

Dsc_2665
本当に今日は良く晴れていて風景が綺麗でしたね。
車やバイクもかなりたくさん来ていて混雑していましたが、
今日のビーナスはとにかく最高の天気でした。

Dsc_2666
休憩がてらR25を撮影しておきました。
まだ慣らしが終わっていないので6000回転弱しか回しませんでしたが、
それなりにスポーティーなサウンドを聞かせてくれて楽しくなる
バイクです。
ドラッグスター400よりも軽くて馬力があるのでビーナスラインみたいな
ところでは運転が楽でした。
ただし、私はDS4に慣れてしまっているためこういう前傾姿勢での
バイクにはまだ不慣れで腕や手が若干しびれてきました。
乗車姿勢がまったく違うのでもう少し慣れが必要なようです。

Dsc_266801
ちなみに、身長176センチの私は両足がべったり付く上に
膝がすこし曲がる位のシート高です。
足が完全に地面に付くので取り回しもとにかく楽です。
車体が軽量で足が付くバイクというモノがこれほど楽だとは
思いもよりませんでした。
クルーザーの中ではかなり軽量なDS4でも、こういう250フルカウルの
バイクと比較したらやはりかなり重たいということが実感できます。
お金も気合も腕力も薄弱な私でもR25なら楽に取り回しができますので、
セカンドバイクとしては最高なR25なのです。

Dsc_2669
雪が残っているビーナスラインですが、もう少しだけ野草が花を咲かせて
いましたので撮影しておきました。
高山植物が咲き誇る季節になったらビーナスはもっと楽しく走れる
と思うので、今年はまた何度も行くつもりです。
ビーナスは去年も何度も来ましたが飽きませんねえ。

Dsc_2670
こういう景色を眺めながらバイクを走らせていると日常の些細な
悩みなどどうでもよくなりますが、
悩みが消滅するわけではないのでいずれ休みが終われば現実に
戻らねばならないので「今」を楽しむのが肝要です。

Dsc_2671
というわけで慣らしツーリング@ビーナスラインでした。
R25はアクセルを開ければそれなりに早い上に足回りがよく
できているためかとにかく安定感に優れていて不安を感じませんでした。
それでいてあまり上まで回さなかったせいかもしれませんが
リッター30キロ以上は軽く走る燃費だったので、
ツーリングにもいいバイクだと思います。
私の場合はまず前傾の乗車姿勢に慣れて腕や手の痺れを
解消せねばなりません(笑)

あ、それでもやはりお尻は若干痛くなったのでDS4にも装着した
ゲルザブRをネットで購入しました。
尻と腰は労わらねばなりません。

2015年5月 4日 (月)

「YZF-R25 ABS」オプション装備各種。

というわけで今日は取り付けたオプション品各種の紹介をします。
今日はせっかくのGW真っ最中でしたが、昼前から曇り空で
今にも雨が降り出しそうな天気で遠出できませんでした。
ので、綺麗な景色を背景にR25の写真を撮る計画が台無しになって
しまったので急遽変更し、オプション装備の画像でお茶を濁します。

Dsc_2611
昨日も画像を載せましたが、ワイズギア純正のリアキャリアです。
車体形状にぴったりマッチしたデザインでグラブバー代わりにも
なるのでけっこういいです。
サイドバッグのストラップや荷物ネットのフックをかけたりするにも
役立ちます。

Dsc_2619
ただしこのリアキャリアは上記の画像のように、カウルに穴あけ加工が
必要で、取り付けにはドリル等の工具も必要で難易度は高いです。
私はカウルの取り外し取り付け等も考慮して、ショップでやってもらいました。
あと、同時にETCも取り付けをお願いしました。
ミツバのETCがシート下の小さい収納スペースに入っています。

Dsc_2618
ETCのアンテナ受信部とインジケーターはシールドの内側に
付けてもらいました。
ここなら邪魔にならず安心です。

Dsc_2607
ハンドル側から見た図です。
ステムにはナビマウントを取り付ける予定なので、
ETC受信部がシールド下の奥のこの位置なら無問題ですね。

Dsc_2608
こちらもワイズギア純正のタンクパッドです。
中央部に「R」の文字があります。
両サイドはクリアで滑り止めの突起が無数にあってニーグリップ
しやすい形状だそうですが、
私は膝がこの位置にこないのであまりニーグリップには役立っていない
ような気がしました。
腰につけたキー等でタンクが傷つかないための物でしょうこれは。
ま、純正なのでサイズがピッタリ、という以外は大したことはありません。

Dsc_2612
こちらもワイズギア純正のサイドスライダーです。
これもカウルに穴あけ加工が必要で、素人には装着できそうも
ない代物でした。
万が一の立ちゴケ等には役立つかもしれませんが、
正直これも飾りというか実用性は低そうなパーツでしょう。
私も初心者ゆえに立ちゴケを心配してこれを付けましたが、
足つきのよさもあってそれほど必要性はなかったかなと
思い始めてきました。
ま、見た目的にはそこそこかっこいいのでまあ良しとします。

というわけで、まだ慣らしすら終わっていない状態ですが
オプション装備の紹介をしてみました。
どれも後付が面倒なものなので、付けたい人は買うときに
最初から取り付けを依頼してしまったほうが楽でいいと思います。
カウルの取り外しなんて面倒で考えただけで嫌になります(笑)

2015年5月 3日 (日)

「YZF-R25 ABS」にMOTOFIZZマルチフィットサイドバッグM(MFK-186)を装着。

今日はついに私もゴールデンウィークに突入し、
慣らしでR25を乗りまくる計画が始動したわけですが、
やはりもう初夏の陽気でリュックを背負って乗るのも暑苦しい
のでサイドバッグを装着しました。
DS4にも色々つけましたが、今回もモトフィズのサイドバッグです。

Dsc_2630
全体像はこんな感じで違和感なく納まりました。
大きすぎることもなく、車格にマッチしたサイズになって安心しました。
これで防風インナーやらワイヤーロックやらパンク修理剤やら
工具やら色々持っていないと気がすまない神経症的な私の
性質も落ち着きました。

Dsc_2621
リヤシートを外してベルトで固定するのですが、
私のR25にはこのようにあらかじめワイズギア純正のリアキャリア
をつけてもらってあるのでかなり装着は簡単でした。
このキャリアはかなり便利ですよ。
リアカウルに穴開け加工等が必要で装着はかなり難易度高
ですが、私は素直にショップでやってもらいました。
シート下のわずかな収納スペースにはETCの本体が入っています。

Dsc_2610
バッグを付ける前のリアキャリアはこんな感じです。
これならそれなりのサイズのリアケースやシートバッグも
取り付け可能だと思います。
フックも下部についているのでネット等での荷物の固定も
できそうです。
旅先でお土産とか買ってしまってもここにくくりつけて持って帰れそうです。

Dsc_2629
で、実際に取り付けるとこのようになります。
横開きなのでこの上にさらにシートバッグを付けることも
可能ですが、まだそこまで積載性が逼迫していないので
それはまたキャンプでも行く事になったら考えます。
乗り降りの邪魔にもならず、収納性もかなりあるので
これで通常のツーリング程度であれば充分荷物を積んで
出かけられます。

Dsc_2627
このようにリアウィンカーとの干渉もなく、ちょっと逆ハの字
になってしまったのが残念ですが、安定して固定できました。
後ろ側の白いストライプはリフレクターになていて夜間の視認性
向上にも役立っています。

Dsc_2628
あとはこれにプラスしてナビマウントをステム付近に取り付ける
予定です。
ナビはサイクルゴリラがあるので、DS4と兼用できます。
私は知らない土地に行くとナビが無いと不安で仕方なくなる
厄介な性質なのでナビは必須アイテムなのです。

というわけで、納車されたばかりですが早速サイドバッグを
取り付けて上手く納まったのでブログネタにしてみました。
R25に乗っている方の参考になれば幸いです。
私は明日も乗りまくる予定ですが、若干腰痛に不安が出ている
状態なのでちょっと困っております(泣)

2015年5月 2日 (土)

噂の三輪車バイク、トリシティ試乗。

というわけで、昨日ようやくR25が納車となり今日も
仕事が終わった後ですがまた近所を25キロほど走り回ってきた
わけですが、昨日ショップでオプション品を取り付けてもらっている
待ち時間の間に
「まだもう少しかかるからトリシティ試乗してみませんか?」
などと言われてしまったためちょっと乗らせてもらったので
そのレビューをしたいと思います。
まあレビューといっても私は素人の初心者なので専門的な
ことはまったくわかりませんが、悪しからず。

Dsc_2603
スクーターとしては中々の大柄なボディーでした。
たしか125CCだったと思いますが、明らかに50CCクラスの
原付バイクとは異質の乗車感です。
フロント回りがかなりボリュームある感じです。
前輪2個だから当たり前ですが、フロントカウルがかなり大きいのです。

Dsc_2605
フロント左右両輪にフェンダーが付いています。
三点支えなので安定感は抜群ですね。

Dsc_2606
待ち時間が暇だったので20分ほど近所を走り回ってきましたが、
加速感はほどほど、といった印象で街乗りでの使用であれば
不足感はほとんどありませんでした。
路面への接地感が非常に高く、地面に張り付きながら走行
しているかのような安定感があってすぐに60キロほどまで
加速してしまっても気づかないような感覚でした。
この感覚は普通のスクーターでは絶対味わえない不思議な
感覚だったように思います。
車体が路面に吸い付きながら走っているようでした。
コーナーで車体を傾けてもまったく不安定に感じることはなく、
スムーズに走っていくことができます。
やはり三輪車は凄いです(笑)

Dsc_2604
左右の車輪がリンクしていて同時に舵を切る上に、
サスペンションも働いていてうまーくショックを吸収している
感じでした。
ヤマハも面白いものを作りましたね。
自分で欲しいとまでは思いませんが、加速性と安定感の
両立という観点で言うと安全性はかなり高いと思うので、
日常からバイクで通勤したり移動の手段として乗る頻度が
高い人には向いているバイクなんじゃないかと思いました。
まあ、私は一回乗ればもういいや、という印象でしたけど。
やはりミッション車じゃないと面白くないです。

というわけで、ヤマハの三輪バイクトリシティに乗ってみた
感想でした。

2015年5月 1日 (金)

「YZF-R25 ABS」ついに納車!

というわけで、ようやく念願のR25が納車の運びとなりました。
今日の午前中は隣の市の総合病院で人間ドックを受診し、
午後からショップへ行ってバイクを受け取ってきました。
というか店から乗って帰ってきたんですけどね。
ただオプション各種の取り付けに時間がかかてしまっていて
実際にショップを出たのは5時過ぎとかだったので
今日の初乗りは25キロほど、近所をちょろっと走ってきた
だけなのですが、やはり乗りなれたDS4とは何もかも違っていて
最初は少し戸惑いました。
何より乗車姿勢があまりに異なっていてステップも想像以上に
バックステップ気味でシフトチェンジが慣れるまではぎこちなく
なってしまうはリヤブレーキのペダルが小さくて踏み込めないは
でちょっとびっくりしましたが、車体の軽さと安定感の両立した
絶妙のバランスには感動しました。
足つきがいいのもありますが、極低速で走っていても車体が
ぶれる事は一切無く、とても安定した姿勢を保つ事が容易でした。
重心が低く作られているんじゃないかと思いますが、
とにかく安定感が良くて初めての私でもほとんど何事も無く
走り出す事ができて本当に乗りやすいバイクだと思います。

Dsc_2614
黒ABS仕様のR25です。
オプションでサイドスライダーとタンクパッドとリアキャリアを装着しました。
あとリアシート下の収納にETCを付けてもらってあります。

Dsc_2615
このぎゅっと濃縮された感があるメカっぽさがたまりません。
興味ない人からすればオタク趣味全開なのかもしれませんが、
私は40過ぎてからこういうものに興味が沸きだしてもう止まりません(笑)

Dsc_2613
「ABS」と小さくステッカーが貼ってありますが、
どうやらABS有無の外観上の相違点はこのステッカー
だけなようです。
まあ、キャリパーにABSセンサーらしきものが付いているので
違いはあるのですが、そんなの並べて見てみなければわかりませんね。
私は今日はまだABSの作動具合などを確認する余裕はなかった
のですが、今度乗ってみたときに誰もいない所で急制動でも
テストしてみようかと思います。

Dsc_2616_2
リアキャリアを付けたのでオヤジ臭さ全開になるかと多少は
危惧していましたが、さすがワイズギア純正だけあってそれほど
違和感無く仕上がったように思います。
キャリア自体が黒く塗装されているのも功を奏したのかもしれません。
これがシルバーメッキのキャリアだったらかなり違和感丸出しで
おっさん仕様になったように思います。
まあ私自身おっさんそのものだからいいんですけどね。
しかしなぜかステップとステップガードだけが銀色のまま
なんですけど、あ、マフラーエンドもシルバーですね。
これはアクセント的な意味合いなんですかね。
キャストホイールのリムが赤なのもんまんとなくいいですね。
このキャリアにはモトフィズのサイドバッグを付ける予定なのですが、
けっこうツアラーっぽい雰囲気が出そうでいいかもしれません。
250は維持費が安く燃費もそこそこ良く乗りやすいので私のような
初心者オヤジライダーには最適なので今からあちこち行きまくりたい
と想像と妄想を膨らましていますが明日は残念ながら仕事なので
明後日から慣らしを兼ねてどこか行って見ようと思っています。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

ツイッター

ブログランキング

ブログ村

ブログランキングドットネット

フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログ村ランキング