« 雑誌fam Autumn Issue 2015の付録が面白い。 | トップページ | 雑誌fam Autumn Issue 2015の付録が面白い。その3 »

2015年9月 8日 (火)

雑誌fam Autumn Issue 2015の付録が面白い。その2

というわけで、昨日手に入れた雑誌の付録のミニ焚き火台
の続きです。

ちなみにこの雑誌、中身は親子ファミリーキャンプ向けのネタ
ばかりでソロキャンプオンリーの私にはあまり参考にならない
内容でしたので、ソロキャンパーの方は無理して買うこともないかもしれません。
まあ税込み880円で小型の焚き火台兼五徳を買ったと思えば
納得できるとは思います。

P_20150907_201931
付録を組み立ててみるとこんな感じの焚き火台になっていました。
側板4枚と底板、中板(ロストル)の6枚のステンレス板で構成されています。
組み立ても簡単で、組んでしまえばぐらつくこともなく
比較的しっかりした五徳になりそうです。
コロンビアとSOTOのロゴは4面すべてに入っています。
が、かなり小型でばらせば6枚の板になるので携帯性は抜群ですが、
中にはトランギアやエスビット等のアルコールストーブは入りません。
主に100均等の固形燃料での炊飯や湯沸しが使い道となりそうです。
炭を砕いて小さくすれば入りそうですが、
それでちまちま焼肉などやっても小さすぎて使いにくそうです。
あくまでも五徳としての使用がよさげでした。

P_20150907_201858
中板のロストルには一応空気穴がこんな感じで開いています。
なので炭を入れても小枝等を燃やしてもいけるとは思うのですが、
なにせ小さいのでおもちゃ感覚でしょう。
実際紙面での記事にも子供の焚き火練習用などにもいい、
との記載がありました。

P_20150907_201945
板の厚みはそこそこあって熱による変形等の心配は無さそうです。
中に入る炭や燃料の量も小型ゆえに少ないので
それほど大きな熱量にはならないと思います。
シェラカップなどでお湯を沸かしてコーヒーを煎れる、
なんて使い方なら便利そうです。

P_20150907_202002
底面です。
灰受けですが、小さくメイドインジャパンの刻印があります。
こういった所はSOTOのこだわりなのでしょうか。
アルミテーブルに置いたりして使うのが主でしょうが、
安定感も問題なく、固形燃料での湯沸しなどにはけっこう使えそうです。
100均の固形燃料とマッチかライターとコレ、
あとはシェラカップかシングルウォールの
チタンマグでもあればULコーヒーツーリングが出来るでしょう。
冬場のツーリングで煎れたての熱いコーヒーを現地で飲んだら
けっこう楽しいかもしれません。
コンビニコーヒーも最近は美味しいですが、
やっぱしこういうので自分でお湯沸かしたほうが気分が出ます。
公園のベンチなんかでも出来そうですね。
エスビットのポケットストーブでも充分事足りるのですが、
これはこれで持っていても損はないでしょう。
なんせ880円ですから。


« 雑誌fam Autumn Issue 2015の付録が面白い。 | トップページ | 雑誌fam Autumn Issue 2015の付録が面白い。その3 »

キャンプツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌fam Autumn Issue 2015の付録が面白い。その2:

« 雑誌fam Autumn Issue 2015の付録が面白い。 | トップページ | 雑誌fam Autumn Issue 2015の付録が面白い。その3 »

ツイッター

ブログランキング

ブログ村

ブログランキングドットネット

フォト
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ブログ村ランキング