映画・テレビ

2015年12月21日 (月)

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を見てきました。その2

昨日見てきた「スターウォーズ/フォースの覚醒」ですが、
今日になって冷静に思い返してみてもやはり面白かったです。
できればもう一回見に行きたいくらいです。
出来れば次は3DやらIMAXやらの最新技術を駆使した立体映像
で見てみたいです。
同じ映画をまた2000円払って見るのは気が引けますが(笑)

ということで、昨日は想定外の面白さに気が動転してしまったためか、
普段はあまり買わないパンフレットなどを購入してしまいました。

P_20151221_225457
入場時になんかこんな小さなチラシも配布されていました。

P_20151221_225542
かつてのシスの暗黒卿を髣髴とさせる暗黒面の戦士、
カイロレンが表紙のパンフレットです。
今回はダース何がし、ではなくてカイロレンです。
私はやはりフォースの暗黒面の使い手はダース何がしがいいと思うのですが…

P_20151221_225533
金箔みたいに輝くSWのロゴが入っています。
70年代から使われ続けるこの古臭いロゴデザイン、もう最高ですね。
何でもかんでも新しくすればいいというものではありません。
私のように40を過ぎて脳も思考も保守的になってくると、
こういった変わらない普遍的なデザインというものがとても好ましく感じられます。

P_20151221_225556
裏表紙には映画を見てきた当日の日付がなんと印刷されています。
初めて見た日が一生の記念になるというニクい演出です。

P_20151221_225511
というわけで、すっかり興行主の企みに踊らされ、
1000円もするパンフレットをうっかり購入してしまいました。
家に帰ってから冷静になると、1000円もするパンフって多分
斜め読みしただけで後はずっと読まないんだろうな、
とか思ってしまいますが、もう後の祭りなのです(笑)


2015年12月20日 (日)

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を見てきました。

というわけで、唐突ですが話題のこの映画を見てきました。
朝起きて気温を見たらマイナス7℃とかだったので、
バイクに乗ることは早々に諦めてしまったからです。

P_20151220_1229550101
正直に言うと、ルーカスフィルムがディズニーに買収されてしまった
後で作られたこの映画はあまり期待していませんでした。
ルーカスの脳内宇宙から離れてしまったスターウォーズなんて私には
意味が無いもののように思えてしまって仕方が無かったからです。
と私同様に感じていた人も多いのではないでしょうか。
幼少の頃親に連れられて最初の一作目をリアルタイムで見て、
それからもずっと公開と同時に見続けてきた
私のような世代には、SW=ルーカスでなければならないという
思い込みというか思い入れがずっと頭の中に残っているのです。

P_20151220_122252
なので、私はこの七作目もほとんど意識せず、
内容やニュースもほとんど今までチェックせずにいました。
事前知識もほとんどゼロのまま、ぶっつけ本番という感じで
見てきた感想を書いてみます。

P_20151220_130129
「面白かった!!!」

これがまったく期待もせずに見てきた私の個人的な感想です。

ルーカスがほとんど関与していないSWなんて、
きっと世界観が変わってしまっていてダメだろう、
とか勝手に考えていましたが、これがどっこいとても面白くて
2時間以上ある長い映画でしたがあっという間に見終わってしまいました。

内容や展開がエピソード4にわざと似せて作られていてオマージュというか
パクリなんじゃね?とも思える部分が多く、
新シリーズとしてのオリジナリティに欠けるような雰囲気も感じましたが、
過去6作を繰り返し何度も見てきた私のような世代には、
やはりもう新作は二度と見ることは出来ないだろうと諦めていた
SW世界がまた新たに見ることが出来た感動や、
懐かしいキャラが動く姿、かなり年を取ってしまったハンソロ、レイア、ルーク
がスクリーンに出てきたその衝撃と興奮で思わず涙ぐんでしまうことも何度もありました。
映画を見ていて涙ぐんでしまうなんていつ以来でしょうか。

私のような昭和40年代生まれの世代にとってSWは特別な思い入れのある
映画なのです。
まだパソコンも携帯も無かった時代、SWのような映画は子供だった私たちの
心を捉えて離さず夢中になってその世界観に浸っていたものなのです。

私の人格形成にも大きく関わっているようなこういう映画はやはり
見ずにはおれないというか、前評判なんかも無意味で結局見てしまえば
面白くてしばらく脳内がSWで一色になってしまう、ということなのでしょう。

映画やドラマなんて粗探しでもすればきりが無いですが、
価値判断の基準は面白いか面白くないか、
それががすべてだと思うので、
今回の「フォースの覚醒」は面白かった、というのが私の結論なのでした。


ツイッター

ブログランキング

ブログ村

ブログランキングドットネット

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログ村ランキング