ブーツ

2015年4月 2日 (木)

サイドゴアロメオ比較画像(チペワ&レッドウィング)その5

今日も疲労が脳を緊縛しているのでサクッと更新します。
働けど働けど我が暮らし、楽にならず…。

Dsc_2519
レッドウィングロメオはライニングがレザーです。
前から後ろまで一枚革の贅沢な作りです。
足入れがスムーズになるでしょう。

Dsc_2565
チペワロメオは変な色の吸湿速乾素材です。
速乾はいいんですが、破れたら補修が難しそう。

Dsc_2555
どちらもUS8インチ。
サイズ感はほぼ同じ。

Dsc_2567
やっぱりレザーインソールがなくてはダメでしょう。
レザーインソールにレザーライニング。
王道です。

Dsc_2566
グリーンウレタンインソールにえんじ色ライニング…。
…。

Dsc_2556
両メーカーとも歴史も伝統もあり著名ですが、
今現在の品質で比較すると正直違いが顕著です。
私個人的にはやはりレッドウィングに軍配を上げざるを得ません。

というわけでこの比較シリーズ、そろそろ飽きてきたので明日からは
別のネタでやっていこうと思いますが、
新しいネタをやるだけの気力体力が明日保てているかどうか
不安が濃厚ですが、頑張りたいです…

2015年4月 1日 (水)

サイドゴアロメオ比較画像(チペワ&レッドウィング)その4

今日も年度初めで激務だったためサクッと行きます。
今日と言う今日はサクッと行きます。
マジで疲れきっているんです!

Dsc_2543
似ているようで違いが多い両ロメオです。
でもまあ便利に履けるブーツである点は同じです。

Dsc_2558
ラストもほぼ同じですね。
ペコス等と似ているナローな感じです。

Dsc_2550
チペワにだけはロゴマークの刻印がココにあります。

Dsc_2552
レッドウィングを真横から見るとこんな感じ。
けっこう安定感がある様子。

Dsc_2553
チペワはこんな感じ。
ウェルトの風合いがかなり違う気がします。
ゴムMIDはほぼ同じですね。

Dsc_2554
ソールはお馴染みの白トラクショントレッドとビブラム4014です。
耐久性やグリップ力もほぼ同じですね。
ここは好みの差程度で実際のソール性能は互角です。

というわけで今日は(昨日も)疲れが危険水域を完全に
突破しているのでここらで閉めます。
週末は雨ですが、もし晴れたらまた画像を撮影したいと思います。
というか撮影済みの別のブーツもまだあるんですが
掲載する余裕が無いので困ったものです。

2015年3月31日 (火)

サイドゴアロメオ比較画像(チペワ&レッドウィング)その3

今日は月末で年度末で激務加減がフルマックス&フルスロットル
だったため、ブログ更新はサクッといきます。

Dsc_2545
これが噂のグリーンウレタンインソールです。
こんなん入ってるのチペワだけでしょう、きっと。
ラセットのアッパーレザーとの違和感が際立っています。
まさに悪趣味な色使い。

Dsc_2547
こちらはお馴染みレッドウィングのオークレザーインソール。
履き込むほどに飴色に変化していき光沢が出てきます。
アメリカンワークブーツの醍醐味といえましょう。
この履き心地に一度はまってしまうと中々他のブーツでは
満足できなくなってしまいます。

Dsc_2546
履き込むほどにへたってスレていき、ますます不気味さを増す
この緑色のクッションは一体何なんでしょうか。
それと合わせてチペワはライニングがこんなえんじ色の速乾素材
が張られています。
吸湿速乾はいいのですが、不可思議なのはやはりこの色使いでしょう。
良く言えばワインレッド、悪く言えばえんじ色、ラセットのブーツには
著しくそぐわない色味がなんともいえない気味悪さを醸しだしています。

Dsc_2547_2
レッドウィングは腰裏からずっと一枚革のライニングが張られています。
きっとこの腰裏も、履いていればいずれはすれて破れが生じる
ことでしょうが、腰裏の補修は比較的安価にやってもらえるので
特に問題はありません。
踵が浮くのを防ぐためにも、私はその際はスエード革で腰裏に
当て革補修をやってもらいます。
ワークOXもそうですが、これをやってもらうと耐久性向上と
滑り止め&フィット感向上もあって凄く具合がいいです。

Dsc_2549
チペワの吸湿速乾素材にはなんかこういう刻印がありましたが、
履いているうちにすれてよく読めなくなってしまいました。
CHIPPEWAの文字はかろうじて読めますが、細かい文字は
消えてしまいました。
確か素材の名称が記載あったような気がしますが、
もう忘れてしまいました。

というわけで今日は脳が疲れきっているので地味な画像に
地味な内容での更新となりました。
しかし、インソールというのはブーツにおいて非常に重要な
要素ですし、履き心地を大きく左右する部位ですので
ロメオを購入検討している方には必見の内容なのです。

2015年3月30日 (月)

サイドゴアロメオ比較画像(チペワ&レッドウィング)その2

ただ今、私は間断なく押し寄せる花粉症の鼻水と格闘
しながらこのブログを書いております。
体中の水分が流れ出てしまうんじゃないかという恐怖感が
ふと過ぎりますが、なんとか踏ん張ってみます。

というわけで昨日の続きです。

Dsc_2536
比較画像なんて地味かな~なんて思いながらやってみましたが、
意外にもツイッターで海外の方からコメントが来たりして、
やっぱしサイドゴアは一定の人気があるんだなと再認識しました。
夏場にペコスやエンジニアは暑苦しいけど、ヒモ結んでブーツ
履くのもダルイなーなんていう私みたいな人がけっこう多いということでしょう。

Dsc_2539
バックステイですが、ここも構造が大きく違います。
チペワにはない当て革がレッドウィングにはちゃんと付いています。
ヒールカウンターの剛性にも大きく関わりそうな部位なだけに、
このチペワのチープさがなんとも悲哀を感じます。
チペワのロメオも確か買った時は25000円くらいはしたと思います。
一応グッドイヤーではありますが、やはり所有欲を満たしてくれる
質感ではありませんね。

Dsc_2540
履くときはなるべく靴べらを使って踵を踏まないようにして
それなりに大事に履いていたつもりですが、
やはりヒールがちょっとやれてきてしまっています。
汚れやスレは気にしませんが、ヒール部の潰れは耐久性に
大きく影響するだけに、やはりレッドウィングのロメオのほうに
軍配が上がると言わざるを得ません。

Dsc_2551
良く見るとサイドゴアのゴム部の色がけっこう違うんですね。
黒とブラウンで、そこだけ見ても雰囲気が異なります。
私はチペワのロメオは夏場に短パンに履いたり、太目のゆったりした
ワークパンツで履いたりすることが多かったのですが、
玄関先で忙しかったりちょっとそこまで、という時にすぐ履けて
何かと便利なんですよね。
車の運転にもいいし、サンダル代わりに履くといった感覚でした。
(チペワロメオは革質が軟いのでバイクには不向きです)

というわけで今日もロメオ比較画像でしたが、
鼻水がいつまでたっても止まらないのでそろそろ風呂に入って
湯気でふやかしたいと思います…。

質感や品質的にはかなりよさげなブーツなので、
復刻を待っていた方は是非購入をおススメします。
もちろんレッドウィングのほうですけどね。

2015年3月29日 (日)

サイドゴアロメオ比較画像(チペワ&レッドウィング)

今日は相変わらず花粉の飛散が激烈で朝から体調がぐったり
していてなんとなく気分も鬱々としておりますが、
懸案の雨は降らなかったので昨日の予定の通り、比較画像を
撮影致しました。

Dsc_2534
左がチペワのロメオ、ラセットです。
右がレッドウィングのロメオ、オロラセットです。
基本的な形はほぼ一緒ですが、
色味も細部の作りもかなり異なっています。
チペワは赤味が薄く、オレンジ色に近い感じですね。
三年以上履いているチペワとこないだ買ったばっかのレッドウィング
なので比較するにも条件が違いすぎますが、
そこはどうしようもないので仕方ありません。

Dsc_2535
私も両方買うまでは知りませんでしたが、
細部の作りはまったくと言っていいほど違います。
アッパーとヒールカウンターの革の合わせ目の切れ込み具合
もそうですが、サイドゴアのゴム部の面積もけっこう違います。
ロメオというブーツは各社から出ているようですが、短靴のサイドゴア
というだけの一般的なブーツ形状の総称なのかもしれません。
私は履くのが楽なのでこういうのとても好きです。
ダナーもウェストサムというサイドゴアブーツを持っています。
(以前このブログで画像を載せました)

Dsc_2537
とはいっても最大の相違点はこのインソールですね。
チペワは何故かこんな緑色のウレタンが貼ってあります。
クッション性はいいのでしょうが、ブーツの雰囲気も耐久性も
著しく損なう上にスライムが入っているみたいでとても嫌です。
私はチペワロメオは買うまでこの事実を知らなかったので、
ネットで購入後、実物が届いて愕然としたのを今でもはっきり覚えています。
当時はレッドウィングのロメオは絶版状態で中古を探すしか
入手できなかったためチペワを買ったのですが、
正直レザーインソールの快適性が当たり前のアメリカンブーツだと
思っていたので、これにはかなり失望しました。
当然ですが、コレ以降チペワは一足も買っていません。

Dsc_2538
やっぱりコレでしょう、ブーツといったら足型に沈んで馴染む
コルク&レザーしかありえません。
仕事で私は良く歩く上に作業等もするのですが、
レッドウィングのレザーインソール+白トラクションソールの
組み合わせはやはり一番疲れにくいです。
白トラクションはグリップ力と耐久性に若干劣りますが、
適度なクッション性と軽量さでとても快適です。
もう私はこういうグッドイヤー製法のブーツに足が慣れきって
しまっているので今更ウレタンインソールの靴なんか履いたら
ソールがやわすぎて逆に足裏が痛くなってしまうのです。
アウトソールの適度な硬さは路面の凹凸が足裏に響くのを
防いでくれるので仕事で履くには必須の条件なのです。

というわけで今日は曇っていて若干日光不足でしたが、
なんとか無事に屋外で比較画像を撮影できたので良かったです。
明日からはもっと細部の比較画像を載せてみたいと思います。

2014年7月24日 (木)

ホワイツ買収…

Btr44oscaaijlae
ツイッターでこのような情報をさっき知りました。
ホワイツなど一足も持っていない私ですが、それでも大変なショックです。
もはや怒りと憎しみと呪詛しか頭に浮かんできません…
ダナーの時もそうでしたが、大好きな分野がこういう事になると
本当に頭にきます。

まあ、ホワイツみたいな高級ブランドだと、購買層も限られてきて
経営が苦しかったんだろうとは推察されますが、
よりによって悪名高きA●Cとは、もう正気を失いそうになってしまいます。

なんだかレッドウィングも危険な気がしてきてしまいます。
まあもしそうなったら私は国内ブランドしか買わなくなりますけどね。
MOTORやゼローズで充分ですから。
まあでも日本人は思い入れの強いレッドウィングだけはこういう事に
ならないよう祈るばかりです。

2014年4月 6日 (日)

今後のブーツ画像アップ予定

今週は撮影済み画像が尽きた、という理由もあるのですが、
まったくブーツ画像をアップ致しませんでした。
私のごく個人的な熱情が先走り、かなり唐突な内容になってしまって
もう誰もこのブログを見に来てくれなくなるんじゃないかと危惧していた
のですが、お陰様で今まで通りのアクセス数を頂戴しておりました。
そこでブログを見てくれている皆様にほんの些細な御礼ではありますが、
今後のブーツ画像アップ予定をご報告させて頂きたいと思います。

・レッドウィング 8268 PT91 ソールカスタム Vibram#2021
・レッドウィング 9875 ソールカスタム Vibram#430
・レッドウィング ワークOX8106 Vibram#132 お手入れ編
・レッドウィング 9870
・旧ダナー 黒マナワ
・旧ダナー 黒アンティゴ
・旧ダナー マウンテンライト ダークブラウン
・旧ダナー ホークネスト お手入れ編
・旧ダナー ダナーライトブラック お手入れ編
・MOTOR エンジニアブーツ 1stモデル ブラッククロームエクセル
・チペワ ロメオ ラセットブラウン

今のところこのあたりを予定しておりますが、撮影順はどうなるか
まだわかりませんし、途中でバイクグッズやブーツメンテナンスグッズ
等もアップするかもしれません。
のですが、取り急ぎここ数日間のフォローとして予定をご報告致しました。
それでは皆様またのお越しをお待ちしております。

2014年2月18日 (火)

Vibram#1136黒(ダナー、カスケードレンジへ装着) その2

みなさん如何お過ごしですか。
相変わらず大雪の影響が残り、高速道路や幹線道路の
通行止めや大渋滞、路面の凍結などで混乱した状態が
続いていると思います。
スーパーやコンビニから食品が消え、雪かきに疲れた体に
まともな物を食べさせることも満足にいきませんね。
まあそれでも明日以降の積雪が深刻な降り方にはならない
見込みになってきたので一安心というところです。

それにしても道路が除雪されてあっても、道幅が雪のせいで
かなり狭まりまともに車線を維持するのも困難です。
普段降雪量が少ない地域では除雪のノウハウも少ないため
どうしても仕方ないことなのでしょうが、やはり危険なので
早く道幅を広げる除雪も行って頂きたいものです。

あ、なんかいつまでたってもブーツ関連の話にならなくなってきた
ので、この辺で時節ネタは終わりましょう(笑)
それでは昨日に引き続きビブラムソールの画像をお楽しみ下さい。
ソールの画像だけじゃイマイチ面白みに欠ける、というのは
重々承知しているのですが、最近は雪のせいでまともに
日光の下、撮影が出来ていないのでご了承下さいませ。
室内で撮影するとどうもブーツの質感がうまく出ないような
気がするのでなるべく野外で撮影するようにしております。

Dsc_0266_345

Dsc_0267_346

Dsc_0270_347

やはりソールだけだと画面が地味ですな…。
実はまだ撮影していないブーツやネタもけっこうあるのですが、
大雪のゴタゴタが落ち着くまでは中々大変なのです。
おまけに道路がこんな状態ではバイクに乗ることすら
当分できそうにありません。
トホホ…

2014年2月17日 (月)

Vibram#1136黒(ダナー、カスケードレンジへ装着)

皆さん無事ですか?
仕事には行けましたか?
私は普段より1時間早く出勤し、会社の雪かきをやりました。
社用車にうず高く積もった雪を落としていたのですが、
圧雪は重く硬く、ルーフから落とす際にミラーやワイパーが
ボキボキ折れまくり、かなり悲惨な状態になってしまいました。
皆さんも雪かきや雪下ろしにはじゅうぶんご注意下さい。

さてそれでは、先日撮影するのを忘れてしまったビブラム1136
の画像をようやく撮ったので、お時間の許す限りじっくり
たっぷりご覧ください。
(ブーツに関心が無い人にはただの靴底ですけどね)

Dsc_0273_352

Dsc_0268_349
(左下に赤く見えているのは雪がくっついたクロックスの
長靴と私のスネです)

Dsc_0269_348
どうですか皆さん。
純正でこのソールが張ってあるブーツってあまりないので、
持っている人は恐らくソールカスタムをなさった方だと思います。
だからソールカスタムをした事が無い、という人には珍しいソール
なのかもしれません。
路面への接地感は硬いですが、比較的軽量で返りも良いので
色々なブーツに応用が効くソールです。
興味がある人は是非自分のブーツにカスタムしてみて下さい。
なんてえらそうに言ってますが私は修理屋でもなんでもない
ただの一般人なのであしからず(笑)

2014年2月14日 (金)

旧ダナージャパン、カスケードレンジⅡセダーレインボー その4

今日はまたしても大雪になってしまいましたね。
さすがに二週連続では雪が憎くなってしまいます。
朝から雪の中仕事をしていたのでもうヘトヘトです。
というわけで、本日履いていたブーツの画像でお茶を濁して
おこうと思います。
ちなみに私は明日も出勤で非常にブルーです。
それでは皆さんまた明日。

Dsc_0216

Dsc_0218_306

Dsc_0220_308  

より以前の記事一覧

ツイッター

ブログランキング

ブログ村

ブログランキングドットネット

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログ村ランキング