バイクグッズ

2015年12月 2日 (水)

GOLDWIN GWS ウォームカーゴパンツ GSM13454 その4

それではオバパンネタは今日が最後になります。
できればもっと長時間着て走ってみてレビューしてみたいのですが、
休みが少なくてバイクに乗れていないのでどうしようもありません…。

Dsc_0111

画像ではわかりにくいですが、膝にはプロテクターが装着されています。
一応上下に位置がアジャストできる仕組みになっています。
でもやはりプロテクター入りだと降りたとき少し歩きにくいですね。

Dsc_0114
ポケットにはゴールドウィンのネームタブが付いています。
かっこいいんだか悪いんだか微妙ですが、メーカー名が
あまり大きく入っていないのはいいと思います。
タ○チとかコ○ネとか大きく文字が入っているデザインは正直かっこわるい…

Dsc_0116
お尻の部分にも中綿入りなのでとても暖かかったです。
とにかくそれほど分厚くないわりには保温性は抜群でした。
腰痛&膝痛の私にはとてもありがたい品です。

Dsc_0115
足の内側も当然ですが中綿入りです。
これでブーツを履けば風も入らず足は寒さ知らずです。

「オーバーパンツの防寒性能」、とやらは伊達じゃないというのを
つくづく思い知りました。
ヒートテック等のタイツに直履きすればモコモコせず
動きにくくならないので、ライディングの邪魔にならないのでとても良かったです。
革パンなんかよりも軽いし暖かいし、何より家で洗えるのでコレはいいモノです。
おススメ!



2015年12月 1日 (火)

GOLDWIN GWS ウォームカーゴパンツ GSM13454 その3

今日もオバパンのレビューになります。
昼間でもすっかり気温が上がらなくなってきた今日この頃、
オバパンを買ってよかったとつくづく感じますが、
天気がいいのに仕事でバイクに乗れない日々がつくづく嫌になります。

Dsc_0118
全体像はこんな雰囲気で普通のカーゴパンツっぽい感じです。
中綿入りなので多少はボリューム感が出てしまいますが、
デザインがシンプルなのでこのまま喫茶店とか本屋とかに
入ってもそれほど違和感なくいられるでしょう。
派手すぎないデザインがいい感じです。

Dsc_0117
フロントはポケットが左右に付けられています。
ベルトループ仕様なので普段使っているベルトをそのまま使えます。
ここがベルクロ式だったりすると微妙に不便な気がしたので
ここも購入に至った決め手の一つでした。
カラビナでキー類をループにかけたい私には必須なのです。

Dsc_0113
唯一の残念なポイントはコレです。
バックポケットが左側にしかありません。
これではいつもサイフを右側に入れている私には著しく不便です。
仕方ないのでジャケットの内ポケットにサイフを入れるようにしましたが、
冬場はジャケットの中に寒い外気を入れたくないので
ここは大きなマイナスポイントでしょう。
なぜ右側にポケットが無いのかまったく理解できません。
防寒保温防風性能が素晴らしいだけにこの一点だけが大きく
不満を感じてしまいます。
右のお尻にサイフを入れておきたい方はここを注視しておくべきでしょう。
実際バイクに乗ってみて、けっこうこれは不便でした。

というわけで、今回は唯一の不満点も指摘させて頂きましたが、
オバパンとしての最重要ポイントである防寒防風性能は満足
出来る品なので、まあ致し方ないところでしょうか。


2015年11月30日 (月)

GOLDWIN GWS ウォームカーゴパンツ GSM13454 その2

今日は月末の激務で帰宅が遅くなったのでさくっと更新します。
もう何もかも投げ打って温泉に行きたい…

Dsc_0106
左足のカーゴポケットにはゴールドウィンのパッチが付けられています。
ハイパフォーマンステックギア、とありますが、微妙に何のことやら
意味がわかりません。
まあ単なるデザイン上のワンポイントということでしょう。

Dsc_0108
防水&防風の前立てはこのようにかなり上までカバーしてくれるので
ジャケットを着てしまえば浸水等の恐れはほとんど無いと思われます。
昨日も書きましたが、ち○こを出しにくくなるのでトイレが不便です。
それでも股間から冷気が侵入するよりははるかにマシでしょう。
外気温3℃での走行にもまったく寒さは感じませんでしたので。

Dsc_0109
内部のライニングは全体がこのようにキルティング加工されて中綿
仕込みになっているので暖かいです。
といってもごく薄めの中綿なのでごわつき感はわずかでした。
最初はニーグリップに若干の違和感を感じましたが私はすぐに慣れました。
むしろ足全体が覆われていることへの安心感を感じましたので、
中綿が入っていて厚みがあってもライディングポジションへの支障は
ほぼ無いといっていいと思います。

というわけで今日はオバパンネタの続きでした。
これからの時期はますますオバパンでバイクに乗ると快適ですね。


2015年11月29日 (日)

GOLDWIN GWS ウォームカーゴパンツ GSM13454

先日草津温泉に行った帰りに前橋のナップスに寄って冬用の
オーバーパンツを物色してきたのですが、
ゴールドウィンで調度いいサイズのものが見つかって、
セール価格だったのでそのまま購入してきました。
ただ、今日まで休みが無く着用する機会がなかったので、
私の頭の中にはずっとこのフレーズが鳴り響いていました。

見せてもらおうか、ゴールドウィンのオーバーパンツの防寒性能とやらを!

今までは防風ジーンズとヒートテックタイツで冬場のライディングを
こなしていたのですが、やはり防寒性能に限界を感じてきたため
今年からはついにオーバーパンツを導入しようと思い立ち、
草津の帰りに用品店で買ってくるというのが最初からの計画だったのです。

Dsc_0120
買ってきたのはコレ、直履タイプの防寒オーバーパンツです。
直履タイプにしたのは着膨れするのが嫌だったからです。
動きにくくなる上に、バイクから降りて歩いたりするにも
着膨れしているとトイレにも行きにくいしなんとなく嫌な感じがしたのですが、
やはり直履タイプにして大正解でした。

今日は晴れたのでようやく着用テストも兼ねて軽井沢までR25で走ってきました。
道路の電光掲示板の表示では気温3℃というけっこう厳しいコンディション
だったわけですが、
(軽井沢では日陰に先日の初雪がまだ融け残っているという寒さでした)
やはりというかさすがというか、オーバーパンツの防寒性能は
防風ジーンズなどとは比較にならない素晴らしいものでした。
気温3℃の中標高1000メートルの軽井沢を走りましたがほとんど
下半身に寒さを感じる事はありませんでした。
高速にも乗り110キロほど出してもみましたがまったく寒くありません。
正直オーバーパンツがこれほどとは思っていなかった私はけっこう嬉しい
誤算で驚いてしまいました。
冬季は絶対オーバーパンツだ、というセオリーの正しさを身を持って
体感し、やはり気温一桁になるような時期のライディングは防風ジーンズ
じゃダメだな、と認識を改めました。

Dsc_0119
防風、防寒、防水、透湿、という機能の多さゆえの高価格には参りましたが、
やはりそれなりの性能が得られて良い買い物だったと思います。
ひざにはプロテクターも入っていて、それがひざの冷えも防いでくれている
ようにも感じられました。
空気の層が出来るので防風ジーンズだと真っ先に冷えてくるひざが
今日はまったく冷えず快適そのものでした。

Dsc_0112
濃い目のベージュのシンプルなカーゴパンツタイプなので
それほどバイク用、という雰囲気もなく降りてからも違和感なく
買い物や食事の場でも履いていられます。
革パンとかもろにバイク用、っていうのが苦手な私にはこういう
シンプルさがとても好みに合いました。

Dsc_0110
股間の前立てには防水&防風機能のためのフラップが付いています。
トイレで用を足す際には多少不便ですが、
雨水や冷気の浸入を防いでくれるためとても役に立ちます。

今日は気温3℃で2時間半ほどは走ったでしょうか、
それでも寒さを感じたのは顔と手の指先だけだったように思います。
上はHYODのダウンジャケットを着ていたので当然寒さは感じず、
上下で防寒性能に不満はまったくありませんでした。
やはりジャケットだけじゃなくてパンツも冬用のオーバーパンツは
快適なんだなと思い知らされた一日でした。

というわけで路面が乾いてさえいれば、まだまだバイクに乗ろうと思います。


2015年10月 9日 (金)

ドラッグスター400にタナックスのミニフィールドシートバッグを装着。その3

今日は休みだったのでシートバッグを装着したドラッグスター400で
ビーナスラインを走ってから蓼科温泉に行き、
長和町の道の駅「マルメロの駅ながと」でちょっとお土産を買って
帰ってきました。

といっても今日はシートバッグを装着したドラッグスターの画像撮影が
第一の目的だったのです。

Dsc_0645
ビーナスラインで撮影したところです。
やはり晴天で撮ったバイクは映えますね。
シートバッグの大きさもバイクの全体像があったほうがわかりやすいです。

Dsc_0720
こちらは蓼科湖畔で撮った画像。
リアキャリアにぴったり収まって装着できています。
このバッグかなり気に入りました。
大きすぎないところがすごくいいです。
今回はヘリノックスのチェアワンと温泉用のタオル類一式と
防寒用のULダウンジャケットを入れてみましたが、
調度ぴったり収まりました。
左右の拡張をしないで入ったので、まだまだお土産等も入れられる
容量です。

Dsc_0650
ドラッグスターの黒の雰囲気にもマッチしていると思います。
私のドラッグスターはマットグレーメタリックなのでやはり黒系のバッグ
でないと似合わない感じです。

Dsc_0648
真後ろから見るとこんな感じ。
高さも幅も車格にぴったりでした。
積載に余裕が出来るとバイクで出かけるのがさらに楽しみになってきます。

Dsc_0656
キャリアにぴったり乗っている格好なのでフェンダーとの干渉は
ほとんど心配ありません。
このサイズ感だとドラッグスターに本当にピッタリで凄くいいです。
ド定番と言われているシートバッグだけあって使い勝手も良く、
本当にこれはいい買い物をしました。
バイクの積載を増やしたいと考えている人にはかなりおススメのバッグです。


2015年10月 8日 (木)

ドラッグスター400にタナックスのミニフィールドシートバッグを装着。その2

それでは昨日の続きです。
色んな角度から撮影した画像です。

P_20151007_180818
最後部にバッグが付けられたので乗車時ほとんど邪魔にならず
にすむと思います。
明日このドラッグスターでちょっとツーリングする予定なので全体像など
も屋外で撮影してみようと思います。

P_20151007_180913
リヤに移設してあるウィンカーにもまったく干渉していません。

P_20151007_180927
ストップランプも隠れずにすんでいます。
モトフィズのタグが後ろからよく見えています。

P_20151007_181015
やはりキャリアを付けると積載が捗っていいですね。
見た目は多少かっこ悪くなるかもしれませんが、
ツーリングという観点から考えると積載性が悪いバイクは
使えないのでダメです。
リアキャリアにシートバッグ、これが一番無難でいいです。
リアケースとかホムセン箱もいいですが、
取り付けに難ありっぽいので微妙です。
リアケースとかは雨に強いし鍵がかけられる所が魅力的ですが、
やはりドラッグスターにリアケースまでは付けたくないので
シートバッグが一番無難で確実なんじゃないでしょうか。


2015年10月 7日 (水)

ドラッグスター400にタナックスのミニフィールドシートバッグを装着。

唐突ですが、私のドラッグスター400にタナックスのシートバッグを付けました。
サイドバッグだけでは積載に不足を感じ始めたので着替え等や温泉用
のタオル等が入れられるようにしたかったのです。

つけたのはコレ、超定番のモトフィズのシートバッグです。
ミニフィールドシートバッグ(ブラック)MFK-100。

P_20151007_181031
私はドラッグスターにワイズギア純正のリアキャリアを付けているので、
こうして最後部にぴったりシートバッグが装着出来ました。

ワイズギアのタンデムクルージングキャリアという名称ですが、
要はリアキャリアです。
ただリアフェンダーのカーブに沿った形状のキャリアなので、
リアキャリア特有の野暮ったさがかなり軽減されているように感じられます。

Dsc_2287
数ヶ月前の画像ですが、こんな形状のキャリアです。
このツールバッグが載っている部位に今回はシートバッグを付けてみました。
そうしたらお見事にぴったりなサイズ感だったのです。

Dsc_2292
リアシートには小型のシートバッグがすでに付いていますが、
これだけでは大して積載性が増えないので今回新たにシートバッグを
付けてみたのです。
それはそうとこのリアキャリアは形状がフェンダーに沿っているので
かなり見た目的にも雰囲気を損なわないんじゃないかと思います。
装着もそれほど難しくはありませんでした。
難点は純正ゆえの高額なお値段だけです。

P_20151007_181110
サイドバッグと干渉することもなく、大きすぎず調度いい収納性になりました。
キャンプにはまだちょっと不足感がありますが、
数泊程度のツーリングならこれでまったく問題は無いと思います。

明後日の金曜日は仕事が休みなので、これにタオルや着替え等を
詰めて温泉か、ラーツーなどに行ってこようかと思っています。
ドラッグスターにこんなにバッグをいくつも付けまくる人はあまり
いないような気もしますが、私は積載性が低いのは物凄く不安
でしかたなくなる性質なのでこれくらい荷物が積めないとダメなんです。



2015年7月 7日 (火)

ヘリノックス チェアワン 1822151-BK 買ってしまいました。その2

というわけで今日もこんな時間になってしまいましたが、
相変わらずの雨天続きで毎日鬱が増してしまいますね。
できたら庭でチェアワンに座った画像でも撮りたかったのですが、
この雨ではどうしようもありません。
ということで、タグと取説画像だけでも載せておきましょう。
このイス、かなり軽くて丈夫で座り心地抜群で、
ツーリング時の休憩やラーツーには最高なアイテムの予感が
するのですが、なにぶん雨でバイクにまともに乗れていない
日々が続いているのでレビューすらままなりません。

というか室内でこのイスに座っていたら猛烈にキャンプツーリングに
行きたくなってきてしまい、YOUTUBEでキャンプ動画を見まくっています。

Dsc_2771
こんな取説読まなくてもこのイスは簡単に組み立てできます。
1分かからないでしょう。

Dsc_2770
各色あるようですが、私はR25に合わせてブラックを買ってみました。

Dsc_2769
ヘリノックスは海外のメーカーですが、日本のモンベルが正式に
扱っているようです。
アフターサービスはモンベルがやってくれるのでこういう点も安心です。

というわけで、今週末こそはチェアワンをR25に積んでどこか
行ってみたいと妄想中ですが、すべては天気次第です…。


2015年7月 6日 (月)

ヘリノックス チェアワン 1822151-BK 買ってしまいました。

最近雨のせいでバイクに全然乗れていなくて時間があまっているせいか、
ネットでバイクやツーリング、キャンプ絡みの情報ばかりあさっていたせいか、
色々なアイテムが欲しくなってしまって困っているのですが、
これはちょっとかなり気に入ってしまったものがあるのでご紹介します。
(かなり定番アイテムなので持っている人も多いでしょう)

Helinox(ヘリノックス)のチェアワンです。

Dsc_2767


Dsc_2768

と、タグの画像まで掲載したところで今日はなんだか体調が思わしくないので

続きはまた後日に致します。

早めに寝なければ…。

2015年6月29日 (月)

「YZF-R25 ABS」ゲルザブ装着後使用感レビュー。

昨日は最高の天気に恵まれてビーナスラインラーツーを満喫できた
わけですが、
(実は帰宅後まだ晴れていたためドラッグスターに乗り換えて軽井沢まで
走ってきたのでした。たまにはDS4も乗ってあげないとバッテリー上がりますからね)
ゲルザブ装着後合計で150キロほど走った計算になるので
使用感をお伝えしようかと思います。

Dsc_2770
R25のシートにこのように装着したわけですが、
左右の尾てい骨の位置に仕込まれているゲルは上記の画像を参照下さい。
調度骨とシートの間にゲルが挟まるので衝撃を吸収してくれて
痛くなりにくいというわけです。
ゲルザブの裏側からゲル部を触ると良く分かるのですが、
なんともいえないむにゅっとした感触で上下左右にかかる圧力を
うまく分散してくれそうな感じがわかります。

Dsc_2769
150キロほど走ってみるとさすがにゲルザブ表面に座った跡のシワが
付いています。
シートが平面ではないのでこれはしかたありませんね。
逆に言うと、シートの曲面に合わせてうまくフィットしたともいえます。

Dsc_2771
この画像からもうっすらとゲル部の形状がわかりますね。
昨日は3時間ほどは運転してシートに乗っていたはずですが、
ドラッグスターに装着した時も感じましたがやはり尻の痛みの発生が
かなり軽減されていたのが実感できました。
走行距離が長ければ長いほどそれは実感できるでしょう。
ツーリングにでかけた帰り道、尻の痛みに悩まされて信号待ちの
度に腰を浮かせて尻の痛みに顔をしかめてしまう、
なんてことはこのアイテムがあればほとんど無くなるので
ちょっと高いですが、確実に効果は実感できるので
ロングツーリングのお供に、尻の痛みに悩まされているおやじライダーの
方などに特におススメできましょう。

というわけで、私は土曜日に当番出社していたので明日は振り替えで
お休みを頂戴しております。
ので、明日のライディングに備えて今日はこの辺で。
明日も晴れますように。

より以前の記事一覧

ツイッター

ブログランキング

ブログ村

ブログランキングドットネット

フォト
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

ブログ村ランキング