ダナー

2016年1月21日 (木)

雪中作業で履くマウンテンライト。

今日は身も心も凍て付く寒さがさらに増してもう嫌になる
ような極北の気候でしたが、
私はそんな中屋外での作業を1時間ほどこなさなければならず、
ハクキンカイロと使い捨てカイロを併用しつつモンベルの
マイクロフリースのマフラーを首にぐるぐる巻きにしておりました。

そして足元はやはりダナーのマウンテンライトです。
Dsc_0010
雪中作業ならやはりコレでしょう。
防寒ブーツというわけではありませんが、
それなりに暖かく水の浸入もまったく無いので安心して仕事をこなせます。

Dsc_00131
ダナーライトと違ってナイロン部が無いので保温性が格段に上です。
もちろん夏場は見るのも嫌になるくらい暑苦しいので
冬場専用ブーツですが、つま先だけでなく足の甲も分厚いレザーで
保護されるので安心感が違います。

Dsc_0012
ソールもビブラム#148クレッターリフトなのでグリップ力もいいです。
濡れた床などではさすがに滑りますが、
雪上歩行ではかなり安心感があります。
冷気も水気もブーツの中にまったく入ってこないので
保温ソックス等と併用すればかなり暖かいです。
私はマウンテンライトはコレ1足しか持っていないので大事に
履いていこうと思います。


2016年1月19日 (火)

大雪で足元が悪い日はやはりダナーのマウンテンライト。

今日は久しぶりにブーツ画像を載せます。
ここ数日の大雪でダナーを履く機会がものすごく増えたので
(というかほぼ毎日仕事で履いています。カスケードレンジとダナーライト
とマウンテンライトをローテーション)
ようやく重い腰を上げてブーツネタでの更新です。

Dsc_2231
マウンテンライトですが、これはダナーが買収されてしまう前に購入した
ものでもう4年ほどたつでしょうか。
冬場しか履かないのでまだそれほど馴染んでいませんが、
履くと足が温かいしくるぶしまで隠れて安定感があるので
主に雪の日や寒い日の定番ブーツとして履いています。
ダナーライト以上に暖かいので寒い日は特に重宝しています。
ハイトがそれほど高くないので車の運転(特にマニュアル車)時に
も不便を感じないのがかなりいいです。

Dsc_2230
特に意味はありませんが、シューレースはダナー純正のグリーン
に換えてあります。
なんとなくアクセントになっていい感じな気がしますが、
性能がアップするわけではないので単なる自己満足です。
持っている人はわかると思いますが、
マウンテンライトは馴染むまでにけっこう時間がかかります。
革の厚みが厚い上にタン部が二重になっているためか、
返りが悪いというか曲がりにくいというか、
屈んで作業をしたりすると足が痛くなったりしますが、
馴染むまでの儀式なので我慢するしかありませんが、
馴染んでくるとやはり安心感が高いブーツだと実感できるでしょう。
軽登山やハイキング用に作られたブーツだけあって
防水レザーやゴアテックスブーティの安心感、
ビブラム#148クレッターリフトソールのクッション性とグリップ性の高さ、
足全体を包み込むような履き心地とこのデザイン性の高さで
履いていてとても楽しくなるブーツですが、
私は仕事でしか履かない(それも冬場の雪の日メイン)ので
なんだかもったいないような気もしますが、
夏場にはどうしても履く気にならない暑苦しい見た目もあって
ほぼウィンターワークブーツと化しています。

ま、ダナーはもう新たに購入すべきではないメーカーとなってしまったので
残念なブーツではあるのですが、
かつてのダナーはやはり性能の高さ故に私はお気に入りの
ブーツなのです。

2015年11月 9日 (月)

旧ダナージャパン、カスケードレンジ2、エイジングその後。その2

それでは昨日の続きです。
今日は午後から雨が降ってきてしまいましたが、
やはりこういう日にもカスケードレンジは安心です。

P_20151108_101713
信頼の証、なんといってもビブラムソールはいいです。
履いていてこれほど安心できるソールは他に無いです。

P_20151108_101749
セダーレインボーの明るめの茶色がいい感じに乾いたツヤ感です。
マスタングペーストを入れるといったんは濃い目のブラウンになりますが、
履いているうちに馴染んでくるとこのように乾いたツヤになってきます。

P_20151108_101654
トゥ部も磨けばツヤが出るのでしょうが、
このブーツは仕事用でガシガシ履いているのでスレとキズが多くて
あまりツヤは出ていません。
まあこれは仕方ないですね。

P_20151108_101702
コーデュラナイロン部も完全に足型に馴染みきっています。
さすがの耐久性で擦り切れる様子はまったくありません。
夏場は通気性も確保されてとてもいいです。

というわけでかなり久しぶりにブーツ画像を載せてみました。
今後は本来のメイン要素であるブーツ画像をもっと掲載するように
頑張りたいですが、バイクやら温泉やら紅葉やらで頻度が減ってしまいました。
というのもこのビブラム#148みたいなラグの深いソールは
バイクの運転には著しく不向きなのでバイクではまったく履かないんですよね。
ステップに引っかかる感じがして私はどうもダメなんです。
バイクではやはり定番のビブラム#700が一番運転しやすいです。


2015年11月 8日 (日)

旧ダナージャパン、カスケードレンジ2、エイジングその後。

今日はかーなーり久方ぶりのブーツ画像です。
最近あんまりブーツを新規に購入していない上にメンテもやっていないので
画像撮影はしていなかったのですが、
今日は普段から仕事のとき履いているカスケードレンジ2を撮影してみました。

P_20151108_101731
作業をしたり車の運転をしたりでトゥがかなり色が抜けて傷も付いています。
でもワークブーツはこれくらいが一番らしいんじゃないかと思います。
履いているうちに自然に出来た傷が一番かっこいいです。

P_20151108_101720
VIBRAM#148、クレッターリフトソールもだいぶ減ってきてしまいました。
まだもう少し履けると思いますが、いずれ交換する際はシエラソールにしようと思います。
実は私、カスケードレンジ2はこのセダーレインボーだけではなく
もう1足、ブラウンも新品のままのがあるんです。
これをソールリペアに出したらそっちを下ろそうと思っています。

P_20151108_101644
よくこすれるヒールの内側もこんなに色が抜けてしまいました。
この部位はどうしてもしかたないんですが、
さすがにダナーの防水(ほんとに防水??)レザー、
革そのものの状態には問題はありません。
このブーツは雨や雪の日に履く機会が多いんですが、
ゴアテックスのおかげもあってか浸水したことは一度もありません。
そういう意味ではやはり安心感が高いブーツです。
もう今ではカスケードレンジ2は新品では入手困難になってしまいましたが、
思い入れのあるブーツなのでリペアしながらずっと大事に履いていこうと思います。


2015年4月24日 (金)

DANNER D-1806 ANTIGO Black (旧ダナージャパン製) その7

鼻水とくしゃみと涙が止まりません…。
いきなり暖かくなったと思ったら花粉も激ヤバ飛散し出しました。
明日も天気は良さそうでバイクに乗りまくりたいのですが
こんな状態ではヘルメットのシールドがくしゃみで汚れそうで
恐ろしくなります。
というわけで体調が花粉マミレなので今日も画像のみの更新です。

Cimg0071

Cimg0086

Cimg0083

Cimg0094

Cimg0133

クロムエクセルのチャッカブーツ、やっぱいいですね。

2015年4月17日 (金)

DANNER D-1806 ANTIGO Black (旧ダナージャパン製) その6

今日は昨日に輪をかけて地味な画像ですが、
細かいディティールも載せていきます。

Cimg0103
アウトソールはビブラム705です。
アウトステッチ貫通+スタッドで留められています。
けっこう豪華な作りです。

Cimg0105
ビブラムのロゴがいいですね。
私はこのロゴのソールを履いていると安心します。

Cimg0106
スタッドが錆びています。
ここまでしなくてもソールが剥離する心配などなさそう
ですが、やはりあると雰囲気が増しますね。

Cimg0104
ヒールは700ヒールですね。
厚みがあるので耐久性抜群です。

Cimg0093
700ヒールとミッドソールの間には積み革2枚です。
三色構造が素敵ですね。

Cimg0069
ハーフソールはクビレが出来るのでスタイリッシュです。
キックがあるバイクには不向きですが、軽量になるしクラシックな
雰囲気があるのでけっこう好きです。
クラシックな感触のチャッカとは相性がいいですね。

というわけで今日は地味画像連発してしまいましたが、
明日は一日バイクに乗るため今日は早めに寝るので、
更新は地味なままで終わります。

2015年4月16日 (木)

DANNER D-1806 ANTIGO Black (旧ダナージャパン製) その5

というわけで今日もダナーアンティゴ画像です。
案の定、レッドウィングに比べると確実にアクセス数が少ない
ですが、個人的に旧ダナーには思い入れがあるので続行します。

Cimg0078
今日は地味です。
ブーツの内側にフォーカスしていきます。
ソックシートにはロゴの刻印があり、
レザーインソールの刻印もあります。
インソールが無いダナーライトやマウンテンライトとは違う作りですね。
製法は違いますがこういう部位はレッドウィングと同じです。
ウレタンのチペワとはえらい違いです(笑)

Cimg0096
タンの裏にもライニングが張ってあり丁寧な作りです。
クロムエクセルの色味はやはりいいですね。

Cimg0111
サイドにはモデル名等の刻印がありますが、
薄くなってきてしまいました。

Cimg0112
DANNERのロゴはいいですね。
ソックシートも当然革なのであめ色に変化しつつあります。
腰裏もスエード面の革なので耐久性も問題なさそうです。

Cimg0135
履き口のパイピングもパリッとしていて綺麗な円形を保っています。
ここも足入れの容易さに貢献しています。
旧ダナーのクラシックラインの製品はあまりネット等でも
見かけませんが、イマイチ売れなかったのでしょうか?
私は作りの丁寧さやスタイルを見てもかなり所有感を
満たしてくれるいいモノだと思うんですけどね。
まあ、もう旧ダナーの製品はほとんど入手できない
ので、過去の遺産になりつつあります。

2015年4月15日 (水)

DANNER D-1806 ANTIGO Black (旧ダナージャパン製) その4

というわけで今日もアンティゴの続きです。
何がというわけでなのか、私にもよくわかりませんが、
今日も脳疲労が麻酔のように効いているので意味不明です。

Cimg0101
アンティゴはチャッカブーツですが、このようにトゥがちょっと
ぽってりしています。
ナローな感じではなく先日画像をのせたレッドウィング8052の
ラウンドトゥに似た感じに仕上がっています。

Cimg0098
ワイズは広めで、多分EかEEくらいだと思います。
日本人の足型に合ったラストで甲が痛くなったりしません。
実は先日の8052はワイズがかなりタイトに作られていて
Dなら私は余裕で履けるはずなのですが、他のレッドウィングと
比較して8052はかなり甲回りが窮屈で革が馴染んで多少
伸びてくるまでは相当苦労しそうな履き心地でした。
長時間はいていたら確実に足が痛くなるでしょう。
やはり日本人と欧米人は顔や体型だけでなく足型も
かなり違うんだと思い知らされました。
日本国内で正規発売されていないモデルにはそれなりの
理由があったということです。

Cimg0099
ミッドソールはシングルでサイドがブラウンに着色されていますが、
これは履き込んでくるにしたがって良いエイジングが期待できそうです。
ステッチダウンなのでウェルトが無く、ソール交換の
回数はグッドイヤーほど多くこなせないかもしれませんが、
見た感じのかっこよさはダナーのステッチダウンもけっこう
いけてると思います。

Cimg0102
経年変化でトゥの色味が抜けてくればさらに趣のある
ブーツに変わっていきそうですが、そうなるまでには
一体あと何年かかるのか、計り知れない思いです。
現状の使用回数のままだとやはり10年くらいはかかりそうです。
年に数回しか履かないので致し方ありませんが…。

というわけでダナーのチャッカブーツにどれだけ皆さんの関心が
あるかわかりませんが、私は個人的にすごく気に入っている
ブーツなのでまだしばらくはこのネタが続きます。
なので興味がある方は是非!

2015年4月14日 (火)

DANNER D-1806 ANTIGO Black (旧ダナージャパン製) その3

Cimg0032_1
もうすでに春ですね~ブーツを履いてみませんか~♪

ということで、今日も意味不明な始まり方ですが、
近所に生えていた草花をたくさん撮影して画像が余っているので
とりあえず載せてみました。

で、肝心のブーツ画像ですが、
本日は例のごとく過労気味により脳が機能不全状態なので
画像メインで更新します。

Cimg0124
チャッカのアンティゴはこのバックスタイルがとてもいいです。
くびれたウェストラインと豊満なヒップラインがたまりません。
ハーフラバーなのもスタイリッシュさを増幅しています。

Cimg0115
昨日も書きましたが、男根崇拝の魔神みたいなエイリアンの
頭部モデルを彷彿とさせるクロムエクセルの鈍い輝きが
さらに猥褻さを増幅しています。

Cimg0127
まだ履きこみが足りていませんが、
もっと履き込んでエイジングが進めばさらに有機的な
足型に馴染んでいって妖艶さが増幅していくことでしょう。

というわけで、疲労までもが増幅してきたので今日の
更新はここらで終わりにします。

話は変わりますが、私が契約しすでに支払いをも
済ませているYZF-25ABSですが、20日が正式な発売日
にも関わらず車両がまだメーカーからショップに届いていません。
これでは遅くとも月内に納車されてGWに慣らしも兼ねて
R25乗りまくるぜ計画が台無しになってしまいそうです。
なんとかなりませんかヤマハさん?

2015年4月13日 (月)

DANNER D-1806 ANTIGO Black (旧ダナージャパン製) その2

Cimg0038_1
もうすぐはぁ~るですねぇ、ブーツを履いてみませんか~♪

というわけで意味不明な始まりですが、昨日の続きです。
新調したデジカメの性能が素晴らしいので無駄に草花の
写真をたくさんとったので無駄に画像を載せていこうと思います。

Cimg0134
旧ダナーのクロムエクセルの製品は数モデルあるわけですが、
どれもよく出来ていて日本企画だけに留めておくにはもったいない
位なのですが、今ではもう買収後のダナーで同じようなモデルが
各種売られているわけですが、何故かそれらはまったく欲しく
ならないのです。
私の中ではもうダナーとホワイツは死んだも同然なのです。
私は旧ダナーの製品だけを今後も大事にしていくつもりです。
とまあこんな事を書かずにはおられない位にその買収劇は
腹立たしい出来事だったのです。
どこぞのイケメンアナウンサーにマンション買ってあげたとかなんとか
ニュースになっていましたが、天罰が下ればいいと思います(笑)

Cimg0110
それにしてもクロムエクセルのこのなめらかな黒光りは
本当にたまりませんね。
エイリアンの男性器に似た頭部のような鈍いツヤが猥褻ささえ
感じさせるような存在感です。

Cimg0137
これも買ってからブラッシング以外は一切メンテナンスをしていませんが、
この通り乾いたツヤ感を保っていてクロムエクセルの耐久性
を実感させてくれます。
履き始めは若干硬い感触ですが、体温でブーツ全体が暖まると
足に吸い付くような感触になってきてとても快適です。
クロムエクセルはウォレットやバッグにも使われていますが、
本当に素晴らしい革質でたまりません。
油分が豊富で耐水性に富み、なめらかで内側が茶色のままで
風合いを楽しめ、さらにエイジングも素晴らしいとあっては
普通のオイルドレザーでは敵いませんね。
難点はちょっとお値段が高め、ということくらいでしょうか。

というわけで今回は画像がたっぷり撮ってあるので
アンティゴ画像は今後もしばらく続きます。

ツイッター

ブログランキング

ブログ村

ブログランキングドットネット

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログ村ランキング