ハクキンカイロ

2016年2月 2日 (火)

ハクキンカイロ、換火口をまとめ買い。その2

昨日も後紹介したようにハクキンカイロの交換用火口をまとめ買い
したわけですが、
ハクキンは納品書が面白いのでここに掲載してみます。

P_20160129_204450
ハクキンは大阪が本社なんんですね。
100年も前から作られ続けている製品なので
きっと関西でも愛好者は多いのでしょう。
でもやはり寒さの厳しい北海道や東北での愛用者が一番多いのかもしれません。
私の住む長野県も寒さは厳しいのですが、
ホムセン等では使い捨てカイロ全盛でハクキンカイロもベンジンも
ほとんど見かけません。
こういう嘆かわしい状況はなんとしても打破し、ハクキンカイロの再興を
我々マニアは目指さなければなりません。

P_20160129_20445000
会社のロゴマークも小さく印字されています。
白金の文字と共にピーコック、孔雀のデザインがレトロでいかしています。
カイロと孔雀になんの意味があるのかよくわかりませんが、
ハクキンマニアにとってピーコックは基本中の基本と言えましょう。
ハクキンカイロはスタンダードサイズのピーコックに始まり
ピーコックに終わるのです。
釣りがフナに始まりフナに終わるのと同様なのです。


2016年2月 1日 (月)

ハクキンカイロ、換火口をまとめ買い。

年も明けたと思ったらあっという間に一ヶ月経ってしまって
もう二月ですが、相変わらず毎日寒くて一体どこが暖冬なのやら
地球温暖化なんて嘘なんじゃないかと訝しく思う今日この頃、
私は今日も腰痛と戦いながらの一日でした。
やはり冷えが腰痛には一番よくありません。

というわけで、やはり冷えには物理的な熱源が一番有効
というわけで今年も常用しているハクキンカイロの交換用火口を
ハクキン公式オンラインショップでまとめ買いしてしまいました。

P_20160129_204217
スタンダード用を3個、ジャイアント用を2個購入しました。
これでしばらくは毎日常用しても大丈夫です。
ベンジンと換火口さえ確保しておけば一安心です。

というわけで、続きはまた明日。
寒いし眠いしもう寝ます。
もちろんハクキンカイロを布団に持ち込んで寝るのです。


2015年12月12日 (土)

ハクキンカイロ PEACOCK GIANT と大人買いしたエビスベンジン。

初雪も降り、朝晩は車のガラスがガチガチに凍ってしまう季節に
震え上がる今日この頃、皆さん如何お過ごしですか?

今日はよく晴れて絶好のバイク日和っぽい一日でしたが、
私は非常に無念ながら仕事でした…。
仕事中に走っている数台のバイクを見かけましたが、
羨望のあまり狂い出しそうになる自分を抑えるのが非常に大変でした。
なぜこういう晴天の日には必ず仕事になってしまうんだろうと
自分の不運さを心底悔やむ一日でした。

しかし、そんな不運極まりない私のような腰痛野郎ですが、
ハクキンカイロだけは私を暖かく癒してくれるのでした。

P_20151212_223625
布のカバーに入れておかねば熱くて触れないほどの爆熱と安心感を
与えてくれるピーコックジャイアントは私の唯一の心の支えなのです。
最大30時間という持続時間も途轍もなく心強いのです。
帰宅後にベンジン満タン注入すれば、翌日一杯は一日ずっと私を温め続けてくれる
まさに魂の揺り篭ともいうべき心も身体も温まるホッとアイテムなのです。

が、唯一の難点がその爆熱故の燃費性の悪さなのですが、
(ジャイアント専用注入カップに4杯分という満タン注入量は毎日常用していると
ベンジンボトル1本があっという間に終わってしまう恐ろしい消費量です)
今年の私はあらかじめその点も克服する準備はすでに完了済みです。

ジャーン!
P_20151212_223544
大人買いしてあるエビスベンジンの雄姿です。
この黄色みを帯びたボトルの数々、まさに魂の燃料ともいえましょう。
すでに2本ほど使ってしまいましたが、
合計15本ほどもまとめ買いしてあるのです。
これはまだベンジン価格が高騰する前の9月には入手しておきました。
冬場の寒気が本番になると毎年ベンジン価格は高騰します。
1本500円以下で購入するのはかなり困難になってしまう状態になりますが、
あらかじめこうしてまだ寒くなる前に購入しておけばかなりお得な価格で
入手が可能なのです。

まだ半袖シャツで過ごせるような9月にベンジンを大量購入するのは
一歩間違えばかなり怪しい行為とも疑われかねない危険性も孕んでいる
やもしれませんが、私の場合は使い込んだカイロを合計4個も保有している
のでいざとなればいくらでも申し開きは可能なのです。
なんせハクキンカイロはジャイアント、ピーコック、ピーコックミニの3個、
それとジッポーカイロも1個持っているのですから。
これだけのカイロマニアであることを明かせばベンジン大量所持で
テロリストとして疑われることも無いでしょう。

まあ一応これは可燃物で第一石油類として区分されている危険物ですから
航空機内への持込等は完全に不可能ですが、
私は飛行機に乗る機会など皆無なのでまったく問題はありません。
問題があるとすればベンジンカイロを常用しているので
常に周囲がベンジン臭い、ということくらいでしょうか。
私はもう慣れ切ってしまってあまり感じなくなってしまいましたが、
車の中とかではけっこう臭いが気になるかもしれませんね。
夜は布団の中でも使用しますが、これはかなり臭いが篭ります。
私は気になりませんが、ダメな人は絶対ダメでしょう。

というわけで今日はあまりネタが無かったのでまとめ買いした
エビスベンジンの自慢的ネタで更新いたしました。


2015年11月28日 (土)

今年もハクキンカイロピーコックジャイアントの季節がやってきました。

昨日まではハクキンカイロのスタンダードであるノーマルのピーコックを
使用していましたが、
今日の寒さと早朝の濃霧ですっかり怖気づいてしまい、
ついに禁断の爆熱カイロの使用を開始してしまいました。
まだ11月だというのに…。

P_20151128_224818
ピーコックジャイアント、毎年速攻で売切れてしまうキングオブカイロです。
カバーに入れておかないと熱くて触る事すら出来ないという
モンスター仕様で我々腰痛野郎の必携の品なのです。

久しぶりに使うのでピーコックミニと並べて置いてみましたが、
やはり圧倒的なサイズ感の違いに驚きです。
持続時間30時間と18時間の差は歴然ですね。
ベンジンの消費量も圧倒的なのですが(笑)

それにしてもこれは極寒の時期になってから使おうと思っていたのですが、
まさか11月の今時期から使ってしまうとは我ながら悲しい腰痛持ち
特有の気合と根性の無さに呆れ帰ってしまいます。

先ほどより専用のベンジン注入器で4杯分、満タンに注入して
使い始めましたが、やはり圧倒的な爆熱量と引き換えの燃費の悪さに
ちょっとベンジンの保有量に不安を感じてしまいますが、
今年はエビスベンジンを1ダース大人買いするという暴挙に出たので
当分は燃費を気にする事無くカイロの暖かさに身を委ねていられます。

あまりに早い昨日の降雪に恐れをなして今日は車のタイヤ交換
をしてスタッドレスに換えましたが、いくら軽といえどもやはり
慢性的腰痛野郎である私にはタイヤ交換は危険な作業であることに
変わりはありませんでした。
草津で養生した腰がすっかり元通り腰痛状態に陥ったので
今日は早めに寝る事にします。


2015年10月16日 (金)

今年もハクキンカイロの季節がやってきました。

朝晩の冷え込みが腰痛を直撃するこの季節、
まだ早いかなと思いつつも、今年もアレを使い始めてしまいました。
そう、若者には不必要、おっさんには必携の一品、
ベンジン臭とともに温もりを与えてくれるあのハクキンカイロです。

P_20151016_223549
といいつつも日中はまだ暖かいので朝晩のみ使うようにしております。
真冬などは大中小3サイズを同時使用するという禁断のワザも駆使したり
してしまいますが、今のところは一番小さいピーコックミニを使っています。
スタンダードとジャイアントはさすがにまだ早い気がしますし、
ベンジンの消費もバカにならないのでまだ我慢です。

今年はエビスベンジン15本セットなどという消防法に違反するんじゃないかと
危惧してしまうほどのセット品もすでに入手してありますので、
これから寒さが厳しくなってきても思う存分ハクキンカイロを
使いまくれる準備も済ませてあるのです。

ハクキンカイロの常用に慣れてしまうとベンジンの枯渇に
異常な恐れを抱くようになってきますので、
早めの手配をおススメします。
特に厳冬期はベンジンの高騰および品薄が心配されますので、
私は早めにまとめ買いをするようにしております。

安心してハクキンライフを送るためにはベンジンと交換火口の
準備を怠ることは決して許されないのです。

これからの季節、腰痛と戦うにあたって必須のアイテムとなりますので、
ハクキンマニアの皆さんもお早目の準備を致しましょう!

2015年6月 5日 (金)

「YZF-R25 ABS」MOTOFIZZ デジケースマウントセット(ハンドルタイプ) MF-4701を装着。その2

というわけでR25にナビを取り付けるための各種装備群ですが、
ようやく今日で撮影した画像がすべて掲載し終えます。
明日か明後日にはナビを実際に付けてみて走ってみたいと思いますが、
今日から降りだした本降りの雨のせいでどうなるものやらわかりません。

Dsc_2764
ステムに付いたバーマウントにはこのようにクランプが挟み込んで
ナビマウント本体を固定しています。
もちろんナビマウントでなくても、バーハンドルに付けるタイプのもの
なら色んなものが取り付け可能です。
といってもあまり重量のあるものは付けないほうがいい気がします。

Dsc_2763
この画像を見るとよくわかりますが、キーシリンダーと反対の位置へ
ナビがきているのでキーの抜き差しにはそれほど不便せずにすみます。
それでいてナビが左寄りになりすぎないので、走行中にナビを
見る際の視認性も犠牲になっていません。

Dsc_2761
ステムには六角レンチで締め付けるタイプの専用のボルトで固定しています。
けっこうガッチリはまるので、時々増し締めの確認さえしていれば
走行中にずれたりすることもないでしょう。
一つだけ問題があるとすれば急な雨ですが、
そういった際はどうしようもないので防水のスマホかナビを入れるように
するしかありませんね。

Dsc_2765
というわけで、メーターパネルの邪魔にもならず、
キーの抜き差しにも影響せず、無事にバイクでナビが使えるようになりました。
しかしドラッグスター400に付けた時はバーハンドルだったので簡単でしたが、
やはりセパハンのR25はこういったモノを取り付けるにも多少は
コツがいるのでちょっと苦労しました。
でもまあ、デイトナがR25専用のステムマウントボルトをいち早く
発売してくれたお陰で助かりました。
売れに売れているらしいR25ですが、私のようにナビが無いと不安で
仕方ないという人の参考になればと思います。

2015年2月 7日 (土)

ハクキンカイロにおける、ベンジンの考察。その2

昨日は私個人の信仰の深さ故に若干理性を欠いた更新と
なってしまいましたので、一昨日の続きを改めて今日行いたいと思います。

四位
ジッポーオイル
こちらは発熱量、持続時間、ともに純正に近い性能かと思われます。
臭いも純正よりは若干マイルドな気がします。
そしてこのジッポーオイルの最大の特徴かつメリットは何といっても
その入手性の良さにつきるでしょう。
ほとんどのコンビニやホムセン、スーパー等で手に入れる事が可能です。
ジッポーのフリントや100円ライター、ヤニ取りパイプ等と併売して
売られているので目にする機会も多いと思います。
出先でベンジンが切れ、ハクキンカイロが冷えてしまっても
焦ったり狼狽したりしなくてすむというのは大きなメリットです。
私も会社のデスクに小缶を一つ常備しています。
しかし、その入手性と相反するデメリットはやはりその価格でしょう。
はっきり言って高いです。
ジッポーライターに注油するだけなら大して減らないのであの価格でも
納得できるでしょうが、ハクキン等の触媒カイロでの用途としては
あまりに高額でちょっと注油を躊躇してしまう感じです。
Dsc_2180
これは355ミリリットル入りの大缶ですが、だいたい600円前後で売られています。
ハクキンカイロで使用していたら1週間持たない程度の量でしょう。
あまりにコスパが悪すぎますので、やはりジッポーオイルは出先での
緊急注油用として考えたほうが無難です。

五位
NTベンジン
これは昨年数本購入して使ってみて、正直使い勝手が微妙
だったので今では売っているのを見かけても買うことはまずありません。
時々売っているのをみますが、価格も700円以上とかで購入する
だけのメリットが一つも見出せません。
特徴としてはまずその発熱量があまりに大きすぎて爆熱すぎて
使いにくい、その上爆熱故に持続時間が短い、ということでしょう。
ものすごく寒い日とかはいいかもしれませんが、ポケットに
入れたままにしておくと熱くなりすぎてフリース袋に入れてあっても
熱くて触れないという場合が多いです。
最近使っていないので記憶が曖昧ですが、臭いは純正と同等か
ややマイルド、という感じだったと思います。
入手性もさほど良いわけでもなく価格が安いわけでもなく、
あまり積極的に購入したくなる理由が見出せない残念なベンジン
と言えるかもしれません。
ただ、これはかつてナショナルが販売していた円形の触媒カイロの
純正扱いのベンジンと記載があり、ナショナルカイロでの使用であれば
もっと性能を発揮してくれるベンジンなのかもしれないですが、
私はあいにくナショナルカイロなど持っていないので詳細はわかりません。
(私が子供の頃は祖母が円形のナショナルカイロをよく使っていた
のを覚えています。乾電池で着火していたのが子供の頃の自分には
興味深かったです。確か当時もベンジンは臭いなぁ、などと感じたのを
覚えています。)

というわけで、私がこれまでに使ったことのある便人類、いや
ベンジン類をまとめてレビューしてみました。
まだほかにも色々ハクキンカイロに使えるものはありますが、
取りあえずこの中で価格と入手性を鑑みてよさげなものを
使っていけばまず間違いは無いと思います。
100円ショップ等で売られているライターオイル等でかなりコスパ
に優れたものなどあるようですが、私の住む田舎町にはダイソー
しかありませんので、試してみる事は残念ながら叶いません。

取りあえずこの更新ネタがハクキンカイロを愛用されていてベンジンの入手に
悩んでおられる方の参考になれば幸いです。
一人でも多くのハクキンカイロ常用者が増えてくれる事を願ってやみません。

2015年2月 5日 (木)

ハクキンカイロにおける、ベンジンの考察。

さて、今日はベンジンの考察をしてみたいと思います。
最近各種カイロ用ベンジンそれぞれの特徴を観察しながら
使ってきたわけですが、一通りわかってきたことがあるので
今後の購入時に備えてここに書きとめておこうと思います。

一位
ハクキン純正おっさんベンジン
やはり持続時間、発熱量、入手性、価格等、すべてにおいて
トータル的にバランスが良いのは純正でした。
若干臭いがきつめなのと、ボトルの注油口の出来がいまいちで
注油時にベンジンが垂れやすい、という点を除けばチャンピョン確定です。
社外ベンジンよりは価格が高めですが、そのかわり売っている
所が多く、いざとなればハクキン直販からも買えて確実に入手できる
という点はカイロマニアには大きな安心材料といえましょう。
ベンジン枯渇は私たちカイラーにとって最も恐るべき事態なのです。

二位
エビスベンジン
社外ベンジンでは間違いなくこれがダントツの性能でした。
私の住んでいる地域ではあまり売っていなくてネット等で買うしか
手が無い点がマイナスですが、持続時間、発熱量は純正に限りなく
近い性能
を誇り、臭いも同様に若干きつめ、というところが面白いです。
入手性はいまいちですが、価格は安めで400円台後半で買えるところが
多い点はかなりのメリットです。
ネットで6本とかまとめ買いするのがいいでしょう。
注ぎ口の出来は純正よりはかなり良いですが、
次に述べるオクダよりはいまいちです。
キャップがきつくて回しにくく、注油に時間がかかります。
Dsc_2170

三位
オクダ化学工業 カイロ用ベンジン

私は昨年末これを6本まとめ買いしました。
なんせ安かったからです(1本あたり400円台後半)。
しかし、やはり性能はいまいちでした…。
発熱量はほぼ純正に近い感じで問題ないのですが、
やはり持続時間は短かったのです。
純正がスタンダード満タンで約24時間とすれば、これはおよそ18から
20時間といったところでしょうか。
純正と比較して80%ほどしか持続しません。
私はまとめ買いしたせいですでに5本も消費し、ミニやジャイアント等
でも使ってみての総合的判断なので間違いないと思います。
そのかわり、臭いは控えめであまり気になりません。
純正やエビスと比べればかなり穏やかな臭いです。
そのせいで成分も控えめで持続時間が短いのかもしれません。
これは近所ではまず売っていませんが、アマゾンで通年売っていて
いつでもまとめ買いできるのでそこは大きなメリットと言えます。
あと、ボトルの注ぎ口はこのオクダが一番使いやすいです。
ほとんどこぼれず楽に注油できます。

というわけで今日はベンジンハンターを自称する私の個人的な
感想ですが、各社ベンジンの考察をしてみました。
明日はNTベンジンやジッポーオイルをやってみます。

ツイッター

ブログランキング

ブログ村

ブログランキングドットネット

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログ村ランキング