キャンプツーリング

2015年9月21日 (月)

R25で松原湖高原オートキャンプ場に行ってきました。

というわけで今年4回目のキャンプに行ってきました。
草津高原オートキャンプ場、ミヤシタヒルズオートキャンプ場、
奥飛騨温泉郷オートキャンプ場に続いて今回は八ヶ岳山麓の
小海町にある松原湖高原オートキャンプ場です。

このブログではまだミヤシタヒルズの途中までしか紹介しきれて
いないという体たらくですが、とにかくまとまった休みが取れる機会は
貴重なので行けるときに行っておこうと思っております。

Dsc_0468
今回はこんな場所でのテント設営となりました。
まあ9月の大型連休シルバーウィークというのもあり、
場内は大混乱に近い混雑ぶりでこの場所を確保するにも
場内を丸々一周してようやく空き地を探し当てるといった
苦労の末でありました。
私は20日の日曜日の午前10時半位に到着したんですが、
私の後から来た人たちは場所がなくて場内を車やバイクでグルグル
回っているような有様です。
とにかくこういったハイシーズンの連休は早めの到着が肝心だなと
改めて思い知らされました。
というか、やはり落ち着いてマッタリとキャンプを楽しみたい私のような
タイプは連休は避け、出来るだけ平日に休みを取って来たほうが
楽しめそうだと思います。
今後は土日等の連休はキャンプではなくツーリングを楽しんで(特に温泉)
平日に休みが取れたらキャンプに行こうかなと考えています。
場内で子供たちが騒いでいたりするのは当然のことであって
仕方ないのですが、やはり私のようなソロキャンパーには少々
気が落ち着かなくなるので出来たら空いている時にキャンプを楽しみたいのです。

というわけで、本当は二泊してくる予定だったのですがあまりの大混雑ぶり
に若干辟易してしまって(さすがに夜中に花火やら爆竹やらをやられると
耳栓をしていてもうんざりしてしまいます)一泊で切り上げてしまいました。

おまけに隣接している温泉施設の八峰の湯ですが、
こちらも同じく入場制限をするほどの大混雑で、
洗い場で裸の大人が数十人整列して席が空くのを待つという
まるで刑務所か収容所みたいな有様でゆっくりお湯を楽しむ余裕
などまったくないという悲惨な状態でした。
最近あちこち色んな温泉に行くようになりましたが、
洗い場で裸のまま並んで待たねば湯船に入ることすら出来ないなんて
初めてです。

というわけで今日は早々にキャンプを切り上げて行きつけの
地蔵温泉十福の湯で疲れを癒してまいりました。

明日はもうキャンプは諦めて、前橋のナップスがセール期間らしいので
行ってこようと思っています。
R25用にライディングブーツとか買いたいなと思っています。

しかし人が多すぎるキャンプ場っていうのは微妙ですね(笑)

ちなみに今回のキャンプレポートはだいぶ先になりそうですが
いずれやっていこうと思っています。

2015年9月20日 (日)

松原湖高原オートキャンプ場に来ました。

今日はR25で松原湖高原オートキャンプ場にソロキャンプ
をしています。
大型連休らしく周りはファミリーキャンプだらけで
ソロキャンプの私はかなり少数派です(笑)
それでも大混雑の中、そこそこ良い場所を確保出来たのでまずまず快適なキャンプです。
が、思った以上に気温が低く、薄手のダウンジャケットでちょうど良い位です。

今日はまずテントとタープを設営したら
昼になってしまったのでマルタイの棒ラーメンを
作って食べ、しばし昼寝をした後R25で麦草峠に行き
白駒池を見物した後、先日も行った八峰の湯で
温まってからキャンプ場に戻ってビーフシチューを
作って食べ、今はテントの中でマッタリと
このブログの更新をしております。

Dsc_043901
白駒池の美しい景色です。
今日は先日と違って晴天に恵まれました。

明日は麦草峠を蓼科湖まで行ってからビーナスを
走ってこようと思っています。

2015年9月 9日 (水)

雑誌fam Autumn Issue 2015の付録が面白い。その3

それでは雑誌付録ネタの続きです。
なんかネットで調べたらこの付録の焚き火台はキャンパーの間で
人気になっててすでに品薄らしいですね。
ま、持ってるから言うんですが、中にアルコールストーブが
入らないサイズ感なので、汎用性が低くて無理して入手することも
ないと思いますけどね。
固形燃料1個での使用がメインなんじゃないでしょうか。
わざわざあんな小さいとこに炭火いれるのもどうかと思います。

P_20150907_202029
ダブルネームのロゴはかっこいいですけどね。
あとばらせば板6枚になるのでかなり薄く畳めるので携帯性はいいです。

P_20150907_202645
スリムジッポーとのサイズ比較です。

P_20150907_202715
中にすっぽり入ります。

Dsc_0364
スノピのチタンマグがぴったり乗ります。
小さいゆえの芸当ですね。
これならバーナーパッドも必要ないです。

Dsc_0365
ユニフレームのチタンシェラカップ300もぴったり乗ります。
これでお湯沸かしてコーヒー飲んだら気分出ますね。
固形燃料一個で景色のいいとこで熱いコーヒー飲みたくなります。

というわけで雑誌の付録の焚き火台の紹介でした。
VARGOのヘキサゴンウッドストーブ持ってる人はぶちゃけ無くてもいいかも(笑)


2015年9月 8日 (火)

雑誌fam Autumn Issue 2015の付録が面白い。その2

というわけで、昨日手に入れた雑誌の付録のミニ焚き火台
の続きです。

ちなみにこの雑誌、中身は親子ファミリーキャンプ向けのネタ
ばかりでソロキャンプオンリーの私にはあまり参考にならない
内容でしたので、ソロキャンパーの方は無理して買うこともないかもしれません。
まあ税込み880円で小型の焚き火台兼五徳を買ったと思えば
納得できるとは思います。

P_20150907_201931
付録を組み立ててみるとこんな感じの焚き火台になっていました。
側板4枚と底板、中板(ロストル)の6枚のステンレス板で構成されています。
組み立ても簡単で、組んでしまえばぐらつくこともなく
比較的しっかりした五徳になりそうです。
コロンビアとSOTOのロゴは4面すべてに入っています。
が、かなり小型でばらせば6枚の板になるので携帯性は抜群ですが、
中にはトランギアやエスビット等のアルコールストーブは入りません。
主に100均等の固形燃料での炊飯や湯沸しが使い道となりそうです。
炭を砕いて小さくすれば入りそうですが、
それでちまちま焼肉などやっても小さすぎて使いにくそうです。
あくまでも五徳としての使用がよさげでした。

P_20150907_201858
中板のロストルには一応空気穴がこんな感じで開いています。
なので炭を入れても小枝等を燃やしてもいけるとは思うのですが、
なにせ小さいのでおもちゃ感覚でしょう。
実際紙面での記事にも子供の焚き火練習用などにもいい、
との記載がありました。

P_20150907_201945
板の厚みはそこそこあって熱による変形等の心配は無さそうです。
中に入る炭や燃料の量も小型ゆえに少ないので
それほど大きな熱量にはならないと思います。
シェラカップなどでお湯を沸かしてコーヒーを煎れる、
なんて使い方なら便利そうです。

P_20150907_202002
底面です。
灰受けですが、小さくメイドインジャパンの刻印があります。
こういった所はSOTOのこだわりなのでしょうか。
アルミテーブルに置いたりして使うのが主でしょうが、
安定感も問題なく、固形燃料での湯沸しなどにはけっこう使えそうです。
100均の固形燃料とマッチかライターとコレ、
あとはシェラカップかシングルウォールの
チタンマグでもあればULコーヒーツーリングが出来るでしょう。
冬場のツーリングで煎れたての熱いコーヒーを現地で飲んだら
けっこう楽しいかもしれません。
コンビニコーヒーも最近は美味しいですが、
やっぱしこういうので自分でお湯沸かしたほうが気分が出ます。
公園のベンチなんかでも出来そうですね。
エスビットのポケットストーブでも充分事足りるのですが、
これはこれで持っていても損はないでしょう。
なんせ880円ですから。


2015年9月 7日 (月)

雑誌fam Autumn Issue 2015の付録が面白い。

今日会社の帰りに何気なく立寄ったツタヤで面白いムックを
見つけたので買ってみました。

P_20150907_201432
私は最近紙の雑誌を買わないのでこんな雑誌が出ているなんて
ちっとも知りませんでした。
キャンプという文字に目が行って、手にとって見たのですが、
なんだか付録が面白そうだったのです。

P_20150907_201445
コロンビアとSOTOのコラボした付録が付いている、
というので思わず見入ってしまいました。
コロンビアはともかくSOTOといえば我々キャンツー愛好家には
なじみの深いメーカーです。
私もSOTOはスライドガストーチやカセットガスバーナーのST-301
などを持っています。
最近は庭の雑草を焼くための「ちょろ焼きくん でか火 GT-50E」
なんてのも買ってしまったほどです。

P_20150907_201419
紙面はまだよく読んでいませんが、
とりあえず付録だけ開封してみました。
こんな台紙が入っています。
どうも小さい焚き火台が付録で入っているようです。

P_20150907_201546
ビニールを破って中を見ると、どうやらVARGOのヘキサゴンウッドストーブ
とかエスビットのポケットストーブと同系統の小型の五徳兼ストーブ
といった感じのものらしいです。
コロンビアとSOTOのロゴが入っている所が雑誌の付録っぽいですね。

というわけで、明日は組み立ててみた画像を掲載したいと思います。

2015年8月31日 (月)

R25でソロキャンプ@ミヤシタヒルズキャンプ場 その11

それでは今日も牛伏山山頂の風景画像です。
いったいいつになったらミヤシタヒルズキャンプのレポートが
終わるのか、自分でもわからなくなってきました。

Dsc_2908
はるか遠くの山並みまで見通せます。

Dsc_2910
いくつもある石積みの塔。
こういうのって最初に誰かがやり始めたんですかね?

Dsc_2915
遠くのほうに牧場の牛がたくさんいますが、この画像でわかるでしょうか。
白黒の乳牛が何十頭ものんびり牧草を食んでいました。
雨が降り出しそうな天気でしたが、牛は雨に濡れるの平気なんでしょうか。

Dsc_2917
方角を刻んだ円盤がありました。

Dsc_2918
各地の方角が刻んであるので迷った際には目印になります。
私も帰るときに一瞬方角がわからなくなったので、
これが役に立ちました。
あまりにも雄大な風景を眺めていると自分がどっちから来たのか
わからなくなりますね。
正直ちょっと焦ったのを覚えています。

というわけで、遅々として進まないミヤシタヒルズキャンプレポ
はまだまだ続きそうです。
マジで暇な方のみご覧ください。


2015年8月27日 (木)

R25でソロキャンプ@ミヤシタヒルズキャンプ場 その10

さてそろそろミヤシタヒルズキャンプ場のネタに戻って更新の
続きを再開したいと思います。
だいぶ時間がたってしまいましたが、ようやく牛伏山山頂の風景画像です。

(今日はちょっと体調が良くないのでシンプルに画像のみの更新です)

Dsc_2895

Dsc_2896

Dsc_2897

Dsc_2898

牛伏山ではちょっと曇りがちだったせいか、
幻想的な空模様が見られました。

2015年8月26日 (水)

ドライ健啖隊Tシャツ買いました!

私が敬愛する健啖隊のネット動画ですが、
Tシャツやステッカーなど各種グッズも販売されているのはファンの
皆さんならよくご存知かと思います。

そこで最近新作のTシャツも販売開始されたのも皆さんご存知のはず。

で、私も実はこの夏のキャンプで着用すべく新作ドライTシャツを密かに
購入していたのです。

Gobvybm3da2cqojxnnxky55fpawlskxrwza
かなり丈夫なドライメッシュ生地なうえにUVカット機能もあるという
優れものTシャツです。
健啖隊のロゴマークも素敵です。
これをキャンプ中に来ていたら誰かファンの方などに話しかけられるかも、
なんて思いましたがさすがにそれはありませんでした(笑)

私は身長が176なのでサイズはXLを買いましたが、
ゆったり目に着たかったのでちょうどいいサイズ感でした。
ジャストで着るならLでもいいかと思います。

というわけで、健啖隊動画のファンの方、もしくは私同様ネット隊員
になっているという熱心なファンの方は是非アウトドアで
着用してみましょう!

2015年8月22日 (土)

奥飛騨温泉郷オートキャンプ場でキャンプ中です。その2

今日も奥飛騨温泉郷オートキャンプ場で二泊目です。
午後からようやく雨もあがって一安心しました。

今日は高山まで足を延ばして古い町並みを散策したり
平湯温泉に入ってきました。

夕食は飛騨牛が売っていたのですき焼きやりました。

Dsc_03450101


Dsc_03440101

飛騨牛はとても美味しくて最高ですね。
値段が高いのが難点ですが…。

明日は早めに撤収して白骨温泉に行く予定なのでそろそろ寝ます。

2015年8月21日 (金)

奥飛騨温泉郷オートキャンプ場でキャンプ中です。

今日は温泉が場内にあるという奥飛騨温泉郷オートキャンプ場で
キャンプしてます。
(今回は天気予報が雨だったので車です)
露天風呂が何回でも入り放題です。
が、生憎の天気どころか雨が降ったりやんだりで、
タープのペグを打った地面が緩んでしまってきていて
少し不安です…。
タープが倒れたらかなり惨事ですね…。
まあいざとなったら車の中に避難しますが。
というわけで今日はもう寝ます。

お、この更新書いてたら雨がやんできました。

このままやんでくれ~

P_20150821_155711_cv01


より以前の記事一覧

ツイッター

ブログランキング

ブログ村

ブログランキングドットネット

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログ村ランキング